【JR・南海】奈良「五條」エリアへの交通アクセスのまとめ(大阪・京都・奈良・和歌山などから)

奈良の奥座敷の一つ「五條」エリア。市街地には「五條新町」と呼ばれる歴史的な町並みや賀名生梅林などの観光地が多数あり、「奥大和」の玄関口の一つとして広く知られた存在にもなっています。この記事ではそんな「五條」エリアへの交通アクセスについて、主に電車(公共交通機関)によるアクセスについて京阪神周辺の各地からのアクセスルート・運賃・所要時間などをじっくりと解説していきます。

アクセスの基本

五條エリアへのアクセスの基本。それは「JR線」を使うということ。

奈良県内のほとんどのエリアは「近鉄電車」を基本とした交通アクセスが一般的ですが、五條市については近鉄電車が走っておらず、公共交通機関でアクセスする場合、途中までは近鉄電車・南海電車などを使うこともありますが、基本的には距離に関わらずJR線を必ず利用することになります。

拠点駅はJR和歌山線の「JR五条駅」となっており、五條市内各地へ路線バスを利用する場合にも、五条駅を起点とすることになります。なお、五条駅を発着するJR線の本数は日中1時間おき程度となっており本数は少ないですが、近鉄線や南海線との乗り継ぎはそれほど不便ではありません。

近年は「京奈和自動車道」の開通で道路アクセスの利便性も大幅に高くなりましたが、いわゆる「高速バス」の類は夜行バスの東京行きを除き一切走っておらず、京阪神周辺からのアクセスは電車一択となっています。

各エリアから五條市へのアクセス情報

大阪方面からのアクセス

大阪方面からの場合、JR線のみを乗り継いでアクセスすることも出来ますが、便利なルートとしては「南海電車」とJR線を乗り継ぐというルートがあります。

南海電車は南海難波駅や新今宮駅・天下茶屋駅から「高野線」を利用します。高野線の特急・快速急行や急行電車を利用して「橋本駅」までアクセスし、橋本駅からはJR線に乗り換えます。橋本駅からは奈良行きや高田・王寺・五条行きに乗車すると、それほどの時間もかからない間に五条駅に到着します。

運賃は南海線とJR線を乗り継ぐほうが安くなり、所要時間も南海+JRのほうが短くなります。

所要時間:南海難波駅~橋本駅~五条駅間で1時間20分程度

運賃:南海線690円・JR線210円の合計900円 ※南海線の特急をご利用の場合は追加料金510円となります。

京都方面からのアクセス

京都方面からの場合、JR線のみのルートや大阪経由のルートなども含め様々なルートがありますが、おすすめのルートは近鉄電車とJR線を乗り継ぐルートとなっています。

近鉄線は近鉄京都駅や竹田駅・丹波橋駅からご乗車頂き、橿原神宮前行きの急行や特急電車を利用します。橿原神宮前駅からは吉野行きの急行や特急電車に乗り継ぎ、途中「吉野口駅」からJR和歌山線に乗り継ぎます。和歌山線の和歌山行き、五条行きに乗り継いで頂けばすぐに五条駅へと到着します。

運賃はJR線のみと比較すると近鉄線経由は大幅にお得となっており、所要時間も近鉄+JR線のルートが最も短くなっています。

所要時間:近鉄京都駅~橿原神宮前駅~吉野口駅~五条駅で約1時間45分~2時間15分程度

運賃:近鉄線1030円・JR線240円の合計1270円(近鉄特急をご利用の場合はご利用区間に応じて追加料金がかかります)

神戸方面からのアクセス

神戸方面からの場合、阪神線で神戸三宮駅などから大阪難波駅までアクセスし、そこからは南海高野線・JR線経由でアクセスするルートが便利です。

阪神・南海・JR線を乗り継ぐルートは一見面倒に感じられますが、JR線のみ、または阪神線+JR線(西九条駅乗り換え)というルートと比較すると運賃がかなりお得になっています。

所要時間:約2時間20分~40分程度

運賃:1310円

奈良市方面からのアクセス

奈良市からは、料金・所要時間の面では近鉄奈良駅や大和西大寺駅などから近鉄線経由で、吉野口駅からはJR線のご利用というルートが便利です。奈良市中心部からのアクセスで、乗り換えをしたくない場合はJR線のみの利用もおすすめとなっています。昼間時はJR奈良駅からJR桜井線(万葉まほろば線)経由の和歌山行きが運行されており、五条駅まで乗り換えなしでアクセス可能となっています。

