柳生一族の墓

【柳生一族の墓】柳生家厳・柳生宗矩などの剣豪が眠る空間

観光のご案内

柳生一族の墓は、剣豪の里「柳生」エリアを代表する寺院である「芳徳寺」境内に設けられている、柳生藩主及び徳川家の剣術指南役を務めた歴代「柳生一族」当主らの墓所です。

墓所は柳生新陰流の開祖である柳生宗厳(石舟斎)の墓所、初代柳生藩主柳生宗矩の墓所、隻眼の剣豪との伝承も残される二代柳生三厳(十兵衛)の墓所が目立つ存在となっているほか、歴代当主らの墓所がずらりと並んでおり、「近世の歴史」の色彩が比較的薄い奈良市内では珍しい風景が広がっています。

墓所であるため、「観光スポット」と呼べる存在ではないかもしれませんが、柳生一族の積み重ねた歴史を実感できる空間となっていますので、お寺に参拝する際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【芳徳寺】柳生一族の墓所もある「柳生家の菩提寺」

墓所は、芳徳寺の境内西側の山道を進み、歴代住職の墓所を通り過ぎてから更に進んだ先にあります。

次項では、交通アクセスについてご案内致します。

アクセス(電車・バス)

奈良交通バス

・JR、近鉄奈良駅から「柳生」「邑地中村」「石打」行き乗車、「柳生」下車、南東に徒歩15分

※柳生バス停を下車後、近くの国道(369号)沿いを南下していき、途中の市営駐車場付近から脇道を少し進むと墓所のある芳徳寺へとのぼる坂道があります。

※車で訪れる場合は柳生観光駐車場をご利用ください(駐車場から墓所のある芳徳寺まで北東に徒歩約5分)

柳生一族の墓周辺地図