【円成寺鎮守社春日堂・白山堂】国宝に指定されている日本最古の「春日造」社殿

円成寺鎮守社春日堂・白山堂 観光スポット・みどころ

観光のご案内

奈良、柳生街道沿いの円成寺境内の東側、本堂に隣接する位置にはお寺の「鎮守社」として「春日堂」・「白山堂」と呼ばれる神社が設けられています。

この神社は、鎌倉時代の安貞2年(1228年)にそれまでの春日大社本殿を造替する際に、当時の神主である藤原時定卿により円成寺に寄進されたものとなっており、以後複数回の修理を経ているものの、基本的には当時の姿のまま残されています。春日大社の本殿は近代に入る頃までは頻繁に造替され、かつての社殿は移築されたものを除いては残されていないため、この円成寺の鎮守社の社殿が「春日造」の社殿建築としては現存する最古のものとなっており、知名度はそれほど高くないものの社殿及び修理の棟札が国宝に指定されています。

なお、ご祭神としては春日堂には春日大明神を、白山堂には白山大権現をお祀りしています。

※円成寺の拝観には拝観料が必要です。
※アクセス方法などは、以下の記事をご確認下さい。

周辺地図