所要時間:近鉄+JR・JR線のみの場合ともに約1時間30分

運賃:880円(近鉄・JR線利用)・970円(JR線のみ)

和歌山方面からのアクセス

和歌山方面からは、基本的にJR和歌山線の利用一択となります。便利な京奈和自動車道なども開業しつつも、高速バスなどの類は一切ありませんので、鉄道のみが唯一の公共交通機関によるアクセス手段と言える状況です。なお、和歌山駅からの運行本数は昼間時で約1時間おきとなっていますので、運行時刻をよくご確認の上ご利用ください。

所要時間:約1時間30分程度

運賃:970円

関西空港からのアクセス

関西空港からの場合、五條市へのアクセスは少しややこしいルートになります。シンプルなルートはJR線で関西空港駅から和歌山経由で五條へ行くルートですが、運賃が高い上に最速ルートでない場合が多いため、それほどお勧めできません。

最安で所要時間も短めのルートとしておすすめなのが、南海線で関西空港駅から天下茶屋駅までアクセスし、そこから南海高野線に乗り換えて橋本駅まで行き、橋本駅からJR線で五条駅まで移動するというルートです。地図上で見るとかなり遠回りにも見えますが、そもそも直線距離に近い鉄道のルートがないため、南海線で一度大阪市内に出て頂くこのルートが結局は効率的なルートになります。なお、所要時間が2時間を切ることはありません。

所要時間:約2時間15分~2時間45分程度

運賃:1440円

伊丹空港からのアクセス

伊丹空港からの場合、基本的には大阪モノレール大阪空港駅から阪急蛍池駅へアクセスし、そこから阪急線で大阪梅田へ、梅田からは地下鉄御堂筋線でなんばへ、なんばからは南海高野線で橋本へ、そして橋本からはJR線というルートとなります。乗り換えは計4回となりますが、電車の場合これ以上安くてスムーズなルートはありません。また、乗り換えが億劫ならば、リムジンバスでなんばまで行くという選択肢もありますが、バスの場合「渋滞」の可能性などがありますので、時間に余裕を持つ必要があります。

所要時間(電車):約2時間10分~2時間50分程度

運賃(電車):1550円

※なんばまでリムジンバスでアクセスする場合も渋滞がない場合はほぼ同等の所要時間、運賃になっています。

五條市内のバス・タクシーについて

五條市内には、「賀名生梅林」や「五條新町」をはじめとする観光スポットがあります。五条駅からの交通アクセス(二次交通)は送迎バスがある施設などを除いては徒歩圏内以外は基本的に奈良交通の路線バスかタクシーをご利用頂く形となります。

バス乗り場は、もちろん「JR五条駅」のバス乗り場がアクセスの拠点ではあるのですが、この他にも「五條バスセンター」と呼ばれる待合室付のターミナルがあり、葛城古道沿いからのアクセスの場合などはそちらを利用することも出来ます。

「五條新町」まで

・歴史的な町並みが魅力の五條新町エリアは、「五条駅」及び隣のJR和歌山線「大和二見駅」から徒歩や自転車利用でアクセスできる距離となっています。五條新町エリアは比較的広く、アクセスする場所にもよりますが五条駅からは南西に徒歩10分程度、大和二見駅からも北東に徒歩10分程度でアクセス可能となっています。

「賀名生梅林」まで

・奈良の三大梅林の一つとして名高い「賀名生梅林(あのうばいりん)」へは、五条駅から約1~2時間に1本程度運行される奈良交通の路線バスを利用したアクセスが便利です。バスは「新宮駅」・「十津川温泉」・「城戸」行きのいずれかを利用します。最寄りバス停は「賀名生和田北口」バス停、バスの所要時間は約20分程度、運賃は片道400円となっています。

まとめ

以上、奈良県南部の玄関口のひとつ「五條」エリアへの交通アクセスについてまとめてきました。基本的にはJR五条駅を利用する形で、五条駅まではJR線を利用、また近鉄線や南海線などを乗り継ぐというアクセスルートとなっており、市内の移動もJR五条駅からバスや徒歩というシンプルな形となっています。

JR線の本数はやや少なめですが、京阪神から極端に遠い場所ではありませんので、ぜひ電車で五條エリアに訪れてみてはいかがでしょうか。