「京都駅から嵐山・嵯峨エリア」までの交通アクセスまとめ

この記事では、京都駅から京都市内最大の観光ゾーンである「嵐山・嵯峨」地区へのアクセス手段について、JR線・市バス及び京都バス・地下鉄と嵐電を乗り継ぐルートなどを各ルートごとに、また各観光名所の最寄り駅・最寄りバス停なども合わせて詳しく解説していきます。

「嵐山・嵯峨」エリアと言っても、その範囲は比較的広大です。どのようなスポットを巡ろうとしているのか、どのスポットから観光するのか、また特にどこに行くという予定をあらかじめ決めている訳ではないのか。などによって、おすすめの交通手段が異なって来る場合があります。ぜひそれぞれの観光のニーズに合わせた便利なアクセス手段で、スムーズな嵐山観光をお楽しみください。

「京都駅~嵐山・嵯峨」間アクセスの基本

アクセス手段の概要

京都駅から嵐山・嵯峨方面へのアクセス手段は、簡単に言うと以下の4ルートがあります。

1.JR線を利用する:最速・最安・嵐山エリア北側・嵯峨エリアに近い
2.市バス・京都バスを利用する:「1日券」利用時に便利・嵐山エリア及び嵯峨エリア内各所に多数のバス停あり

基本的にはこの2つのルートが京都駅からのアクセス手段としては一般的です。

3.地下鉄線と嵐電を乗り継ぐルート:渋滞回避・嵐山エリア中心部へアクセス
4.地下鉄線と阪急線を乗り継ぐルート:嵐山エリア南側へアクセス

バスを避けつつ、JR線の駅よりも嵐山エリアの中心部などに近い場所に行きたい場合は、上記2つのルートも利用可能です。

また、常寂光寺や祇王寺などといった嵯峨エリアの寺院などへお越しの場合は、阪急線の利用はおすすめできません。バスもしくはJR線・嵐電のご利用が無難です。

「1日券」利用時はバスが基本

京都観光をされる場合、非常にニーズが高い「バス1日券」や「地下鉄・バス1日券」を利用して観光される方が多くなっています。

これら1日券は、京都市営バス・京都バス・京都市営地下鉄などにご乗車頂ける乗り放題きっぷとなっていますが、嵐山エリアへのメインルートの1つである「JR線」には一切ご乗車頂けません。

そのため、1日券類をご利用の場合はおのずから「バス」が基本的な交通手段となります。

嵐山・嵯峨方面へのバスは所要時間こそ長いものの比較的本数は多く、JR線よりも利便性の高い場所にバス停がありますので使いにくいことはありません。

なお、土日祝日には嵐山天龍寺前(嵐電嵐山駅)バス停や野々宮バス停といった嵐山エリア中心部の一部バス停の「復路」は交通規制で経由しませんのでその点はご注意下さい。

観光スポットの最寄り駅・最寄りバス停早見表

以下、嵐山エリア・嵯峨エリアの主要観光スポットへのアクセス早見表をご案内致します。

表からも分かる通り、電車の駅は各スポットから比較的離れた場所にある場合もあり、嵯峨エリアの寺院など、場合によっては徒歩だけではアクセスしにくい場所もあります。

個々のスポットへ徒歩移動なくそのままアクセスしたい場合は、バスのご利用も便利となっています。

また、大まかにまとめるとJR嵯峨嵐山駅は「嵯峨」と名が付くように、嵐山エリア北側及び常寂光寺や祇王寺方面など「嵯峨」エリア方面へのアクセスに比較的使いやすく、阪急嵐山駅は渡月橋周辺など嵐山エリアの南側へのアクセスに比較的使いやすくなっています。

