都祁水分神社

【都祁水分神社】都祁エリア最大の神社は飛鳥時代の創建とも

ごあんない

都祁水分神社(つげみくまりじんじゃ)は、大和高原に広がる奈良市都祁地域にある神社で、一帯では最大規模・最も有名な神社となっています。

式内社として記録されており、創建は飛鳥時代とも伝わるなど歴史は非常に古い神社は、創建当初は現在の場所ではなく、南に離れた現在の「都祁山口神社」のある場所にあったとされており、山口神社の裏山にある巨石(ごしゃおの神石)は「水分神」が白龍の姿で降り立った聖なる場所であると考えられています。

現在の場所に神社が移転したのは平安時代の972年(天禄3年)のことであり、「興福寺喜多院二階堂」の荘園が開発され、農業に関わる形の信仰が深まっていく中で山の中にあった神社は田園が広がる荘園の中へと移転することになりました。

なお、周辺一帯は鎌倉時代には同じ興福寺の中でも「大乗院」の領地になったという歴史を持っており、現在の本殿の社殿建築はその大乗院領であった時代、室町時代の1499年(明応8年)に建立された歴史ある存在となっています。江戸時代以降も農耕の神様として現在に至るまで深い信仰を集めており、祭礼は「春日若宮おん祭」をモデルにした盛大な行列が行われた歴史を持ち、現在も例祭と同じ時期に行われる秋季大祭(奉祝祭)において元々の境内地である都祁山口神社へと「お帰り」する形で祭事が行われています。この他、境内は奈良時代に聖武天皇が行幸の際に宿泊された「堀越頓宮」の伝承地でもあり、伊勢齋王が宿泊された「都介頓宮」の跡とも伝わっています。

神社のご祭神は速秋津彦神(はやあきつひこのかみ)・天水分神(あめのみくまりのかみ)・国水分神(くにのみくまりのかみ)。水に深く関わる神様であるため、農業を主産業とする都祁エリアにおいて大変深い信仰を集め続けています。

都祁水分神社の風景

鳥居

田園風景の中に島のように浮かぶ広大な社叢(鎮守の森)を持つ都祁水分神社。神社は奈良市内の神社でも有数の規模の「参道」も伸びており、農耕の神様としての深い歴史を感じさせます。

拝殿・本殿周辺

重要文化財に指定されている本殿周辺には拝殿のほか「舞殿(能舞台)」などもあります。なお、複数の境内社については本殿の左右に鎮座しています。

拝殿の南側には立派なご神木もあります。

その他

駐車スペースの近くには宝物殿があり、奈良県指定文化財の神輿などが収蔵されています。

社殿などのある場所から北に少し離れた場所には「山辺の御井」と呼ばれる小さな泉があり、万葉集に詠まれた地とされることから水辺には万葉歌碑が設けられています。

アクセス

奈良交通バス

・近鉄榛原駅(北口)から「針インター」行き乗車、「並松」バス停下車、北東に徒歩6分

※車で参拝される場合、駐車場スペースは鳥居の左側の非常に細い道を進んだ先、舗装道路と未舗装の道への分岐を右(未舗装側)に進んですぐの場所にあります。かなり細い道ですので、軽自動車・コンパクトカー以外で通ることは余りおすすめできません。

周辺地図