【格安】大阪から松山までの交通手段のまとめ(飛行機・JR・高速バス)【最速】

このページでは、大阪のまちから道後温泉で有名な松山のまちまでアクセスする各交通手段について、その「安さ」や「速さ」の特徴、利用するコツなどについてなるべくわかりやすく解説してまいります。

ざっくりまとめると

大阪~松山間は、

・飛行機(ピーチ・JAL・ANA)
・JR(新幹線+在来線)
・高速バス

の3ルートが主要な交通手段であり、いずれの交通手段もそれなりの利用シェアを持っており、比較的使いやすい存在となっています。またマイナーなルートとしては意外と便利なフェリーや少し疲れる「在来線のみ」を使うという手段もあります。

このうち速ルートは飛行機となっており、また最安ルートはおおむね高速バスですが、LCCの利用の場合飛行機が最安ルートになる場合もあります。

JRは鉄道なので安定した運行状況となっていますが、所要時間と料金はいずれもやや中途半端な存在になっています。

飛行機で移動するルート

運賃・所要時間

ルート(ピーチ):関西空港―松山空港

ルート(ANA・JAL):伊丹空港―松山空港

航空運賃:約3000円~(ピーチ)・約1万円~(ANA・JAL)

空港アクセスに必要な運賃(大阪駅・松山駅発着):伊丹空港発着約1000円・関西空港発着約1500円~2000円

※運賃は乗車日程や購入時期により異なります。

所要時間:いずれも約50分~1時間程度+空港までの移動時間(大阪市内からの場合、合計2時間程度)

・飛行機の場合、大阪からはLCC(ピーチ)は関西国際空港、大手航空会社(ANA・JAL)は伊丹空港と言うふうに棲み分けがなされています。なお、松山側はもちろん松山空港のみが拠点となっています。

・空港へのアクセスは伊丹空港、関西空港ともにリムジンバスの利用が便利なほか、電車を使えばリムジンバスよりもお安くアクセスできる場合も多くなっています。松山空港から松山市街地へは、伊予鉄バスが多数運行されていますのでこちらも心配はありません。

予約

ピーチ、JAL・ANAいずれの航空便も、航空会社の公式サイトからの予約が最もわかりやすく便利でお得です。

Peach(ピーチ)

JAL国内線―航空券予約  ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

飛行機のメリット

・空港までの移動時間を加味しても、大阪~松山間の最速ルートになっています。

・LCCの利用の場合、5000円以下で移動できる場合もあるなど格安ルートになっています。

飛行機のデメリット

・各空港から都心部までのアクセスが別途必要になっています。

・欠航や遅延のリスクがJR利用の場合よりも高くなっています。

・LCCは1日1便しか運行されていません。JALやANAの本数も特急電車をよりも少なくなっています。

お得に利用するには?

飛行機の場合、お得に利用するにはJRのような「おとくなきっぷ」を購入する訳ではなく、運賃が購入する時期や乗車する日程によって柔軟に決定されるシステムとなっているため、各航空会社のウェブサイトで航空チケットの予約・購入をして頂く以外の方法はありません。

航空運賃は、LCCの場合お正月やお盆、土日などの「繁盛期」以外は概ね最安水準となっているほか、JALやANAといった大手航空会社の場合は「早割」などの運賃システムが充実しているため、とにかく早め早めの航空券の購入によってお得な運賃で利用できるようになっています。

また、じゃらんパックなどの航空券とホテルが一体になったパッケージプランの場合、2名の利用などで、ANAやJALの利用とホテルのセットが往復2万円を切る場合もありますので、ホテルに宿泊されるような場合はそちらもチェックしておいてもよいかもしれません。

JR(新幹線)を利用する

運賃・所要時間

ルート:大阪駅―新大阪駅―(新幹線)―岡山駅―(特急しおかぜ)―松山駅

運賃・料金:10410円(新幹線のぞみ等利用・自由席)~

所要時間:約3時間45分~4時間30分

・JR線を利用する場合、大阪駅の場合、新大阪駅から新幹線に、また岡山駅からは特急しおかぜ号に計2回の乗り換えが必要になります。特急しおかぜ号は本数は1時間に1本程度は確保されているため、時間をあらかじめ把握すればそれほど使いにくいことはありません。所要時間は昼間であれば4時間以内に納まる場合も多く、新大阪から鹿児島までの新幹線の所要時間とほぼ同じような状況になっています。

