長崎~佐世保間の交通手段のまとめ・お得情報(JR・高速バス)

このページでは、長崎県の県庁所在地である長崎市、そしてもう一つの県都とも言える佐世保市を結ぶ交通手段・アクセス情報について解説していきます。

どんな交通手段があるの?

移動する人が多いルートでもある長崎~佐世保間

簡単にまとめてしまうと、

・長崎県営バスの高速バス
・JR線の「快速シーサイドライナー」もしくは特急の乗り継ぎ利用

の2種類が基本的な交通手段です。高速バスは本数・運賃・所要時間ともに便利な交通手段となっていますが、JR線について言えば、利便性は高速バスより少し劣る程度ではあるものの、県内の拠点都市間の移動にも関わらず直通する特急電車が走っておらず、直通電車は快速のみというのが特徴となっています。

高速バスを使う

最安・最速ルートは高速バス

長崎~佐世保間の交通アクセスの基本として大勢の方が利用している交通手段。それは「高速バス」

高速バスは、長崎バスではなく西肥バス・長崎県営バスが運行しており、長崎~佐世保間を約1時間半程度で結んでいます。運賃もJR線より安いため、所要時間・運賃ともに優位に立っており、渋滞でもしない限り、最も便利な交通手段と言える存在です。九州は高速バスが強いことで知られていますが、この長崎~佐世保間についても、やはり高速バスがメインルートとなっています。

本数も多い

高速バスは、運行本数についてもJR線より多くなっており、平日・土日祝日を問わず、ほぼ終日30分おきでバスが運行されています。

バスは、最も速い「スーパーノンストップ」と呼ばれる便と通常の「ノンストップ」便、そして西九州自動車道波佐見有田インターチェンジ経由の便という3種類が運行されており、最も多いのはノンストップ便となっています。所要時間については、実はどの便もそれほど大差なく、スーパーノンストップが通常よりも10分弱速くなる程度となっていますので、どの便を利用しても不便はありません。

長崎・佐世保中心部各バス停からダイレクトアクセス

高速バスの便利な点、それは何よりも多数のバス停・のりばからアクセス可能であるという点。鉄道の場合、長崎駅・佐世保駅という拠点駅の発着と言うことで、都心部でも少し離れた所からであれば、路面電車やバスで駅までアクセスしなければならないケースもあります。しかし、高速バスを使えば、長崎であれば長崎駅前の他にも浦上駅前・昭和町といった市街地各地からご利用頂けますし、佐世保についても佐世保バスセンターの他にも日宇駅前などを経由し、朝夕の便は佐々バスセンター方面からもアクセス可能となっているなど、使いやすい存在となっています。

運賃・所要時間

通常運賃

・1500円(長崎駅前・浦上駅前・大橋~佐世保BCまでの区間)
・1450円(長大東門前・昭和町~佐世保BCまでの区間)
・1750円(長崎駅前・浦上駅前・大橋~佐々方面)
・1700円(長大東門前・昭和町~佐々方面)

※中央橋バス停は佐世保始発便のみ利用可能、長崎発の便は長崎駅前始発

※乗車にあたっての座席予約は不要です。車内で運賃をお支払い頂くことが可能です。

所要時間

・約1時間25分~1時間40分(長崎駅前~佐世保バスセンター)
・約1時間55分~2時間10分(長崎駅前~佐々バスセンター)

割引きっぷは?

高速バスの割引きっぷについては、普通運賃でも既に割安感があるにも関わらず、高速バスの砦「九州」らしく、更に割引が効いたお得なきっぷが充実しています。

■2枚回数券

価格:2550円(佐々方面発着=2950円)

・回数券と言う名ですが、事実上の往復きっぷである「2枚回数券」。2回分で2550円・2950円ということは、片道あたり1275円(佐々発着:1475円)。往復利用される場合は、このきっぷを買うことで500円程度の節約が可能です。

■ウルトラ回数券

価格:10300円

10枚つづりで10300円のウルトラ回数券は、頻繁に利用される方向けではありますが、これを使えば1回あたり1030円で利用できてしまいます。比較的距離がある長崎~佐世保間が1000円で移動できる、この上ない「お得なきっぷ」となっているのです。

※上記割引回数券は、車内で購入頂けるほか、県営バス長崎駅ターミナル・西肥バス佐世保バスセンターなどの窓口でもご購入いただけます。

JR線(快速シーサイドライナー等)を使う

直通電車は快速のみ

長崎~佐世保間を結ぶ第2のアクセス手段。それはJR線の利用というルートです。

JR線は、長崎駅からは博多行きの特急電車が多数運行されており、鉄道そのもの利便性が低いとは言えないのですが、長崎~佐世保間については、なぜか直通の特急電車がありません。15年ほど昔に特急「シーボルト」が一時的に運行されていましたが、現在ではそれは昔話であり、直通特急がゼロの状態が長年続いています。

現在、直通列車として運行されているのは「快速シーサイドライナー」。こちらは特急料金や座席指定券などは一切不要で、普通運賃(青春18きっぷなども可)のみで利用できる列車となっており、長崎~佐世保間を1日13往復運行しています。

