【近鉄】奈良「橿原」エリアへの交通アクセスのまとめ(大阪・京都・神戸などから)

この記事では、奈良県内では奈良市に継ぐ規模を持ち、藤原宮跡や橿原神宮といった有名観光スポットを多数有する「橿原市」への交通アクセス(主に電車)について、なるべく詳しく解説していきます。

橿原エリアへのアクセスの基本

基本的に近鉄電車

奈良県中部の拠点都市であり、奈良県内を代表する観光スポットも多数ある「橿原」エリア。各地から橿原エリアまでの交通アクセスは、基本的に「近鉄電車」を使うことになります。大阪からでも、京都からでも、神戸からでも、奈良市内からでも、和歌山からでも、途中まではJR線や阪神線などを使うケースもあるかもしれませんが、ほぼ100%最終的には「近鉄電車」でアクセスすることになります。とにかく「近鉄」を使う。これが橿原エリアへのアクセスの基本です。


関連記事:【早い・快適】奈良に行くなら近鉄特急。その乗り方・料金・本数は?【電車】

JR線はマイナーな存在です

近鉄電車を使うという事は、裏返せば「JR線」などは基本的に使わないということにもなります。橿原市内にはJR万葉まほろば線(桜井線)が通り、「畝傍駅」という駅も一応設けられていますが、本数は1時間おき、駅の利用者数は近鉄大和八木駅の40分の1程度と、JR線と近鉄線では利便性に極端に差があります。

JR線を使うな。という訳ではありませんが、橿原エリアへのアクセスでJR線が便利になるケースは非常に少ないため、使うことをおすすめする機会はない。というのが実情なのです。

2つの玄関口「大和八木」・「橿原神宮前」

橿原エリアへのアクセスでややこしい点。それは橿原市内の拠点駅・中心駅と言ってよい存在が近鉄電車の駅に2つあることです。

市内北側にあり、行政や商業の中心として栄えているのは「大和八木駅」。こちらは近鉄大阪線・橿原線が乗り入れており、大阪難波・上本町・鶴橋・京都・伊勢・名古屋方面からのアクセスに優れています。

また、市内南側にあり、橿原神宮など観光の拠点として栄えているのが「橿原神宮前駅」。こちらには近鉄南大阪線・吉野線・橿原線が乗り入れており、大阪阿部野橋(天王寺)・京都方面からのアクセスに優れた駅となっています。

大和八木駅と橿原神宮前駅は「近鉄橿原線」で5分少々の距離であり、それほど遠くありませんが、間違えると色々とややこしい事態になりかねませんので、どこの駅に行くのかをしっかりと把握した上で移動して頂く必要があります。

各地から橿原までの交通アクセス一覧

大阪から橿原へ

■大和八木駅へ

近鉄大阪難波駅、大阪上本町駅、鶴橋駅などから近鉄大阪線を利用します。乗る電車はいずれも20分おき程度に運行される特急・急行(一部快速急行)、所要時間は発駅により異なりますが特急で約25~30分、急行で約30分~40分程度となっています。なお、大阪難波駅発で急行をご利用の場合、まずは近鉄奈良線の電車に乗って頂いた上で大阪上本町駅・鶴橋駅で大阪線の急行に乗り換える必要があります。

・運賃は大阪難波駅~大和八木駅間で620円鶴橋駅~大和八木駅間で560円となっています。なお、特急をご利用の場合は別途特急料金510円が必要となります。

■橿原神宮前駅へ

近鉄大阪阿部野橋駅から近鉄南大阪線を利用します。行き先は基本的に「吉野」行きの特急・急行を利用することになり、所要時間は特急で約35分、急行で約40分程度となります。乗り換えなどは一切必要ありません。運転間隔は急行は30分おき、特急は30分~1時間おきとなっています。

