奈良「大神神社」の初詣ガイド(参拝時間・混雑状況・交通アクセスなど) | 奈良まちあるき風景紀行

奈良「大神神社」の初詣ガイド(参拝時間・混雑状況・交通アクセスなど)

観光お役立ち情報

この記事では、奈良県内・関西有数の初詣スポットとして名高い桜井市「大神神社」の初詣に関する情報について、参拝可能時間・混雑の状況・交通アクセスなどのテーマごとになるべく簡単に解説していきます。

大神神社については、初詣期間は例年3が日を中心に相応の混雑(密な環境)が見られます。参道の広さの加減などもあり、橿原神宮などよりも混んでいると感じられる場合も多いかもしれません。

また、交通手段については通常時は原則として「公共交通機関のご利用」が無難です。車の場合はほぼ確実に渋滞に巻き込まれることになります。

※新型コロナウイルスの影響に伴い現在は状況が変化しています。本記事の情報はあくまでも令和2年正月までの「感染症の影響がない時代」の「通常時の傾向」を中心に記述しているものです。また、大神神社により初詣に関する呼びかけ(大神神社公式サイト内が行われています。そちらも合わせてご確認頂く事を推奨致します。

大神神社の参拝時間

大神神社の参拝時間については、橿原神宮や春日大社と異なり、原則としては「24時間いつでも」参拝する事が可能です。

開門時間、閉門時間といった取り決めは一切なく、いつでも自由に神社にお参りすることが出来ます。これは初詣期間に限ったことではなく、1年中いつでもそうなっています。

もっとも、縁起物などを発売する「授与所」については、12月31日9時~1月1日19時・1月2日7時~19時・それ以外の日は9時~16時30分といったように通常の「営業時間」があります。

お守りなどを購入しないで、ただ「お参り」をするだけであれば、24時間いつでも参拝できますが、縁起物を購入するような場合は、授与所の営業時間内にお参りするようにしてください。

大神神社への交通アクセスは?

公共交通機関がおすすめ!

※2021年(令和3年)~の初詣期間については、新型コロナウイルスの影響に伴い随時状況が変化しておりますので、その時々の状況に応じた適切な判断をお勧めいたします。

奈良県で3番目に多い初詣の参拝者を集める大神神社ですが、同じように大勢の参拝者が訪れる橿原神宮などと比較すると、境内もこぢんまりとしている上に、周辺の道路環境もそれほど良くありません

クルマでアクセスする場合、渋滞に巻き込まれる上に、場合によっては駅やバス停よりも神社から離れた場所から徒歩でアクセスする必要があり、その上に参拝待ちの行列に巻き込まれることになります。

参拝待ちの列は仕方ないとしても、車でアクセスすることに伴う時間的ロスは「公共交通機関」を使えば減らすことができますので、初詣期間は基本的にJR線で三輪駅までアクセスするか、近鉄桜井駅から路線バスでアクセスするかのいずれかのルート(公共交通機関)でアクセスする事が例年は推奨されています。

JR三輪駅からは案内表示に従って歩けば社殿付近まで約10分程度(混雑時は参拝待ちの行列が出来る場合があります)でアクセス出来るほか、近鉄桜井駅前から待たずに乗れる「随時運行」の臨時バスにご乗車頂いた場合、三輪駅の近くにある「三輪恵比須神社」臨時バス停で降りて頂くと、やはり混雑がない場合は徒歩10分程度で神社までアクセス可能です。

大神神社へのアクセス情報については、以下の記事で詳しく解説しています。

車の場合は渋滞必至・交通規制あり

どうしても電車に乗れない、利用できないような場所からアクセスするような場合は、大神神社の近くまで車でアクセスして駐車場に車をとめるという方法もあります。

しかしながら、クルマを使う場合は、例年の3が日は確実に激しい渋滞に巻き込まれます。場合によっては渋滞によって1時間程度~はロスすることは覚悟していく必要があります。

駐車場については、大神神社の西にある「芝公園」と呼ばれる場所に初詣期間のみ臨時無料駐車場が設置されるほか、通常は無料である大鳥居や参道周辺の駐車場が1回500円の有料駐車場として利用可能になります。

交通規制については、参道がJR線を渡る手前から交通規制(通行禁止)になりますが、夏に開催されるおんぱら祭りの花火大会の時ほどには規制は行われません。

駐車場の場所などについては、下記の地図や記事をご参考にしてください。

初詣シーズンは夏の「おんぱら祭り」とは違い、「車でアクセスする」選択肢は確保されていますが、渋滞・混雑・駐車場入庫等の状況を考慮し、時間的には一定の余裕を見てアクセスするのが無難です。

大神神社の混雑状況

大神神社は、比較的近くにある奈良県最大の初詣スポットである「橿原神宮」と比較すると、参道や境内が決して広くはありません。そのため参拝者数が橿原神宮の半数の「3が日で50万人程度」であっても、混雑度合いは橿原神宮をしのぐものになります。

もっとも、身動きが全くとれない状態になることはほとんどありませんが、拝殿まで長い行列が出来て、行列が途中の石段の上にも続くようなことは珍しくありません。

混雑を避けたい場合、大神神社は24時間参拝可能なため、元日やお昼間ではなく1月2日以降~の朝や夕方・夜間などに参拝するのがおすすめです。

場合によってはそのような時間帯でも混雑している可能性もありますが、昼間のように参拝の行列が延々と続くようなことはありません。

また、2021年(令和3年)~の初詣期間については、大神神社としても新型コロナウイルスの影響に伴い、感染拡大防止のため「旧正月 (2月12日)」までの期間、1か月以上に渡る日取りについて「分散」して参拝する事を推奨しています。

密な環境を回避するために、もし初詣に行かれる場合でも、例年のお正月期間ではなく1月中旬や1月下旬、2月上旬~も含めた広い範囲での「参拝時期の検討」をおすすめします。

まとめ

大神神社については、参拝時間等は設定されていないため、単にお参りをするだけであれば、初詣期間についても24時間いつでも参拝する事は可能です(授与所等は営業時間が限られています)。

例年の初詣期間については、それほど広い参道ではないため一定以上の混雑が見られます。また、アクセスについても3が日を中心に激しい渋滞が常態化しており、通常時は公共交通機関(JR万葉まほろば線・臨時バス)によりアクセスする方が時間的なロスを減らせるようになっています。

2021年(令和3年)~の初詣期間については、新型コロナウイルスの影響に伴い状況が変化しています。例年と同じ状況だと「密」は避けられませんので、大神神社からも2月の旧正月までの時期を含めた「1か月以上」に渡っての分散した参拝が呼びかけられています。
もし初詣に訪れる場合は「通常のお正月期間」にこだわらず参拝するのが無難と言えるでしょう。