大阪市内各地から「住吉大社」までの交通アクセスまとめ

この記事では、全国にある住吉神社の総本山であり、大阪市内のみならず近畿地方全体でも有数の神社として知られる「住吉大社」への交通アクセスについて、大阪市内各地・主要観光スポットからのアクセス情報を中心に解説していきます。

住吉大社の最寄り駅は?

住吉大社は、大阪市内でも南側にあたる住吉区に位置しています。公共交通機関でアクセスする場合、最寄り駅は、

なんば・新今宮方面から便利な南海本線「住吉大社駅」

天王寺方面から便利な阪堺電車「住吉鳥居前駅」

の2つになります。2つの駅は住吉大社のすぐ西側にあり、特に阪堺電車の住吉鳥居前駅は、鳥居前という名の通り神社の目の前にあります。

なお、初詣シーズンに発生する激しい混雑を避けたい場合は

南海高野線「住吉東駅」

のご利用も選択肢となります。

南海電車と阪堺電車の「使い分け」については、天王寺駅を経由する場合(地下鉄線・近鉄線・JR大和路線・阪和線・環状線鶴橋方面からなどを利用する場合)は阪堺電車(路面電車)が便利ですが、それ以外のケースは、新今宮駅で南海本線に乗り換えて頂くのが便利です。

なお、新今宮駅での南海線への乗り換えは、駅西側(西九条・大阪方面からの場合後ろよりの車両が便利)からとなっています。また、住吉大社駅には普通電車以外は停車しませんので、準急や急行電車などに乗り間違えないようご注意下さい。

大阪市内各地からのアクセス情報

梅田・大阪駅から

ルート1:JR大阪駅~(大阪環状線内回り・関空紀州路快速など)~JR・南海新今宮駅~(南海本線普通)~南海住吉大社駅

運賃:390円 所要時間:約25分~

ルート2:地下鉄御堂筋線梅田駅~地下鉄難波駅・南海難波駅~(南海本線普通)~南海住吉大社駅

運賃:440円 所要時間:約25分~

・梅田エリア、大阪駅周辺から住吉大社へアクセスする場合は、JR+南海・地下鉄+南海というルートの2つのいずれを利用して頂いても構いません。JR大阪駅に近い場所からであればJR線を使い、地下鉄なんば駅に近い場所であれば地下鉄線を利用するという形が最も使いやすいと言えるでしょう。

なんばから

ルート:南海難波駅~(南海本線普通)~南海住吉大社駅

運賃:210円 所要時間:約9分~

・なんばエリアから住吉大社へアクセスする場合、南海難波駅から普通電車に乗って頂ければ、住吉大社駅まで乗り換えることもなくすぐに到着します。大阪市内各地から住吉大社へのアクセスルートとしては、最もシンプルなルートになっています。

天王寺(天王寺公園・四天王寺)から

ルート:阪堺電車天王寺駅前停留所~(浜寺駅前・我孫子道行き)~阪堺電車住吉鳥居前停留所

運賃:210円 所要時間:約16分~

・天王寺から住吉大社へアクセスする場合は、路面電車の区間もある阪堺電車を使うルートが最もお得で最速のルートとなっています。天王寺駅前停留所は、あべのハルカスのすぐ西側のあべの筋沿い、JR天王寺駅の南西側にあります。なお、天王寺駅のみならず、天王寺公園・天王寺動物園・四天王寺といった主要観光スポットからの場合でも、天王寺駅前停留所まで多少距離はありますが、徒歩でアクセスして頂くことで住吉大社へ便利にアクセスすることが可能です。

新大阪駅から

ルート1:地下鉄御堂筋線新大阪駅~地下鉄難波駅・南海難波駅~(南海本線普通)~南海住吉大社駅

運賃:490円 所要時間:約35分~

ルート2:JR新大阪駅~JR大阪駅~(大阪環状線内回り・関空紀州路快速など)~JR・南海新今宮駅~(南海本線普通)~南海住吉大社駅

運賃:430円 所要時間:約40分~

・新大阪駅から住吉大社までアクセスする場合は、所要時間が短めで運賃が高い地下鉄+南海線ルート、乗り換え回数が多く、所要時間も長いものの運賃は安いJR線+南海線ルートのいずれかをご利用ください。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)から