JRを使うメリット

・時間が正確で、遅れや運休となるケースも比較的少なくなっています。

・お盆やお正月もほぼ同じ運賃、料金で利用できるようになっています。

・飛行機よりも本数は多くなっています。

JRを使うデメリット

・格安きっぷ等がそれほど充実していないので、常に割高となります。

・空港への移動を考慮しても、飛行機の利用よりもかなり時間がかかります。

お得に利用するには?

JRでお得に移動する場合、大阪発の場合「お得なきっぷ」はそれほど充実しているとは言えません。

松山との単純な往復ではなく、必ず往路・復路のいずれかを「広島」経由として松山~広島間は高速船で移動するという変則的なルートであれば、

e5489専用 「松山・広島割引きっぷ」が発売されています。この場合往復で15000円となっていますので、片道7000円少々でアクセスすることができます。但し、何があっても「わざわざ」広島に回る必要があるきっぷですので、広島観光を同時に楽しむような場合以外は余りおすすめできるものではありません。

なお、「松山発」の場合は、「阪神往復フリーきっぷ」というお得なきっぷが完備されています。この場合は往復の特急及び新幹線のきっぷと、更に京阪神のJR線が乗り放題になるという特典まで付いてくるようになっており、料金は17490円で4日間有効と、通常よりも3000円程度安く利用することが出来ます。

但し、これは「松山発」の場合だけですので、大阪から往復する場合はその恩恵は一切受けることが出来ません。

要するに、やはりお得な利用手段はそれほどないというのが現状なのです。

高速バスを利用する

運賃・所要時間

ルート

阪急バス・伊予鉄バス(昼行・夜行):阪急三番街(梅田)―松山市駅・八幡浜方面

西日本JRバス(昼行・夜行):大阪駅JR高速バスターミナル―なんばOCAT・三宮―JR松山駅・八幡浜方面

ウィラ―エクスプレス:京都駅八条口―WILLER大阪梅田乗り場―USJ―神戸三宮―今治・松山一番町方面

※掲載している経由地を経由しない便、また八幡浜行きのある路線などでも松山止まりの便などもあります。

車内設備

ウィラ―:4列シート JRバス・阪急バス・伊予鉄バス:3列シート

運賃

ウィラ―エクスプレス(夜行)約4000円~・JRバス5000円(昼行)・6900円(夜行)・阪急・伊予鉄(昼・夜共通)6900円

所要時間

昼行便:約5時間~5時間30分 夜行便:約7時間~8時間

・高速バスは、阪急バス・伊予鉄バス・西日本JRバス・ウィラ―エクスプレスの4社により主に運行されています。その他の都市間を結ぶ高速バスと同様、運賃はいずれも割安感のあるものとなっているほか、ウィラ―エクスプレスが4列シートの代わりに特に安くなっており、その他の大手バス会社はゆったりとした3列シートの代わりに少し運賃が高くなるという構図もその他の都市間と変わりません。

・所要時間は飛行機やJR線利用よりもかなり長くなり、1日1便だけ運行のLCCと比べると運賃も割高になってしまいますが、夜行便も充実していることから、大阪~松山間の移動手段として一定の存在感を放っており、気軽に使いやすい交通手段になっています。

予約

いずれの高速バスも、ネット予約が大変便利でスムーズになっています。

高速バス・夜行バス予約|WILLER TRAVEL  高速バスネット(JRバス)  発車オーライネット(阪急・伊予鉄バス)

高速バスのメリット

・梅田から松山市駅など、都心部同士をダイレクトに結んでいます。

・本数が多い割に運賃も安く、使いやすい存在となっています。

高速バスのデメリット

・所要時間は飛行機や新幹線経由よりもかなり長くなります。

・バスの環境が苦手な方にはおすすめできません。

お得に利用するには?

