鹿せんべいの販売場所・買い方・料金は?年中購入可能です

この記事では、奈良観光の名物「鹿せんべい」について、その販売場所・料金(買い方)などを解説していきます。

鹿せんべいの販売場所

奈良公園各地に売り場あり

奈良観光の名物であり、大勢の人が「鹿」にあげるのを楽しまれる「鹿せんべい」。鹿せんべいは、基本的には奈良公園内各地にいらっしゃる売り子さん(売店)から購入することが出来るようになっており、日中であれば、1年を通してお買い求め頂くことが可能です。

鹿せんべいの売り子さんは、基本的に同じような場所にいらっしゃいますが、売店の建物がある訳ではなく、「必ずこの場所で、必ず何時から何時まで営業」というスタイルではありません。

しかし、非常に閑散としている日や、よほどの悪天候でない限りは、朝の9時頃~夕方5時ごろに奈良公園内のあちこちで鹿せんべいを買うことが出来るようになっています。

売店がある主な場所は、東大寺参道(南大門近くなど)近鉄奈良駅から奈良公園へ進む歩道沿い(奈良県庁前)などであり、主要な観光地へ歩いて行く場合や、バス停から移動していく場合などには、途中で必ず鹿せんべいを買うことが出来ます。

土産物店・茶屋でも購入可能

また、鹿せんべいについては、売店で売り子さんから買う以外にも、奈良公園内各地にあるお土産屋さんや、茶屋で買うことも出来ます。

興福寺や東大寺の近くで買いそびれたとしても、若草山麓や春日大社周辺、東大寺二月堂周辺などのお土産屋さんでも鹿せんべいを買うことができますので、鹿せんべいを入手することで手間取るようなことはありません。

なお、JR奈良駅や近鉄奈良駅前のお土産屋さんなどでは鹿せんべいは販売されていません。お土産屋さんであれば、奈良のどこでも鹿せんべいが販売されている訳ではなく、基本的に鹿せんべいは奈良公園エリア一帯のみで販売されています。

鹿せんべいの料金・買い方

売り子さん(売店)・土産物店・茶屋で販売されている「鹿せんべい」。

その価格は、どこで買っても均一150円となっています。せんべいは10枚セットになっており、鹿せんべい自体は1枚あたり15円と言うリーズナブルな商品なのですが、鹿にあげる時にはすみやかにあげることがコツですので、10枚あってもすぐになくなってしまうかもしれません。

買い方は「鹿せんべいください」と言って150円払うだけで構いません。誰でも変えますし、個数も1セットのみならず在庫さえあれば3個でも、10個でも買うことができます。

なお、お支払いはもちろんと言えばそれまでなのですが、現金のみとなっています。

値段・商品の品質ともにどこで買っても同じですので、鹿せんべいの販売場所については、「ここがおすすめ」といったようなものは特にありません。アクセスルート沿いにある売店やお土産屋さんなどで、必要に応じてお買い上げいただければと思います。

まとめ

・鹿せんべいは「売り子さん(売店)」からか「土産物店・茶屋」で購入します。

・奈良公園内各地に販売場所があるので、鹿せんべいを探して歩き回る必要はありません。

・鹿せんべいはどこで買っても同様のものが150円(10枚セット)で販売されています。