【オフシーズン】奈良の「2月」はどんな感じ?行事イベント・混雑・天候など

この記事では、奈良観光を検討されている方向けに、最大のオフシーズンである「2月」という時期に絞った情報を解説していきます。

2月は奈良を訪れる観光客が一番少なくなる時期であり、寒さも厳しい時期となります。京都は意外にも「冬の観光」が活発ですが、奈良では全くそのような気配はありません。

そんな時期に「奈良に行く」必要があるのか。寒さや「雪」の心配はないのか。そもそも2月にはどんな行事、イベントがあるのか…。そのような疑問点にお答えしていきます。

最大のオフシーズン「2月」

奈良は、昔ほどではありませんが、季節により訪れる観光客数が大幅に異なります。

多いのは春や秋。少ないのは冬、とりわけ2月は最大のオフシーズンです。近年は、大仏殿や春日大社という有名観光スポットに限れば、年間を通してそれなりの人が訪れるようになっていますが、有名観光スポットでも小規模なお寺や神社であれば、ほぼ2月の平日などは「貸切状態」になることもあるほどです。

「アクセス」という点から見ても、電車やバスの混雑も1年では最も少ない時期となり、駐車場も停めやすくなります。

「奈良に初めて来た」という人からすれば、2月に来てしまうと「なんて静かなところだろう」と思ってしまうかもしれませんが、リピーターの方で「静かな奈良」を求めてくる方にとっては、じっくりと「見たいものが見れる」という最高のシーズンでもあるのです。

人混みを避けたいのであれば、「大規模な行事・イベントが行われていない2月の平日」に奈良を訪れる、これ以上の混雑回避策はありません。

2月に行われる主な行事・イベントについて

オフシーズンである2月の奈良ですが、行事・イベントが全くない訳ではありません。基本的には静かで人が少ない2月の奈良ですが、以下でご紹介する行事・イベントの開催時には開催される場所ではそれなりの混雑が見られます。

各寺社の「節分行事」

2月の奈良を代表する「伝統行事」と言えば、やはり「節分」に合わせて行われる各寺社の節分行事(儀式)が挙げられます。数多くのお寺で「豆まき」などの行事が行われ、とりわけ興福寺の「鬼追い式(追儺会)」は、奈良の伝統行事の中では最も激しい動きを見せる「鬼のパフォーマンス」をご覧いただけるようになっています。

【豆まき】奈良市内の寺社で行われる「節分行事」一覧【冬の観光】

しあわせ回廊「なら瑠璃絵」

冬の奈良で行われる「イルミネーション」イベントとしては、毎年2月8日~14日の1週間に行われる「なら瑠璃絵」があります。夏の燈花会とはまた違った瑠璃色の光が織りなすイルミネーションは、凍える寒さの夜間であるにも関わらず人気を呼ぶイベントとなっています。

【イルミネーション】奈良の冬を彩るイベント「なら瑠璃絵」の内容・日程・会場などのまとめ

珠光茶会

毎年2月10日前後に開催される「珠光茶会」。こちらは茶道の開祖とされる「村田珠光」にちなみ行われるものとなっています。「茶会」ということで、参加費が掛かる上に事前申し込みが必要ではありますが、有名寺社を会場として茶席が設けられるという貴重なイベントとなっています。

【奈良】有名寺社などでお茶を頂ける「珠光茶会」の申込方法・日程・会場まとめ

鹿寄せ

2月中旬ごろから行われる「鹿寄せ」では毎朝10時に飛火野でホルンが鳴らされ、音を聞いた鹿たちが駆け寄る光景をご覧いただけます。

菅原天満宮盆梅展

2月10日頃から3月上旬頃まで、色とりどりの梅で知られる菅原天満宮で盆梅の展示が行われます。※観梅料:500円

興福寺「涅槃会」

毎年2月15日に実施される興福寺の「涅槃会」は、お釈迦様の命日にあたっての法要であり、法要以外に「雅楽の披露」・「甘酒のふるまい」も実施されます。

奈良の「寒さ」・「雪」について

2月に奈良を訪れる際に、意外と心配されることが多いのが「天候」の問題です。奈良は寒いところというイメージがあり、確かに近畿地方の県庁所在地では一番気温が低いため、「雪」が降るのではないかと心配される方も頻繁にいらっしゃいます。

しかし、結論から言えば、あまり雪は降りません。

確かに年1回ほどわずかに雪化粧したり、数年に1回~10年に1回ほど10センチ以上の積雪となることがありますが、奈良で「積雪」に出くわす確率は、東京で雪が積もる確率と同じくらい低いですので、天気予報さえチェックしていれば、問題になるようなことはまずありません。

但し、「クルマ」で奈良に訪れる場合、奈良市でも市街地から離れた山間部を通る「名阪国道」などを利用される方もいらっしゃいます。名阪国道沿いは奈良市街地と比べて気温が5度近く低いので、この場合は頻繁に積雪・路面凍結が発生します。クルマで訪れる場合で山間部を通る場合は道路状況に十分ご注意ください。

まとめ

以上、非常に簡単ではありますが奈良の「2月」についてまとめてきました。

ざっくりと言えば、奈良の2月は節分行事・なら瑠璃絵といった大きな行事・イベントが開催される際を除き、人が少ない静かな風情を味わえる。これに尽きます。

ぜひ、冬の寒さに負けず冬の奈良を訪れて、混雑時には味わえない「自分なり」の観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。