【歌姫瓦窯跡】県境に位置する「平城宮」で使用された屋根瓦の製造拠点の一つ

ごあんない

歌姫瓦窯跡は、奈良県と京都府の府県境沿い、訪れる人は少ない郊外の静かな空間に位置する遺跡です。

発掘調査の結果6つの平窯の存在が確認されているこの瓦窯跡では、奈良時代に平城宮で使用されてきた瓦を製造していたとされており、平城京の歴史を伝える重要な窯跡の一つですが、残念ながら復元整備はなされておらず案内看板のみとなっています。

なお、歌姫瓦窯跡を含めて一帯には「奈良山瓦窯跡」と呼ばれる複数の瓦窯跡があり、隣接する木津川市内も含めて計8か所確認されています。

【押熊瓦窯跡】一部が復元された瓦窯はニュータウンの一角に

アクセス

JR平城山駅から北東に徒歩約8分

奈良交通バス

・近鉄奈良駅から「州見台八丁目」行き乗車、「州見台八丁目北」下車、南西に徒歩約15分
・高の原駅から「梅美台三丁目」・「木津駅(東口)」行き乗車、「州見台八丁目北」下車、南西に徒歩約15分

歌姫瓦窯跡周辺地図