【高槻・枚方】淀川を渡る「路線バス」の使い方をまとめてみた【茨木・寝屋川】

この記事では、大阪府北部を貫く「淀川」を渡る移動・アクセス(高槻市・枚方市・茨木市・吹田市・寝屋川市相互間など)に便利な「路線バス」について一覧形式で解説していきます。

淀川をまたぐルートは、電車によるアクセスが非常に不便になっており、電車だけを使う場合相当な迂回が必要なケースが多くなっています。しかし路線バスを使えばほぼ最短ルートでアクセスすることが可能です。この記事では各路線バスのルート、運賃、本数、所要時間などを解説していきますので、スムーズな利用の参考にしてみてください。

淀川を渡る「電車」は?

京都方面から大阪府北部を貫く形で流れる日本有数の河川「淀川」。淀川の北側にはJR線や阪急線、南側には京阪線などが走り、淀川流域から大阪都心や京都都心への電車によるアクセスは非常に利便性が高くなっています。

一方では淀川の北側にある高槻・茨木・吹田市と対岸にあたる枚方市・寝屋川市・守口市などを結ぶルートは、一部「大阪モノレール」が走っているところがあるとは言え、電車によるアクセスが非常に不便な状況となっています。例えばJR高槻駅から京阪の枚方市駅まで電車で行く場合、阪急線の場合は南茨木駅からモノレール経由、またJR線経由の場合梅田や京橋、もしくは京都駅などを経由するという極端な遠回りルートになってしまいます。また、JR茨木駅から京阪の寝屋川市駅まで電車で行く場合も、やはり大阪梅田などを経由することになってしまうなど、淀川流域エリアの「対岸」同士の移動は電車には不向きな状況となっています。

このような電車が不便な状況。これをイコール「公共交通機関がない」と捉えてしまうケースも多いようですが、淀川の対岸同士を結ぶアクセス手段としては「電車」がなくても実は「路線バス」が充実しています。電車はよく使っても「路線バス」にはなじみがない人も多いかもしれませんが、以下で解説する各路線バスを使いこなすことで、淀川の対岸同士のアクセスは非常に便利でお得になるのです。

各バス路線について

高槻~枚方を結ぶ路線バス(京阪バス)

淀川の対岸同士を結ぶ路線バスルートで最もポピュラーな路線。それは「高槻~枚方」を結ぶ路線です。電車でアクセスすれば運賃500円以上、所要時間1時間近くに達するルートですが、京阪バスの路線バスを使うことで30分以内、運賃200円台という非常にお得でスムーズな移動が出来るようになっています。また、本数も非常に多いため路線バスにありがちな煩わしさを感じることもありません。

ルート

・JR高槻駅~(一部阪急高槻市経由)~京阪枚方市駅、阪急高槻市駅~京阪枚方市駅

運行本数

・JR高槻駅~京阪枚方市駅=日中約15分間隔
・阪急高槻市駅~京阪枚方市駅=日中約10分間隔

所要時間

・JR高槻駅~京阪枚方市駅=日中約25~30分
・阪急高槻市駅~京阪枚方市駅=日中約20~25分

運賃

・JR高槻駅及び阪急高槻市駅~京阪枚方市駅=260円

茨木~枚方を結ぶ路線バス(京阪バス)

高槻市の西側にある北摂エリアのもう一つの拠点都市「茨木市」エリアからも枚方エリアへの路線バスが運行されています。こちらも運行本数は多く、電車では相当な遠回りとなるルートをスムーズに、そしてお得に結ぶことが可能となっています。高槻発着のバスと同様、こちらも阪急茨木市駅・JR茨木駅の両方にアクセスできますので利便性は高く、利用者数も多い路線となっています。

ルート

・JR茨木駅~阪急茨木市駅~京阪枚方市駅(一部は阪急南茨木駅始発)

運行本数

・日中約15分間隔

所要時間

・JR茨木駅~京阪枚方市駅=日中約35~40分
・阪急茨木市駅~京阪枚方市駅=日中約30~35分

運賃

・JR茨木駅及び阪急茨木市駅~京阪枚方市駅=260円

茨木~寝屋川を結ぶ路線バス(京阪バス)

JR茨木駅・阪急茨木市駅からは枚方方面のみならず、少し南西側の「寝屋川市」方面へのバスも運行されています。こちらは運行本数はやや少なめの30分間隔となりますが、阪急南茨木駅からモノレール経由で高い運賃を払って京阪沿線にアクセスする必要がなくなるため、お得に移動するためにはとても重要な路線の一つとなっています。

ルート

・JR茨木駅~阪急茨木市駅~京阪寝屋川市駅

運行本数

・日中約30分間隔

所要時間

・JR茨木駅~京阪寝屋川市駅=日中約40~45分
・阪急茨木市駅~京阪寝屋川市駅=日中約35~40分

運賃

・JR高槻駅及び阪急高槻市駅~京阪寝屋川市駅=260円

淀(伏見区)~西山天王山・長岡京を結ぶ路線バス(京阪・阪急バス)

京都府内に入ってすぐ、淀川が木津川・宇治川・桂川に分かれる場所に近い長岡京・天王山エリアと南東側の京都市伏見区の淀エリアとを結ぶバスも阪急バス・京阪バスにより運行されています。こちらは本数は必ずしも多くありませんが、代わりとなる交通手段が一切ないエリアのため、学生の方などの利用が多くなっています。

ルート

・京阪淀駅~阪急西山天王山駅~JR長岡京駅(一部は阪急西山天王山駅止め)

運行本

・日中約1時間間隔(平日朝夕ラッシュ時等は本数増)

所要時間

・京阪淀駅~阪急西山天王山駅=日中約10分
・京阪淀駅~JR長岡京駅=日中約20分

運賃

・京阪淀駅~阪急西山天王山駅=210円
・京阪淀駅~JR長岡京駅=230円

守口~吹田を結ぶ路線バス(京阪バス)

本数はそれほど多くありませんが、大阪市に近い守口市と吹田市を結ぶ路線バスも京阪バスにより運行されています。こちらは周辺に淀川を渡る大阪モノレールや地下鉄線などの鉄道路線もありますが、守口~吹田を直接結ぶルートはバスのみとなりますので、やはり便利な存在となっています。

ルート

・京阪守口市駅~阪急上新庄駅~JR吹田駅(一部は阪急西山天王山駅止め)

運行本数

・日中約1時間間隔(平日朝夕ラッシュ時等は本数増)

所要時間

・京阪守口市駅~阪急上新庄駅=日中約15~20分
・京阪守口市駅~JR吹田駅=日中約25分~30分

運賃

・京阪守口市駅~阪急上新庄駅=230円
・京阪守口市駅~JR吹田駅=260円

まとめ

以上、大阪から京都にかけての淀川沿いの「対岸」同士を結ぶ「バス路線」について各路線の概要をご紹介してきました。

淀川の対岸を結ぶルートについては、電車では非常に遠回りになってしまうような場合でも、バスを使えばほぼ最短ルートで、時間も短く、運賃もお安くアクセス可能となっています。

バス=不便と思う人も多いかもしれませんが、驚くほど便利に使えますので、ぜひ周辺エリアを移動する際には「バス」を活用してみてはいかがでしょうか。