穴栗神社(春日大社)

【穴栗神社(春日大社)】「幸運の神様」は奈良市内南部の同名の神社ゆかり

観光のご案内

穴栗神社は、春日大社本殿のすぐ南側に鎮座する境内末社の一つであり、隣には井栗神社と辛榊神社が並んでいます。ご祭神としては「穴次大神」(あなつぎのおおかみ)を祀っており、「幸運をもたらしてくださる」神様として知られています。

なお、例祭は周囲に並ぶ井栗神社、辛榊神社、青榊神社ととも5月25日ですが、この「穴栗神社」も含めいずれの神社もそのルーツを奈良市内南部(横井地区)の「穴栗神社」に有するとも考えられており、横井地区の穴栗神社から「井栗・穴栗」の神様が分霊されたとの記録も残されているようです。なお、横井地区の「穴栗社」の御祭神は「高皇産霊尊」(たかみむすびのみこと)であり、春日大社の穴栗神社の御祭神とは現在は異なるものとなっています。

【井栗神社(春日大社)】本殿近くに祀られる「安産の神様」

【辛榊神社(春日大社)】本殿近くの「交渉事」の神様

【青榊神社(春日大社)】本殿のすぐ近くにある「争い事」を解決に導いて下さる神様

次項では、交通アクセスについてご案内致します。

アクセス(電車・バス)

※春日大社本殿参拝受付から本殿方向へ進み始めるとすぐ東側にある神社となっています。

※春日大社本殿一帯の拝観には500円の特別参拝料をお支払い頂く必要があります。また拝観不可の期日も比較的多いですので以下の記事であらかじめご確認の上ご訪問ください。

【春日大社】原始林を含む広大な境内地を有する「世界遺産」は「藤原氏」ゆかりの神社

奈良交通バス「春日大社本殿」バス停・ぐるっとバス(通年運行)大宮通りルート「春日大社」バス停(いずれも同じ位置)から東に徒歩5分

穴栗神社周辺地図