なお、嵐電嵐山駅は、嵐山の観光拠点と言える場所にあり、どこへ行くにも使いやすい立地となっています。

スポット名駅・バス停からのアクセス
渡月橋市バス・京都バス「嵐山」バス停から西にすぐ
市バス・京都バス「嵐山公園」バス停から北にすぐ
嵐電嵐山駅から南に徒歩約3分
阪急嵐山駅から北西に徒歩約6分
JR嵯峨嵐山駅から南西に徒歩約12分
嵐山公園(中之島地区)市バス・京都バス「嵐山公園」バス停一帯
阪急嵐山駅から北西に徒歩約3分
嵐電嵐山駅から南に徒歩約5分
JR嵯峨嵐山駅から南西に徒歩約13分
天龍寺
※参道入口まで
市バス・京都バス「嵐山天龍寺前(嵐電嵐山駅)」バス停から北にすぐ
嵐電嵐山駅から北西にすぐ
JR嵯峨嵐山駅から南西に徒歩約8分
阪急嵐山駅から北西に徒歩約11分
竹林の小径市バス・京都バス「野々宮」バス停から西に徒歩約3分
嵐電嵐山駅から北西に徒歩約7分
JR嵯峨嵐山駅から西に徒歩約10分
阪急嵐山駅から北西に徒歩約18分
野宮神社市バス・京都バス「野々宮」バス停から西に徒歩約3分
嵐電嵐山駅から北西に徒歩約7分
JR嵯峨嵐山駅から西に徒歩約10分
阪急嵐山駅から北西に徒歩約18分
大覚寺市バス・京都バス「大覚寺」バス停から北にすぐ
JR嵯峨嵐山駅から北に徒歩約15分
嵐電嵐山駅から北に徒歩約23分(市バス28号系統も利用可能)
阪急嵐山駅から大覚寺行きバスに乗り継ぎで約12分・北に徒歩約35分
常寂光寺市バス・京都バス「嵯峨小学校前」バス停から西に徒歩約10分
嵐電嵐山駅から北西に徒歩約15分
JR嵯峨嵐山駅から北西に徒歩約18分
阪急嵐山駅から北西に徒歩約25分(嵯峨小学校前までバス利用もおすすめ)
祇王寺市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」バス停から西に徒歩約12分
嵐電嵐山駅から北西に徒歩約23分
JR嵯峨嵐山駅から北西に徒歩約25分
阪急嵐山駅から大覚寺行きバス利用約9分、嵯峨釈迦堂前バス停下車、西に徒歩約12分
化野念仏寺京都バス「鳥居本」バス停から南に徒歩約4分
嵐電嵐山駅から北西に徒歩約25分(清滝行きバスに乗り換えもおすすめ)
JR嵯峨嵐山駅から北西に徒歩約28分(バスへの乗り継ぎは不便)
阪急嵐山駅前から清滝行きバス利用約17分、「鳥居本」バス停下車、南に徒歩約4分
嵯峨鳥居本京都バス「鳥居本」バス停から南に徒歩約4分
嵐電嵐山駅から北西に徒歩約25分(清滝行きバスに乗り換えもおすすめ)
JR嵯峨嵐山駅から北西に徒歩約28分(バスへの乗り継ぎは不便)
阪急嵐山駅前から清滝行きバス利用約17分、「鳥居本」バス停下車、南に徒歩約4分
嵐山公園(亀山地区)市バス・京都バス「嵐山」バス停から西に徒歩約7分
嵐電嵐山駅から西に徒歩約8分
阪急嵐山駅から北西に徒歩約14分
JR嵯峨嵐山駅から南西に徒歩約16分
嵐山モンキーパークいわたやま市バス・京都バス「嵐山公園」バス停から西に徒歩約2分
阪急嵐山駅から北西に徒歩約7分
嵐電嵐山駅から南に徒歩約7分
JR嵯峨嵐山駅から南西に徒歩約15分
宝厳院市バス・京都バス「嵐山天龍寺前(嵐電嵐山駅)」バス停から西に徒歩約6分
市バス・京都バス「嵐山」バス停から西に徒歩約6分
嵐電嵐山駅から西に徒歩約6分
JR嵯峨嵐山駅から南西に徒歩約13分
阪急嵐山駅から北西に徒歩約13分
京都嵐山オルゴール博物館市バス・京都バス「野々宮」バス停から北に徒歩約2分
嵐電嵐山駅から北に徒歩約5分
JR嵯峨嵐山駅から西に徒歩約7分
阪急嵐山駅から北西に徒歩約15分

各交通手段ごとのアクセス情報

こちらでは、嵐山・嵯峨エリアへの各交通手段ごとのアクセス情報について解説していきます。

JR線を利用する

JR嵯峨嵐山駅のコンコース
ルートJR京都駅~JR嵯峨嵐山駅
のりばJR京都駅31・32・33番のりば(嵯峨野線・山陰本線)
運行間隔普通約15分間隔
快速約60分間隔
運賃大人240円・子供120円
※「歩くまち京都・レールきっぷ」が利用可能
所要時間電車の乗車時間:快速約11分・普通約17分
嵯峨嵐山駅から各エリアへの所要時間
備考・各主要観光スポットへは約8~25分程度の徒歩移動が必要です。
・阪急嵐山駅方面などへのバスは「嵯峨小学校前」バス停などから利用可能ですが、離れているため利用しにくい環境です。

JR線(嵯峨野線・山陰本線)を利用するルートは、京都駅方面から嵐山へアクセスする場合の最も基本的なルートです。

かつて嵐山方面へのアクセスはバスがメインでしたが、現在はバスも利用されつつ、このJR線ルートが最もポピュラーで利用の多いルートとなっています。

現在は普通電車が増発され、昼間時は約15分間隔の普通電車と、1時間おきの快速電車がご利用頂けます。

嵯峨嵐山駅までの所要時間で見ると、他のあらゆる交通手段よりも「最速」のルートとなっており、運賃もバスなどとほぼ同水準となっており、使いやすいルートとなっています。

