【伝香寺】「散り椿」の美しさと「はだか地蔵尊」で知られるお寺は率川神社のすぐそばに

観光のご案内

戦国武将「筒井順慶」の菩提寺です

伝香寺(でんこうじ)は、奈良市最古の神社として知られる「率川神社」のすぐ南側、近鉄奈良駅などからもそれほど遠くない場所にある律宗のお寺です。

歴史としては、奈良時代の771年(宝亀2年)に唐招提寺を創建した鑑真和上の弟子にあたる思託(したく)律師が開基したと考えられており、その後は長らく荒廃していた時代もありましたが、安土桃山時代(室町時代)の1585年(天正13年)には奈良を支配した武将筒井順慶の母親である芳秀宗英尼が亡くなった順慶の菩提寺として復興し、住職として唐招提寺から泉奘と呼ばれる僧侶を招いたとされています。なお、現在も残されている表門・本堂はこの筒井順慶の菩提寺として整備された際に建立されたものとなっています。

美麗な「はだか地蔵」と「散り椿」は必見

お寺のみどころとしては、地蔵堂に安置されている鎌倉時代作・像高約1メートルの「はだか地蔵尊(木造地蔵菩薩立像・重要文化財)」が有名であり、このお地蔵さまはその名の通り衣装を身に着けていない「裸」の状態の像として造像されたものとなっており、本物の「衣装」を身に着けた状態で安置されるという少し珍しい像となっています。知名度が非常に高い存在という訳ではありませんが、鎌倉仏師「善慶」により造られたとされるその凛とした美しい佇まいは、見る者を魅了する存在となっています。

また本尊としては1585年の復興時に造立された釈迦如来坐像が本堂に安置されています。こちらは奈良の仏さまとしては年代が比較的新しいということもあり、保存状態は大変良好で美麗な佇まいをしておられます。この他には聖徳太子の幼少期を再現した童子像である「南無仏太子像」、また「筒井家伝来仏舎利」なども本堂に安置されています。

文化財以外のみどころとしては、奈良の「三名椿」の一つとして名高い散り椿(武士椿)があります。この椿は、枯れる前の美しい花びらの状態で1枚1枚が舞い落ちることが特徴であり、その潔い美しさから「武士椿」とも呼ばれています。椿の見頃は毎年3月下旬~4月上旬頃となっています。

拝観情報

拝観料:300円(椿の開花時期のみ400円)

※地蔵堂については別途受付で申し込むことによって特別に開扉(拝観料300円・朱印料300円)して頂けます。

拝観時間:9時~17時

※いさがわ幼稚園の敷地と同じ場所にお寺がありますので、幼稚園行事開催時などには拝観不可となります。

特別公開など:3月12日=本堂内特別公開(予約不要)・7月23日=地蔵会・地蔵菩薩衣更法要(16~19時)に伴う地蔵堂の公開(予約不要)

アクセス(電車・バス)