【春日大社大宿所】商店街の一角に広がる空間は「春日若宮おん祭」のスタート地点

ごあんない

春日若宮おん祭の初日は「大宿所」が舞台に

春日大社「大宿所(おおしゅくしょ)」は、近鉄奈良駅の南側、「餅飯殿商店街」の中に位置し、「春日若宮おん祭」において「大宿所祭(おおしゅくしょさい)」と呼ばれる行事などがとり行われる参籠所となっています。春日若宮おん祭は、主要な儀式・行事は12月15日から開始されますが、その初日、12月15日は基本的に大宿所のみが会場となる形で「大宿所詣」・「御湯立(みゆたて)」・「 大宿所祭」と呼ばれる一連の儀式が行われます。

大宿所詣

「おん祭」の幕開けとも言える儀式である大宿所詣(おおしゅくしょもうで)は、15日午後1時より地元商店街の方々や巫女さんがJR奈良駅付近から三条通り界隈を通りこの大宿所まで行列を行うというものであり、おん祭最大のみどころとも言える「お渡り式」の行列と比較すると規模は小さいものの、おん祭の季節が訪れたことを感じさせる立派な行列となっています。

御湯立

御湯立(みゆたて)と呼ばれる儀式は、巫女の方が左右左(さようさ)との祝詞をあげながら笹の葉でお湯(大釜にお酒やお米を入れて沸かしたもの)を降り注いで参列者の身を清めるという儀式であり、当日は大宿所詣の到着後計3回行われます。まず午後2時半からは大宿所詣行列の参列者に、午後4時半からはおん祭の神事において重要な役割を果たす「大和士(やまとざむらい)」に、午後6時からは一般参拝者(どなたでも参加可能です)のために実施されます。なお、近くでは奈良の郷土料理「のっぺ汁」の振る舞いも行われ、体を温めて頂けるようにもなっています。

大宿所祭

大宿所祭は、当日午後5時から行われるおん祭を無事に執り行うことを祈願する神事であり、大宿所の建物の中で神楽の奉納などの儀式がとり行われます。一般の参列者は建物の外から内部の様子をご覧いただけます。

【奈良】「春日若宮おん祭」の概要と儀式の流れ・日程まとめ


※この「大宿所」は、おん祭期間、12月15日の主要行事開催時以外は、基本的に大勢の観光客が訪れることはありません。何も行われていない時期は、比較的真新しい大宿所の建物の外観とそばにある「大福稲荷神社」の姿のみがご覧いただけるようになっており、観光スポットとして認知されている状況にはありません。

アクセス

各駅からのアクセス

近鉄奈良駅から南に徒歩9分

JR奈良駅から東に徒歩13分

近隣スポット

周辺は「餅飯殿商店街」界隈・南市恵比須神社から南西に徒歩2分・率川地蔵尊から南西に徒歩3分・猿沢池から南西に徒歩3分・住吉神社から北西に徒歩4分

春日大社大宿所周辺地図