「四条河原町から醍醐寺まで」の交通アクセスまとめ(京阪バス・地下鉄など)

京都市中心部・旧市街地と呼べるエリアからは南東に離れた場所にある「山科」エリア。その山科エリアを代表する観光地としては、山の中も含め200万坪以上に及ぶ境内の面積を持ち、国宝の宝庫として名高い世界遺産「醍醐寺」があります。

こちらのページでは、京都市街地の中心部にあたる四条河原町エリアから醍醐寺までの交通手段・アクセス情報についてなるべく詳しく解説していきます。

「四条河原町~醍醐寺」間アクセスの基本

四条河原町エリアから醍醐寺へのアクセスは、かなり多数のルートを想定することが可能ですが、いずれのルートも一長一短があり、京都市内の主要観光地への移動としては、少し不便な部類にあたります。四条河原町エリアから利用可能な主な交通手段としては以下のようなものがあります。

・京阪バス:乗り換えなし・最安・最速・本数少ない・徒歩移動ほぼなし(本数がやや多い乗り継ぎルートもあり)
・地下鉄:乗り換えなし・本数多い・徒歩移動かなり多め
・市バス+JR線+京阪バス:ある程度の本数あり・運賃割高・徒歩移動少ない

最安の京阪バスルートは乗り継ぎ無しの場合は昼間時に1時間に1本の運行と本数が少なく、最速の地下鉄ルートについては四条河原町から地下鉄京都市役所前駅、また地下鉄醍醐駅から醍醐寺への徒歩移動が合計1.5キロ以上あります。また市バス・JR線・京阪バスを乗り継ぐ方法は、一定の運行本数が確保され、徒歩移動も少ないルートですが乗り換えが多く運賃も高めとなります。

いずれのルートについても「これが圧倒的に便利」と言えるものではありませんので、それぞれのニーズに応じて利用したいアクセスルートをご利用頂くとよいでしょう。

醍醐寺の最寄り駅・バス停について

京阪バス醍醐寺前バス停

醍醐寺のすぐそばにある京阪バスの「醍醐寺前」バス停。こちらはバス停を降りてすぐ南側に仁王門などへと向かう参道があり、バス停の立地としては大変使いやすくなっています。

なお、醍醐寺のすぐそばにあるバス停としては「醍醐寺」バス停もありますが、こちらは京都駅方面からのバスが発着するようになっており、四条河原町方面との移動においては利用しません。

地下鉄醍醐駅

醍醐寺の「最寄り駅」にあたるのは京都市営地下鉄東西線の醍醐駅。醍醐駅は京阪バスとは異なり醍醐寺境内からは西に800mほど離れた場所にあります。駅から醍醐寺へは徒歩約10~15分程度はかかります。

ルートとしてはわかりやすく、地下鉄醍醐駅の「2番出入口」から地上に出て頂き、大通り沿いを北向きに歩いて次の曲がり角で右(東)に曲がれば、後は道なりにやや曲がりくねった道を進んでいけばそのまま醍醐寺の境内に入っていくようになっています。

京阪バスを利用する

ルート京阪バス四条河原町バス停(南行)~京阪バス醍醐寺前バス停
系統・路線86・86B「大宅」行き
※84C・92「大宅」行きは醍醐寺前は経由しません。
運賃280円(「地下鉄・バス1日券」がご利用頂けます。「バス1日券」は利用不可です。)
所要時間約41分~
※醍醐寺前バス停から醍醐寺境内までは南にすぐ

京阪バスをご利用になる場合、四条河原町の交差点から南に少し離れた場所にある「四条河原町(南行)」バス停から86・86B「大宅」行きを利用します。

運行本数はかなり少なめで、9時台に1本、また11時台~16時台の昼間時間帯には1時間に1本運行されている程度となっています。乗り換えなしでアクセスしようとした場合、バスの時刻をあらかじめ確認しておかなければ困った事態になる可能性もありますので、ご利用の際には必ず運行時刻をご確認の上ご利用ください。

なお、所要時間や運賃は最速・最安ルートとなっており、運行本数の少なさ以外の点では便利な交通手段と言えるでしょう。

京阪バスの「乗り継ぎルート」もあり

京阪バスについては、乗り継ぎの手間はありますが、途中の「小野駅」バス停でバスを乗り換えることで、上記でご紹介した直通する系統よりも利用可能な便を増やすことが可能です(約20分おき)。

ルート京阪バス四条河原町バス停~京阪バス小野駅バス停(乗り換え)~京阪バス醍醐寺前バス停
系統・四条河原町バス停からは84・84B・84C・87B・88B「醍醐バスターミナル」・「京阪六地蔵」行きを利用
のりば・四条河原町バス停は朝9時台の便までは市バス「E」のりば付近にあるバス乗り場から発車、以降は四条河原町交差点から南に少し離れた河原町通南行バス乗り場から発車
・小野駅バス停からは22・22A・24・24A「京阪六地蔵」行きを利用
運賃490円(「地下鉄・バス1日券」利用可能・「バス1日券」利用不可)
所要時間約45分~
※醍醐寺前バス停から醍醐寺境内までは南にすぐ