一方で、嵯峨嵐山駅は嵐山エリアの中心部などからは離れた場所にあるため、下車してから天龍寺周辺などの主要観光ゾーンへ行くだけでも10分程度の徒歩移動が必須となります。なお、徒歩移動を考慮してもバスよりは所要時間は大幅に短くなります。

また阪急嵐山駅方面や嵯峨エリアの北側などへアクセスする場合には、徒歩1~2キロ程度離れているために使いにくい立地となっています。清滝方面などへのバスへの乗り換え環境も良いとは言えません。

JR線のご利用は、全体的な所要時間を短くしたい場合はおすすめですが、徒歩移動をなるべく短くしたい場合は、市バス・京都バスのご利用もご検討ください。

市バス・京都バスを利用する

嵐山方面へのバスが発車する京都駅前バスのりば「C6」のりば
ルート市バス・京都バス京都駅前のりば~市バス・京都バス嵐山・嵯峨エリア各バス停
※嵐山エリア中心部へは「嵐山」バス停、「嵐山天龍寺」バス停が便利です。
のりば京都駅前「C6」のりば
系統・行き先◇「嵐山」バス停へ
・京都バスの全ての系統が利用可能(京都駅からの市バスは経由しません)
◇「嵐山公園」・「阪急嵐山駅」バス停へ
・市バス28号系統「大覚寺」行き、京都バス73系統・83系統「苔寺すず虫寺」行き、京都バス76系統・86系統「阪急嵐山駅」行きが利用可能
◇「嵐山天龍寺前」・「野々宮」・「嵯峨小学校」バス停へ
・市バス28号系統「大覚寺」行き、京都バス72系統「清滝」行き、京都バス77系統「嵯峨小学校」行きが利用可能
◇「嵯峨釈迦堂前」・「大覚寺」バス停へ
・市バス28号系統「大覚寺」行きのみ利用可能
◇「鳥居本」バス停へ
・京都バス72系統「清滝行き」のみ乗り換えなしで利用可能(1日1~2便のみ)
・阪急嵐山駅バス停まで行き、昼間時約1時間おきに運行の清滝行き(62・92・94系統)の利用がおすすめです。
運行間隔◇嵐山公園バス停まで:約10分間隔
◇嵐山・嵐山天龍寺前・野々宮・嵯峨小学校・嵯峨釈迦堂前・大覚寺バス停方面へ:約20分間隔
◇鳥居本方面への阪急嵐山駅バス停での乗り換え便:約60分間隔・朝夕は毎時2~3本程度(直通便は1日1~2便のみ)
運賃大人230円・子供120円
・「バス1日券」及び「地下鉄・バス1日券」が利用可能
・鳥居本方面へバスを乗り継いだ場合乗り継ぎ分の運賃が必要です(1日券利用時は追加運賃は不要)
所要時間◇嵐山バス停まで:約45分~
◇嵐山公園バス停まで:約43分~
◇阪急嵐山駅バス停まで:約41分~
◇野々宮バス停まで:約46分~
◇嵯峨釈迦堂前バス停まで:約48分~
◇大覚寺バス停まで:約53分~

市バス・京都バスを利用するルートは所要時間面ではJR線よりも早いルートにはなりませんが、徒歩移動をへらして「行きたいスポット」の近くに直接アクセスするルートとしては便利にご活用頂けます。

京都駅からは、嵐山エリアへのバスが昼間時は10分間隔で運行されています。なお、市バスご利用の場合の嵐山エリア中心部の拠点バス停は「嵐山公園」もしくは「嵐山天龍寺前」バス停、京都バスをご利用の場合の拠点バス停は「嵐山」もしくは「嵐山公園」バス停となっています。

嵐山方面へのバスの運行経路はやや複雑で、「嵐山」バス停には京都駅からの市バスは経由せず、代わりに京都バスの全ての便が経由していたり、市バスと京都バスで嵐山エリアを走る向きが違ったりするなど少しわかりにくい点があります。

また、京都バスについては大半のバスが嵐山バス停を経由し阪急嵐山駅方面から「苔寺すず虫寺」へと行きますが、一部便は嵐山バス停を経由し北側の嵯峨小学校前バス停方面へと行くなど、行き先が異なる場合がありますので、あらかじめ行き先をご確認の上ご利用になることをおすすめします。

アクセスするバス停とそれに対応した系統・行き先については上記の表をご参照ください。

なお、土日祝日については嵐山エリアの交通規制に伴い嵐山エリアの主要バス停である「嵐山天龍寺前」及び「野々宮」バス停が「北行」のみの経由となります。

京都駅からの往路については特に問題はありませんが、京都駅方面へお帰りの場合(復路)については「嵐山天龍寺前」及び「野々宮」バス停からはご乗車頂けませんので、最寄りバス停「嵐山」バス停をご利用下さい。

