奈良・五條「吉野川祭り納涼花火大会」の日程・観覧場所・混雑情報などを解説!

奈良の夏を彩る「花火大会」は県内各地で開催されていますが、その中でも最もにぎわいを見せる花火大会の一つとして知られるのは、五條市の吉野川河川敷で行われる「吉野川祭り納涼花火大会」。この記事では、吉野川祭り納涼花火大会の内容・日程・観覧場所・アクセス・混雑状況などをなるべく詳しく解説していきます。

花火の規模・特徴は?

吉野川祭り納涼花火大会は、奈良県内で行われる花火大会としては「宇陀市はいばら花火大会」と同じく最大規模の「4000発」の花火が打ち上げられる花火大会です。観客数については奈良県内の花火大会では最も多い7万人程度の人出を集めることもあり、関西全体でも有数の花火大会であるほか、奈良県中南部の方にとってはよく知られた行事となっています。

また、花火の特徴としては、音楽に合わせて次々に打ち上げられるようになっているほか、花火のみならず「レーザー光線」も駆使して夜空を彩るという演出がなされており、実に華やかな花火大会になっています。

花火大会の日程・タイムスケジュール

花火大会は、お盆の日にあたる

毎年8月15日

に実施されています。日程は固定のため、曜日に関わらず実施されます。

時間は20時~21時の間の1時間実施されます。荒天中止ですが、小雨時には決行されます。

観覧場所について

打ち上げ場所・観覧場所

吉野川祭り納涼花火大会の会場は、JR五条駅の南西側、吉野川にかかる国道168号線「大川橋」の北東側(上流側)河川敷となっています。河川敷には100軒ほどの多数の屋台が立ち並んでいるほか、スペースが広いために当日の早い時間帯からブルーシートを敷き「場所取り」をして花火を見る人も多数いらっしゃいます。後述するように「有料席」もありますが、有料席の数はそれほど多くはなく、基本的に花火は河川敷の広い範囲から混雑はするものの、自由にご覧いただけるようになっています。

有料席について

花火をより間近で、遮るものなくご覧いただける「有料席」は8名様まで利用可能な1区画が1万円で200区画発売されています。

有料席に関する詳細は 五條市観光協会 などにお問い合わせください。

交通アクセス・混雑状況について

花火大会当日は、花火を見ようとする人が近隣地域などから多数訪れるため、周辺道路(五條市街地)は激しい渋滞が発生することがあります。可能な限り公共交通機関が利用できる場合は電車・バスで訪れることをおすすめします。

電車によるアクセス

会場までは、JR和歌山線・五条駅から南に徒歩10分程度でアクセス可能です。会場へのアクセスルートはシンプルであり、駅の正面に伸びる道を真っすぐ南に進んでいくだけで構いません。道の突き当りが河川敷の開催エリアとなっています。

当日は臨時電車も運行され、高田方面・橋本方面などから大勢の方が訪れ電車も混雑しますが、電車に乗れない・入場規制が行われるといったことはありません。なお、きっぷでご乗車になる場合は、五条駅に到着した時点であらかじめお帰りのきっぷを購入しておくと、帰りに券売機に並んで時間を大幅にロスすることを避けることが出来ます。

車によるアクセス

マイカーなどでアクセスされる場合は、先述のように「渋滞」に巻き込まれる可能性は高く、時間のロスが生じることは覚悟した上でアクセスする必要があります。渋滞は、花火を見るためにアクセスする車で午後早い時間帯から発生する可能性がある他、お帰りの時間については深夜まで渋滞が続く可能性もあります。

当日は無料駐車場が吉野川の南側を中心に複数設置され、そちらに車を停めた上で徒歩でアクセスすることになります。また、花火大会会場沿いの道路・JR五条駅へのアクセス道路は18時~23時頃までは交通規制により自動車の通行が禁じられる時間帯がありますので、会場まで車で乗り付けるようなことは基本的で不可能となっています。

駐車場の情報などについては、 五條市観光協会 のサイトなどの情報をご参照ください。

また、駐車場にとめて吉野川を徒歩で渡る場合、橋の左右でそれぞれ歩道が一方通行となっていますので、指示に従って通行して頂くようにお願いいたします。

まとめ

以上、吉野川祭り納涼花火大会の概要についてまとめてきました。再度簡単にまとめると、花火大会は

・毎年8月15日、20時~21時に実施

・JR五条駅から南に徒歩10分の吉野川北側の河川敷で実施(大川橋北東側)

・広い河川敷で見学可能、屋台村・有料席もあり

といった開催内容となっています。

当日は渋滞がひどくなりますので、可能な限りJR線で訪れて「花火を見る」ことだけに専念できるようにして頂ければと思います。