運転間隔は、昼間も含め約1時間おきの運行となっており、所要時間は約1時間45分~2時間程度と、高速バスより少し遅い程度でアクセス可能です。

また、運賃については事実上の往復乗車券である「2枚きっぷ」が2680円と言う破格で発売されており、高速バスに匹敵するコストパフォーマンスが確保されています。

特急の「区間利用」で速いアクセスも

基本的には長崎~佐世保間の移動は直通のシーサイドライナーをご利用頂ければよいのですが、JR九州は昼間を中心に、ダイヤの設定として諫早駅で特急かもめ号に接続するダイヤを組んでおり、シーサイドライナーが諫早駅で長崎~諫早を通る特急かもめ号に追い抜かれる・追いつくような形になっています。

すなわち、諫早駅~佐世保駅間はシーサイドライナー・長崎駅~諫早駅間は特急かもめ号のご利用。というパターンが昼間時を中心に最速ルートになるようになっており、特急の乗り継ぎにより所要時間約1時間30分~40分程度と、高速バスの所要時間とほぼ同水準でアクセス可能なケースもあります。

長崎~諫早間は特別に自由席特急料金が300円に設定されていますので、特急に乗る負担はそこまで重くありません。昼間にJR線で長崎~佐世保間をスピーディにアクセスしたいならば、特急電車を長崎~諫早間で活用するのがおすすめなのです。

利便性は高速バスに軍配も…

上記のように、JR線を使っても快速電車で直通アクセスが確保され、また特急を一部で使うことで比較的スムーズな移動が可能になりますので、JR線そのものの利便性が極端に低い訳ではありません。

しかし、先に説明して来た高速バスは、JR線よりも基本的に速い所要時間、また普通運賃もJR線より安く、割引率の高い「2枚回数券・2枚きっぷ」についてもほぼ互角ながら、わずかに高速バスが安くなっているなど、JR線が優位に立つポイントというのが残念ながらありません。単純に長崎~佐世保間の移動・往復を考えた場合、やはり高速バスが利便性が高いようには見えてしまいますし、実際にそのような状況にあることも否定できません。

しかし、高速バスは行楽シーズンや帰省ラッシュの時期、またイベント開催時などに「渋滞」に巻き込まれるリスクが常につきまといます。また、高速バスに乗り慣れていない人は車酔いなどを懸念される場合もあるでしょう。

高速バスが便利。とだけ説明する他ブログなどもあるようですが、JR線もそこまで不便ではありませんので、渋滞などの懸念材料があればJR線を使うというのも全く問題ありませんし、状況次第ではそちらの方が早い・快適な場合もあり得ます。ニーズに応じて使い分けて頂ければ構いません。

運賃・所要時間

運賃:1680円(長崎~諫早間特急料金300円)

所要時間:約1時間30分~1時間45分程度(長崎~諫早特急区間利用)・約1時間45分~2時間程度(快速シーサイドライナー)

割引きっぷは?

割引きっぷは、事実上の往復乗車券である「2枚きっぷ」のみ発売されています。2枚きっぷは長崎~佐世保間の乗車券2枚が2650円で発売されており、片道あたり1375円でアクセス可能となっています。バスの2枚回数券よりほんの少しだけ値段は高いですが、破格であることには変わりありません。きっぷは長崎・佐世保駅の窓口でご購入下さい。

クルマでアクセスする

自動車・マイカーでアクセスする場合、一般道路・高速道路のいずれでも混雑がない場合に限り、1時間台で行くことが可能です。

■高速道路経由

高速道路を利用する場合、長崎側からは市街地南部・長崎駅以南のエリアであれば長崎出島道路・長崎自動車道経由、長崎駅以北であれば長崎バイパス・長崎自動車道経由で、武雄ジャンクションからは西九州自動車道を利用し、佐世保みなとインターチェンジを降りれば佐世保市中心部・佐世保駅周辺に到着します。佐世保から長崎の場合はこのルートを逆に行けばよいだけです。

所要時間は渋滞がなければ約1時間15分と、あらゆるルートの中で最速のルートになっていますが、高速料金は割引があっても2000円弱は掛かりますし、通常時は2500円を超えてしまいます。多少のガソリン代が掛かることを考えれば、かなり割高なルートであり、お一人での移動で車を使うことはコスト面でまったく良いことがありません。

■一般道路経由

一般道路の場合、全く違う方面からアクセスします。ルートは長崎からであれば、ひたすら国道206号線を進み、西彼杵道路無料区間を通り、有料区間になる手前の小迎インターからは国道202・205・35号線経由で佐世保へ向かいます。所要時間は渋滞がなければ約2時間弱、高速バスよりは時間が掛かりますが、高速料金は不要です。

もっとも、朝夕や休日などには長崎・佐世保市街地周辺の一般道路が混雑する可能性も高く、そのような場合は2時間では済まなくなるでしょう。

まとめ

以上、長崎~佐世保間を結ぶ交通・アクセス手段についてまとめてきました。

基本的にはやはり「高速バス」のご利用が便利なのですが、好みや渋滞の可能性に応じて「JR線」を使うことも全く問題ありません。

また、クルマでの移動は高速利用は料金の高さから少人数ではそれほどお勧めできず、一般道路経由の場合も所要時間が長くなる可能性を考慮する必要があります。

九州は、高速バスとJRの競争が激しく、長崎~佐世保間のような比較的長距離の都市間でも割安な運賃となっていますので、ぜひ、便利な「公共交通機関」でスムーズに・気楽に移動してみてはいかがでしょうか。