ルート:JRユニバーサルシティ駅~JR西九条駅~(大阪環状線内回り・関空紀州路快速など)~JR・南海新今宮駅~(南海本線普通)~南海住吉大社駅

運賃:390円 所要時間:約35分~

・USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)から住吉大社へのアクセスは、JRゆめ咲線で西九条まで行きそこから大阪環状線内回り、新今宮からは南海線のご利用というルートが便利です。

天保山(大阪港)から

ルート1:大阪メトロ中央線大阪港駅~大阪メトロ・JR弁天町駅~(大阪環状線内回り・関空紀州路快速など)~JR・南海新今宮駅~(南海本線普通)~南海住吉大社駅

運賃:600円 所要時間:約25分~

ルート2:大阪メトロ中央線大阪港駅~大阪メトロ堺筋本町駅~(大阪メトロ堺筋線)~大阪メトロ・南海天下茶屋駅~(南海本線普通)~南海住吉大社駅

運賃:430円 所要時間:約35分~

・天保山、大阪港エリアから住吉大社へアクセスする場合は、弁天町駅からJR線を利用するルートが最速ですが運賃は高くなりますので、お安くアクセスしたい場合は地下鉄中央線・堺筋線を使って天下茶屋駅までアクセスするルートをおすすめします。

大阪城公園から

ルート:JR大阪城公園駅・森ノ宮駅~(大阪環状線外回り)~JR天王寺駅・阪堺電車天王寺駅前停留所~(浜寺駅前・我孫子道行き)~阪堺電車住吉鳥居前停留所

運賃:370円 所要時間:約35分~

・大阪城公園エリアからの場合、最寄り駅のJR大阪城公園駅や森ノ宮駅からJR天王寺駅までアクセスし、そこからは阪堺電車を使うルートがおすすめです。新今宮駅から南海線を使うルートも駅までの利便性は同等ですが、阪堺電車であれば「住吉鳥居前」停留所が神社の正面にありますので、より便利にご利用頂けます。

初詣の混雑について

住吉大社は、通常時はそれほど混雑することはなく、駅も閑散としていることすらありますが、初詣シーズンは、関西最大の初詣スポットであるために激しい混雑に見舞われます。住吉大社へは交通規制や駐車場の少なさなど、事実上マイカーでアクセスすることは出来ないようになっていますので、初詣期間はほぼ全ての参拝者が公共交通機関や徒歩などで神社を訪れます。

初詣期間のとりわけ日中時間帯は、南海線住吉大社駅も、阪堺電車住吉鳥居前停留所も激しい混雑が発生しますが、初詣期間中は南海本線の急行なども住吉大社駅に臨時停車するほか、阪堺電車は車内の乗り降りの混雑を緩和するために住吉鳥居前停留所付近で乗車券をあらかじめ発売するなど対策を講じているため、「電車に乗れない」という事態は起こりません。但し、住吉大社そのものが混乱を防ぐために入場規制を行う場合がありますので、その際は駅を降りてもしばらく待機しなければならない場合があります。

なお、電車の混雑を避けたい場合、住吉神社から西に徒歩15分程度の場所にある(通常時は裏口から入れますので徒歩5分程度)南海高野線「住吉東駅」からのアクセスもおすすめです。

まとめ

以上、大阪「住吉大社」への交通アクセスについて簡単にまとめてきました。

住吉大社へは、南海本線「住吉大社駅」、阪堺電車「住吉鳥居前停留所」、この2つが最寄り駅となっています。

なんばと天王寺からは乗り換えなしでアクセス可能となっていますし、梅田などからもそれほど不便を感じることなくスムーズにアクセス可能となっていますので、大阪市内を観光する際は、ぜひ参拝に訪れてみてはいかがでしょうか。