・運賃は大阪阿部野橋駅~橿原神宮前駅間で620円となっています。特急をご利用の場合は別途特急料金510円が必要となります。

京都から橿原へ

■大和八木駅へ

近鉄京都駅から近鉄京都線・橿原線を利用します。乗る電車は「橿原神宮前」行きの特急・急行のみを利用し、特急であれば「大和西大寺駅」か「西ノ京駅」の次、急行であれば「田原本駅」の次で降ります。所要時間は特急で約50分、急行で約1時間5~10分程度となっています。

運賃は880円、特急利用の場合は別途特急料金900円が必要となります。

■橿原神宮前駅へ

・大和八木駅へ行くのと同様近鉄京都線・橿原線を利用します。京都駅から橿原神宮前行きの特急・急行にさえ乗れば、あとは終点で降りるのみです。所要時間は特急で約55分、急行で約1時間15分となっています。

運賃は880円、特急利用の場合は別途特急料金900円が必要となります。

神戸から橿原へ

■大和八木駅へ

阪神神戸三宮駅から阪神本線・なんば線を利用します。上本町駅か鶴橋駅で近鉄大阪線の特急・急行(一部快速急行)に乗り換えれば、その1回の乗り換えのみで大和八木駅にアクセスすることが出来ます。所要時間は約1時間20~30分程度となっており、途中で特急に乗り換えても時間面でのメリットはそれほどありません。

運賃は1030円、特急利用の場合は別途510円が必要になります。

■橿原神宮前駅へ

・橿原神宮前駅へは、2つのルートがあります。一つは阪神線経由で、奈良行きの快速急行を利用し、大和西大寺駅から近鉄橿原線に乗り換えて橿原神宮前駅へ行くルートがスムーズでお得なルートとなります。また、阪神線経由で途中「西九条駅」でJR線に乗り換えて天王寺駅にアクセスし、同じ場所にある大阪阿部野橋駅から近鉄南大阪線の特急・急行を利用するというルートも同様にスムーズでお得なルートとなります。所要時間はいずれも約1時間30分~50分となっており、出発時間次第で所要時間が変わるため、一概にどちらが早いとは言えません。また、近鉄大阪線経由のルートは乗り換えが増えるためにお勧めできません。

運賃はどちらのルートでも1100円となっています。なお、途中で特急を使う場合は特急料金が510円別途かかります。

奈良市内から橿原へ

・奈良市内からの場合、近鉄大和西大寺駅までアクセスして頂き、そこからは近鉄橿原線の橿原神宮前行き特急・急行を利用するというシンプルなルートとなります。大和西大寺駅から大和八木駅へ行く場合、急行は田原本駅の次、特急は大和西大寺駅もしくは西ノ京駅の次で降りて頂く形となります。また橿原神宮前駅の場合は終点まで行くという形となります。所要時間は近鉄奈良駅からの場合、乗り継ぎが良ければ特急利用で大和八木までは約30分少々、急行利用で約40分少々となります。橿原神宮前へ行く場合は八木駅へ行く時間に5分程度加えた時間となり、いずれにせよそれほど時間のかかるルートではありません。

運賃は近鉄奈良駅~大和八木駅間では440円、近鉄奈良駅~橿原神宮前駅では490となります。特急利用の場合はプラス510円が必要です。

和歌山から橿原へ

■大和八木駅へ

・和歌山からの場合、南海電車で南海なんば駅にアクセスし、そこから近鉄線の特急・急行(一部快速急行)を使うルートがおすすめです。近鉄線は特急の場合大阪難波駅から直通で大和八木駅へアクセスできますが、急行などの場合、一旦近鉄奈良線の電車をご利用頂き、途中の大阪上本町駅か鶴橋駅で大阪線に乗り換えて頂く必要があります。

運賃は南海和歌山市駅~大和八木駅間で1540円、所要時間は約1時間40分~2時間10分程度、南海線・近鉄線ともに特急料金は510円となっています。

■橿原神宮前駅へ

・大和八木駅へ行く場合と異なり、JR線の利用が便利です。JR阪和線で和歌山駅から天王寺駅までアクセスすれば、あとは隣接する近鉄大阪阿部野橋駅から吉野行きの特急、急行に乗れば橿原神宮前駅へダイレクトにアクセス出来ます。和歌山からの所要時間は時間帯にもよりますが、特急利用であれば約1時間40分程度、快速・急行の利用であれば約2時間~2時間20分程度となっています。特急はJR線のくろしお号が利用できても、近鉄南大阪線の特急には乗り継げないケース(急行が最速となる)が多いですので、必ずしも全区間の特急利用は前提としないほうがよいでしょう。