大阪と松山方面を結ぶ高速バスは、その運賃制度は比較的シンプルであり、特別な割引きっぷの類は基本的に存在しません。往復運賃で割引になる場合などがありますが、基本的には片道の場合固定運賃(阪急バス・伊予鉄バスなど)、また早めの予約で割引になる運賃、乗車日程によって変動する運賃(JRバス・ウィラ―エクスプレス)となっています。

すなわちお得に使うには、スケジュールが決まり次第さっさと基本的にはネット予約をして頂く。この当たり前の方法を実践して頂くのみなのです。

その他のルート

フェリーを使うルート

大阪~松山間の移動には、松山港の発着ではありませんが、四国オレンジフェリーと連絡バスを乗り継ぐルートの利用で思いのほかリーズナブルかつスムーズに移動して頂くことも出来ます。

フェリーは大阪南港のフェリーターミナルから西条市の「東予港」を結んでおり、東予港から松山間は伊予鉄バスにより連絡バスが運行されています。

運賃はフェリーのシングル運賃は最安6950円、松山~東予港の連絡バス運賃が1230円となっていますが、フェリーの往復割引を活用すれば、フェリー運賃とバス運賃の合計を5500円程度で済ませる事が出来、夜行高速バスと変わらないリーズナブルな料金となります。なお、所要時間はフェリーが8時間、連絡バスが1時間30分程度で、移動時間は20時30分~翌朝7時30分の間に往復ともに納まるために、基本的にお仕事を終えた時間から次の日のお仕事が始まる時間までに移動できるようになっています。

フェリーの「2等指定」の場合は広い部屋に雑魚寝のような形になりますが、高速バスが苦手な方でもフェリーならば乗れるというケースもあると思いますので、それぞれのニーズに合う交通手段をご利用頂ければと思います。

「普通電車の旅」

格安旅行と言えば「青春18きっぷ」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、大阪~松山間の場合、快速や普通電車を乗り継ぐと約8時間~9時間で移動することが可能となっています。

ルートは主な経由駅としては大阪駅―姫路駅―岡山駅―多度津駅―松山駅というルートが基本となっており、乗り換え回数は5回以上と、決して楽な交通手段ではありません。

なお、通常時のきっぷの運賃は6740円なので、高速バスよりも高い場合が多く、特におすすめできる交通手段ではありませんが、青春18きっぷの場合は5日分11850円、1日当たり2370円で移動が出来ますので、青春18きっぷが使える春・夏・冬の一部期間は「最安」の移動手段となります。学生の方などが帰省によくご利用になるというエピソードはあながち間違っていないのです。

車で移動するルート

さて、最後に公共交通機関以外のルート、すなわちクルマで大阪~松山間を移動する場合についても考えておきましょう。なお、四国への移動の場合、一般道(下道)だけで移動するというルートはなく、高速道路かフェリーの利用になってしまいますので、ここでは高速道路を経由するルートについてご紹介しておきたいと思います。

高速道路をご利用の場合、大阪市中心部からであれば、

阪神高速池田線―中国自動車道―山陽自動車道―瀬戸中央自動車道―高松自動車道―松山自動車道

を利用していくルートとなります。

高速料金は、例えば阪神高速福島ICから松山自動車道松山IC間を利用した場合、約7000円~11000円程度となります。ETCの場合、高速料金は夜間や休日割引によって安くなります。概ねJR線を利用する場合の運賃・新幹線特急料金などよりも安くなりますので、ご家族連れの場合は高速道路を使うと言うのも一つの手段と言えるでしょう。

なお、大阪都心から松山市街地までの所要時間は約4時間30分~5時間程度と見込まれます。高速バスよりは少し早く、新幹線や飛行機よりはさすがに遅いですが、運転できない距離ではありません。

おわりに

以上、これまで大阪~松山間の交通手段について様々な観点からまとめてまいりました。

まとめていく中では、基本的に飛行機・新幹線+特急・高速バスの3択であることを説明していきましたが、意外に「フェリー」が便利であるということもご説明してまいりました。

いずれのルートも一定のシェアがあるということは、それぞれのルートごとに速さ、安さ、快適さなどに差があって様々なニーズに対応しているということですので、皆さんもそれぞれのご予定に合った交通手段で快適に大阪と松山の間を移動してみてください。