「宇陀市はいばら花火大会」の日程・観覧場所・交通アクセスまとめ

この記事では、毎年8月上旬に奈良県宇陀市の榛原駅近く(宇陀川沿い)で行われる「宇陀市はいばら花火大会」について、日程・時間・見学方法・交通アクセスなどの情報をまとめて解説していきます。

日程・時間

宇陀市はいばら花火大会は、

現在では「8月の第1日曜日」

に実施されています。桜井のおんぱら祭り奉納花火大会などとは異なり「曜日が固定」となっており、「日付が固定」ではありませんので、日程は毎年変わります。

2018年は8月5日の実施でしたが、2019年は、8月4日日曜日の実施となります。

花火は19時30分から開始されます。

当日は「小雨決行」です。強い雨・荒天時は中止されます。

花火の特徴

2019年で62回目となる「宇陀市はいばら花火大会」では、4000発の花火が打ち上げられ、奈良県内では「吉野川祭り納涼花火大会」と並ぶ最大規模の花火大会となっています。

また、ここ数年は「全国花火まほろば競技会」として、花火師らの技術を競う競技会が開催されています。競技会が行われているため、花火大会には多数の花火会社が参加しており、各社・職人たちの情熱のこもった花火作品をご覧いただけるようになっているほか、ネット投票で競技会の審査に参加することも出来るようになっています。

観覧場所・屋台について

有料観覧席について

花火の当日には、自由に観覧する「おんぱら祭」などとは異なり宇陀市はいばら花火大会では「有料観覧席」が設置されます。有料観覧席は、花火の打ち上げ場所にほど近い榛原駅の南東側、国道370号沿いにある奈良交通バス「中西バス停」近くの宇陀川のほとりに設置されます。なお、有料観覧席は榛原駅からは徒歩でアクセス可能な範囲にあります。

有料観覧席は、イス席と180センチ四方の比較的広いスペースが使用できる「区画席」の2種類があります。また、弁当付きの座席なども発売されています。有料観覧席の詳細・申し込み(支払い)方法は 宇陀市はいばら花火大会公式サイト をご覧ください。

料金:イス席=前売券2500円・当日券3000円(2018年実績)

一般(無料)観覧場所について

観覧席については、花火を間近でご覧いただける有料観覧席の他にも、有料ではない一般(無料)観覧場所も用意されています。一般観覧場所は、交通規制で車両通行禁止となった県道31号線の一部となっており、サンクシティ榛原の近くにある榛原大橋から南の区間、宇陀水分神社前の交差点付近までが開放されます。また、近くには「榛原フレンドパーク」と呼ばれる芝生広場もあり、こちらでも無料で観覧することが可能です。

一般観覧場所の詳細についても 宇陀市はいばら花火大会公式サイト をご覧ください。

観覧席以外で見学する場合

宇陀市はいばら花火大会では、「観覧場所」が設けられていますが、もちろん観覧場所以外の場所から花火をご覧いただいても構いません。宇陀川沿いで打ち上げられる花火は、山で遮られない場所からであれば、榛原・宇陀エリアは農地などが多いため各地からご覧いただくことが出来ます。高いところでは、全体を見渡すことができる「鳥見山公園」や、低い花火以外はよく見える「宇陀松山城跡」などから撮影されるカメラマンの方もいらっしゃるようです。

屋台は「宇陀市役所」前などに

花火大会・夏祭りと言えば定番の存在として、にぎやかな「屋台(露店)」の存在が挙げられますが、宇陀市はいばら花火大会では、有料観覧席付近ではなく、近鉄榛原駅から観覧席・打ち上げ場所付近へのアクセスルート沿いにあたる「宇陀市役所」駐車場「三洋堂書店榛原店」駐車場の2か所に屋台(露店)コーナーが設けられています。

このうち宇陀市役所前については、いわゆるお祭りに出店する「露店」が多数立ち並ぶエリアとなっているほか、三洋堂書店榛原店の駐車場については、地域の方による屋台が出店する「まちづくりコーナー」となっており、雰囲気の違う屋台を楽しんで頂けるようになっています。

当日の交通アクセスについて

公共交通機関の利用を

花火大会は、奈良県内で行われるものとしては最大規模であり、毎年相当な混雑が発生します。マイカー利用の場合、後述するように交通規制が実施されるほか、酷い渋滞が発生する場合もありますので、基本的には近鉄電車や路線バスなどの「公共交通機関」をご利用ください。

電車によるアクセス

電車でアクセスする場合、最寄り駅は「近鉄榛原駅」となります。

近鉄榛原駅は、近鉄大阪線の上本町・大和八木・名張方面からの急行のほか、一部特急電車も停まる駅となっていますので、奈良県内・三重県内からのアクセス性は悪くありません。急行は約20分間隔で運行されており、花火大会当日については一部臨時電車も運行されます。

しかしながら、榛原駅は非常に大きな駅ではありませんので、特に花火大会終了後については、駅へ向かう人で周辺道路が溢れかえるほか、駅周辺や駅構内も含めて激しく混雑することもあります。

もっとも、相当な混雑はあっても「電車に乗れずに待ちぼうけになる」ようなことはありません。仮に混雑してもクルマでアクセスするよりはスムーズにアクセス出来ますので、電車を使ってアクセスすることをおすすめします。

榛原駅から会場付近までのルートは?

花火大会の有料観覧席・一般観覧場所・屋台(露店)エリアへは、いずれも近鉄榛原駅から徒歩でアクセスすることが可能です。

詳細は以下の地図をご覧ください。基本的に有料観覧席へは駅の近くにあるローソン付近からは一直線、また屋台・露店などもアクセスルートの周辺にありますので、わかりにくくはありません。

交通規制が実施されます

電車でアクセスする場合は関係ありませんが、マイカー利用の場合、花火大会の開催に合わせて周辺の道路が通行禁止になるなど交通規制が実施されます。交通規制により打ち上げ場所や観覧席・観覧場所付近、アクセスルート沿いはマイカーの乗り入れが出来なくなります。

なお、駐車場については1000円の有料駐車場が打ち上げ会場南側の少し離れた場所、また榛原駅北側などに設けられています。しかしながら、満車となったり渋滞する可能性が高くなっていますので、電車でアクセスする方がスムーズに移動可能でしょう。

また、無料駐車場としては宇陀市榛原総合体育館駐車場があり、満車になる可能性も非常に低くなっています。駐車場は会場とかなり離れており徒歩でアクセスするのが難しいため、運賃大人200円でシャトルバスが随時運行されています。どうしてもマイカーで訪れる場合、宇陀市榛原総合体育館駐車場への駐車+シャトルバス利用はお勧めと言えるでしょう。

まとめ

以上、奈良・宇陀市の夏を彩る「宇陀市はいばら花火大会」の日程や内容、見学場所・アクセスなどについて解説してきました。

宇陀市はいばら花火大会は、有料観覧席・一般観覧席・屋台コーナーなどが設置されている本格的な花火大会となっており、花火師の競技会も行われるなど見どころも多くなっています。アクセスは混雑するものの公共交通機関(近鉄電車)を使えば比較的スムーズにアクセス可能ですので、ぜひ近隣のみならず三重県内や大阪府内からも含め、花火を楽しみに訪れてみてはいかがでしょうか。