京阪バスを乗り継ぐ場合、基本的に「小野駅」バス停でバスを乗り換えて頂きます。乗り換えはシンプルで、降りた場所で後から来る22・22A・24・24A系統「京阪六地蔵」行きを利用するのみです。

なお、四条河原町バス停については朝の時間帯と昼間時で乗り場が変わりますのでご注意ください。

地下鉄を利用する

ルート地下鉄東西線京都市役所前駅~地下鉄東西線醍醐駅
運賃290円
所要時間約20分
※四条河原町交差点付近から京都市役所前駅まで北に徒歩約10~15分
※地下鉄醍醐駅から醍醐寺まで東に徒歩約10~15分

地下鉄線を利用する場合、四条河原町エリアには地下鉄駅はありませんので、地下鉄東西線の通る御池通沿いまで北に徒歩で移動して頂き、地下鉄京都市役所前駅から六地蔵行きにご乗車頂いて醍醐駅まで向かいます。

醍醐駅から醍醐寺までの区間も先に解説したように徒歩移動が必須となり、駅まで・駅からのアクセスのいずれも1キロ近い距離を歩くことになります。一方、地下鉄線の本数は約7~8分おきと京阪バスと比べると圧倒的に多いですので、どちらの利便性(本数の多さ・徒歩移動の少なさ)を取るかによって交通手段を使い分けて頂くとよいでしょう。

なお、四条河原町エリアから地下鉄東西線を利用する場合、徒歩移動を減らしたいのであれば市バス・京阪電車を利用することも可能です。距離は短いため、運賃は割高になりますが時間短縮の効果は余りありません。

市バスの場合、四条河原町バス停(4・205・3・17・32号系統、主にF・Gのりば)から京都市役所前バス停まで市バスをご利用頂き、地下鉄東西線に乗り換えます。また三条京阪方面へ向かうバス(5系統など)に乗って頂き、三条京阪駅から地下鉄東西線へ乗り換えることも可能です。
・運賃230円(地下鉄・バス1日券利用可能)

京阪電車の場合、京阪祇園四条駅から京阪三条駅まで一駅移動し、地下鉄東西線(三条京阪駅)に乗り換えます。なお、祇園四条駅は四条河原町交差点付近からは鴨川を越えて東に徒歩約3分の距離にあります。
・運賃160円(地下鉄・バス1日券利用不可)

市バス・JR線・京阪バスを利用する

ルート市バス四条河原町バス停~市バス京都駅前バスターミナル・JR京都駅~JR山科駅・京阪バス山科駅バス停~京阪バス醍醐寺前バス停
※四条河原町から京都駅までの区間では、市バス四条河原町バス停「B」のりばから京都駅行きのバスを利用
運賃市バス230円+JR線190円+京阪バス220円=640円
所要時間約50分~
※醍醐寺前バス停から醍醐寺境内までは南にすぐ

四条河原町~醍醐寺間については市バス・JR線・京阪バスを利用して移動することも可能です。運行本数については山科駅までは多数運行されており、山科駅~醍醐寺前間の京阪バスについても昼間時は約20分おきに運行されており、使いにくいルートではありません。また徒歩移動も少ないルートとなっています。

但し、運賃は割高で、所要時間も必ずしも最短とは言えませんので、補完的なルートと考えて頂ければよいでしょう。

まとめ

四条河原町~醍醐寺間のアクセスについては以下のルートがあります。

1.京阪バス(直通)を利用する
・昼間時約1時間おきと本数は少ないですが、最速・最安でご利用頂けるルートとなっています。「地下鉄・バス1日券」がご利用可能です。

2.京阪バス(乗り換え)を利用する
・途中「小野駅」バス停で乗り換えることで、昼間時約20分おきに利用可能となっています。運賃は乗り換える分割高となりますが、「地下鉄・バス1日券」をお持ちの場合は問題ありません。

3.地下鉄東西線を利用する
・乗り換え不要のルートですが、四条河原町エリアから地下鉄京都市役所前・三条京阪駅、また地下鉄醍醐駅から醍醐寺までの「徒歩移動」が長くなります。なお、四条河原町エリアから地下鉄駅へは市バスを利用することも可能です。

4.市バス+JR線+京阪バスを利用する
・乗り換え回数は多いですが徒歩移動は少なく、山科駅からのバスも20分おきの運行と比較的利用しやすいルートとなっていますが、運賃は割高・所要時間はやや長めです。