春日大社南回廊

【春日大社回廊】本殿一帯を取り囲む建物には美しい燈籠がずらりと並ぶ

ごあんない

長細い美麗な建築は平安時代の創建

春日大社「回廊」は、春日大社の「本殿」一帯を北側の一部を除き全体を取り囲むように四方に伸びる長細い建物です。

朱塗りの外観が非常に美しい回廊の建物は、平安時代末の治承3年(1179)の創建、重要文化財に指定されている歴史ある建物であり、「西回廊」は長さは約57メートルで途中「慶賀門」・「清浄門」・「内侍門」と呼ばれる門を有し、「南回廊」は長さは約21メートルで大勢の観光客が通り抜ける南門を中央部に有し、「東回廊」は長さは約37メートルでその中央には「影向門」と呼ばれる小さな門を有しています。また目立ちにくい存在ですが、「北回廊」も長さは約27メートルあり、こちらについては本殿の裏手で途切れる形となっているため、回廊は完全は四角形にはなっていません。

「燈籠」の美しさは圧巻です

「回廊」はその建築の美しさのみならず、様々な時代に寄進された「釣燈籠」が約1000基も吊り下げられている風景も大きなみどころとなっており、現代のみならず室町時代や江戸時代などのものも含め様々な燈籠の美しさを味わって頂けるようになっています。

また、毎年節分の日、そして8月14日・15日にはそれぞれ「節分万燈籠」・「中元万燈籠」と呼ばれる行事が行われ燈籠が「点灯」され、通常時夜間は拝観不可能な春日大社本殿周辺において、美しい燈籠の光で包まれる幻想的な風景をご覧いただけるようになっています。なお、通常時にも「ミニ万燈籠」とも言える空間として北回廊付近の「藤浪之屋」において燈籠のほのかな光が織りなす風景をご覧いただけるようになっています。

参拝料金が必要なエリアと無料拝観可能なエリアに分かれています

通常時の春日大社は、「本殿」参拝時のみ料金が必要になっていますが、回廊のうち「東回廊」・「北回廊」一帯はこの料金をお支払い頂かないとアクセス出来ないようになっています。また、「西回廊」と「南回廊」一帯は料金などは不要で自由に拝観して頂けるようになっています。なお、「万燈籠」開催時については順路の設定などもあり、見学・拝観の方法は変わってきますのでご留意ください。

本殿参拝時間について

回廊一帯の開門時間:夏期(4月~9月)6時~18時・冬期(10月~3月)6時30分~17時

本殿の参拝時間:9時~16時

※本殿参拝について

・毎年3月8日頃~3月13日、12月20日~1月7日、成人の日は儀式等により終日拝観不可となっています。。
・毎月1日、11日、21日、毎年2月節分の日、2月17日、3月14日、3月15日、3月春分の日、4月3日、5月第3金曜日、5月5日、5月10日、8月7日、8月15日、9月秋分の日、10月9日、11月3日、11月23日、12月17日の午前中は儀式等により拝観不可となっています。
※午前中が拝観不可の場合でも、祭事の進行状況により拝観可能時間が前後する可能性もあります。
※この他の日程についても、臨時に拝観が不可となる場合もあります。

【奈良】春日大社「節分・中元万燈籠」の日程・内容・アクセス情報など【年中行事】

春日大社回廊の風景

西回廊・南回廊

春日大社回廊

西回廊、南回廊一帯は料金不要ということもあり、日中は写真撮影を行う外国人観光客で賑わいを見せることもあるエリアとなっています。朱塗りの柱がずらりと並ぶ風景は実に美しく、春日大社という存在の大きさ、古くからの分厚い信仰の歴史を実感できるようなスケールを生み出しています。

東回廊・北回廊

春日大社東回廊

東回廊一帯は数多くの釣り燈籠が設けられており、真新しいものは金色に光り輝く一方、古い灯籠は味わい深い青緑色となっており、そのコントラストが目立つ風景となっています。

春日大社北回廊

北回廊は目立たない存在ですが、「万燈籠再現『藤浪之屋』」と呼ばれる施設の中で、暗がりに浮かび上がる燈籠のほのかな光をいつでも体験して頂けるようになっています。

https://narakanko-enjoy.com/?p=20582

回廊沿いの門について

南門

春日大社の南門は、南回廊の中央部にある高さ12メートルほどの大きな門で、現在の春日大社の「正門」として機能しています。

【春日大社南門】参道の終点にある春日大社の「正門」は常に大勢の観光客でにぎわいを見せる

慶賀門

慶賀門は、西回廊の南側に位置する門で、御蓋山を正面に望む門としてかつては正式な春日大社への参入門として機能していた歴史を持っています。

【春日大社慶賀門】春日大社への正式な「参入門」として用いられてきた由緒ある門

清浄門

清浄門は、西回廊の中央部にある門であり、かつては「僧正門」と呼ばれ、興福寺の僧侶らが春日大社に入る際に使用していた門となっています。

【春日大社清浄門】興福寺の僧侶らが春日大社参拝に使用した門

内侍門

西回廊の北側にある内侍門は巫女などが使用する通用門となっていた門ですが、御蓋山の風景などを背景に写真撮影がしやすい場所となっています。

【春日大社内侍門】かつての斎女・内侍の通用門は絶好の写真撮影スポット

影向門

影向門は、東回廊に設けられた小さな出入り口のような門であり、この門を通ってとりわけ神聖な雰囲気が漂う「御蓋山浮雲峰遙拝所」へ向かうことが出来ます。

アクセス

※南回廊沿いの「南門」までのアクセス

奈良交通バス「春日大社本殿」バス停ぐるっとバス(土日祝日・観光シーズンのみ運行)「春日大社」バス停(いずれも同じ位置)から南東に徒歩4分

・無料で見学・拝観可能な回廊は「西回廊」と「南回廊」となっています。

・「東回廊(影向門)」と「北回廊」については「本殿」の特別参拝料金(500円)をお支払い頂いた上で見学・拝観可能となっています。

春日大社回廊周辺地図

※本殿一帯の四方を囲むようになっている建物が「回廊」となっています。