地下鉄線と嵐電を利用する

嵐山エリアの拠点空間「嵐電嵐山駅」
ルート地下鉄京都駅~烏丸御池駅~地下鉄太秦天神川駅・嵐電天神川駅~嵐電嵐山駅
運賃大人480円・子供240円(大人運賃内訳:地下鉄260円・嵐電220円)
・「歩くまち京都・レールきっぷ」などが利用可能
所要時間地下鉄京都駅~嵐電嵐山駅間:約40分~

地下鉄線と嵐電を利用する場合、まずは地下鉄京都駅から烏丸線の国際会館行きに乗車し、途中烏丸御池駅からは東西線の太秦天神川行きに乗り換えて終点太秦天神川駅へ行きます。

太秦天神川駅からは駅南西側すぐの場所にある「嵐電天神川駅」から嵐山行きに乗車します。

所要時間は40分程度とJR線と比べると長く、乗り換え回数も多いためバスと比べても特に利便性が高いという訳ではありません。

但し、電車のみが乗り放題になる「歩くまち京都・レールきっぷ」をご利用の場合で、天龍寺や嵐山公園など嵐山エリアの中心エリアを散策する場合は、JR線の利用と比べ徒歩移動が少なくなるルートとして活用いただくことが可能です。

地下鉄線と阪急電車を利用する

嵐山エリアの南側の拠点「阪急嵐山駅」
ルート地下鉄京都駅~地下鉄四条駅・阪急烏丸駅~桂駅~阪急嵐山駅
運賃大人450円・子供230円(大人運賃内訳:地下鉄220円・阪急230円)
・「歩くまち京都・レールきっぷ」が利用可能
所要時間地下鉄京都駅~阪急嵐山駅間:約24分~

嵐電ではなく「阪急電車」で嵐山駅へアクセスする場合、地下鉄京都駅から烏丸線の国際会館行きで四条駅まで行き、四条駅からは阪急電車の烏丸駅に乗り換えて桂駅へ、更に嵐山行きに乗り換えて嵐山駅までアクセスするルートとなります。

四条駅での乗り換えについては地下鉄線では前よりの車両に乗車し、北側の改札口をご利用頂くと直進するだけでスムーズに阪急線に乗り換えることが可能です。また桂駅では1号線から嵐山行きの電車をご利用ください。

阪急電車を使うルートは、乗り継ぎのタイミングに左右されますが、最速で25分以内で嵐山エリアへアクセスすることが可能となっており、単純な移動時間としてはJR線に次ぐ所要時間の短さとなっています。

嵐山エリア内でも「嵐山モンキーパークいわたやま・法輪寺・嵐山公園(中之島地区)・渡月橋」など嵐山エリアの南側の各スポットへスムーズにアクセスしたい場合、JR嵯峨嵐山駅からの徒歩移動が比較的長くなりますので、阪急線を利用し阪急嵐山駅から徒歩移動して頂く方が所要時間が短くなるでしょう。

まとめ

京都駅から嵐山エリアへのアクセスは、以下のアクセス手段があります。

◇JR線を利用
・JR京都駅からJR嵯峨嵐山駅まで移動します。京都駅から嵯峨嵐山駅までの所要時間は約11分~と最速のアクセス手段ですが、嵯峨嵐山駅は嵯峨・嵐山エリアの中心からは少し離れた場所にあるため各スポットへの徒歩移動が長い場合が多くなっています。

◇市バス・京都バスを利用
・京都駅前バスのりば「C6」のりばから嵐山方面へのバスが約10分間隔で運行されています。所要時間は長くなりますが、行きたいスポットのすぐ近くまで行ける場合が多くなっています。運賃は最安ルートであり、「1日券」類もご使用いただけます。

◇地下鉄線と嵐電を利用する
・地下鉄京都駅から烏丸御池駅で乗り換えて太秦天神川駅へ行き、嵐電天神川駅からは嵐電を利用します。所要時間は比較的長く、運賃は高くなりますが渋滞を回避できるほか、嵐山エリア中心部へアクセスすることが可能です。

◇地下鉄線と阪急電車を利用する
・地下鉄京都駅から四条駅で阪急線(烏丸駅)に乗り換えて、桂駅で嵐山行きに乗り換えてアクセスします。運賃は割高で乗り換え回数は2回ありますが所要時間は短く、渡月橋周辺やモンキーパークなど嵐山エリア南側の各観光スポットへのアクセスには便利です。

嵯峨・嵐山エリアは広大なエリアに、多数の観光スポットが所在するため、最寄り駅・最寄りバス停は1つではありません。

各スポットの最寄り駅、最寄りバス停についてはアクセス早見表などを参考に、スムーズにアクセス可能な交通手段を選んでみてください。