運賃はJR和歌山駅から橿原神宮前駅まで、運賃1480円となっています。JR線で特急くろしお号を使った場合別途自由席970円・指定席1490円の特急料金が、近鉄南大阪線の特急を利用した場合は別途510円の特急料金が掛かります。

関西空港から橿原へ

■大和八木駅へ

・関西空港からは、なんばで南海線と近鉄線を乗り継ぎアクセスするルート(近鉄線は特急の場合直通、急行などの場合上本町・鶴橋乗り継ぎ)が電車を利用する場合の基本ルートですが、時間を合わせることが出来る場合は1時間おきに運行のリムジンバスのご利用がおすすめです。リムジンバスは各ターミナルから大和八木駅まで直行しますので、乗り換えの手間もない快適なアクセス手段となっています。

・電車をご利用の場合の運賃は関西空港駅~大和八木駅間で1540円(特急利用の場合近鉄・南海線各プラス510円)、所要時間は約1時間30分~1時間50分となっています。

・リムジンバスをご利用の場合、運賃は関西空港~大和八木駅間で1950円、所要時間は約1時間15分なっています。

■橿原神宮前駅へ

・橿原神宮前駅へは、JR線経由で天王寺へアクセス、その後は大阪阿部野橋駅から橿原神宮前行き特急・急行のご利用が便利です。橿原神宮前へはリムジンバスは乗り入れていないので、電車のみがアクセスルートとなります。

JR関西空港駅から橿原神宮前駅間の運賃は1680円(特急利用の場合、JR線は自由席・指定席1170円、近鉄線は510円プラス)所要時間は約1時間30分~1時間45分となっています。

伊丹空港から橿原へ

■大和八木駅へ

・伊丹空港から大和八木駅へは、リムジンバスはないため電車によるアクセスのみとなります。ルートは大阪モノレールで大阪空港駅から隣の蛍池駅へ行き、そこから阪急線、梅田から地下鉄線、なんばから近鉄線を利用します(特急の場合直通・急行などの場合上本町・鶴橋乗り換え)。

・電車をご利用の場合の運賃は関西空港駅~大和八木駅間で1270円(近鉄特急利用の場合プラス510円)、所要時間は約1時間20分~1時間30分となっています。

■橿原神宮前駅へ

・伊丹空港から橿原神宮前駅へは、途中までは八木駅へ行くルートと変わりません。大阪モノレールで大阪空港から蛍池駅へ、阪急線で梅田、梅田から地下鉄御堂筋線。ここまでは変わりませんが、橿原神宮前へ行く場合はなんばではなく天王寺まで地下鉄を利用し、大阪阿部野橋駅から近鉄線を利用します

・電車をご利用の場合の運賃は大阪空港駅~橿原神宮前駅間で1270円(近鉄特急利用の場合プラス510円)、所要時間は約1時間30分~1時間40分となっています。

まとめ

以上、奈良県中部の拠点都市「橿原市」へのアクセス情報をまとめてきました。

簡単に言えば、近鉄「大和八木駅」方面へ行くのか、「橿原神宮前駅」方面へ行くのか。

この区別さえつけておけば、それほど複雑なアクセスルートではありません。

大阪方面から橿原までの近鉄線自体はかなり速く、スムーズな移動が可能となっていますので、そのメリットを活かすためにもあらかじめどちらの方面へ行くのかを把握した上で移動して頂ければと思います。


関連記事:橿原神宮の初詣ガイド(参拝時間・混雑状況・アクセスなど)

関連記事:神武祭とは?イベントの日程・内容・アクセス情報などを解説