【東大寺西塔跡】世界的観光地の真横に広がる圧倒的な「静寂」

ごあんない

東大寺西塔跡は、東大寺境内の西側、大仏殿や戒壇堂からも比較的近い位置にある遺跡です。かつて東大寺に存在した東西2つの巨大な塔のうち「西塔」の跡地の現在はシダに覆われたり「森」のような風情を漂わせていたりと「遺跡」として立ち入ることが出来る環境ではありませんが、現在も土檀が残されており、少し丘のように膨らんだ場所がその目印となっています。

東大寺西塔は奈良時代に創建され、平安時代中期の承平4年(934年)には落雷に伴う火災で一度焼失し、その後再建が試みられますが長保元年(1000年)に「再建途中」で不幸にも再度焼失してしまい、その後は再建されることは一切なかったという歴史を持ち、もう少し後世まで残されていたとされる「東塔」と比べて短命の塔となっています。塔の高さは70メートルとも、また100メートルとも言われるなど、東塔並みに巨大な塔であったとされており、現在存在する奈良県内のあらゆる建築物よりも高い建物であったと考えられています。ちなみに今後は「東塔」で行われている「再建」を前提とした発掘調査のみならず、西塔でも本格的な発掘調査が行われる予定となっています。

なお、西塔跡周辺は観光客の動線に近いにも関わらず、東大寺境内地で最も人通りが少ない非常に静かな空間となっています。シダに覆われる独特の風景が広がるエリアは、いわゆるメジャーな「観光」目的で訪れるような場所ではありませんし、小道を外れた遺跡の上は必ずしも立ち入るべきエリアとは言えませんが、東大寺境内地にしては珍しい静かさとどこか不思議な雰囲気を感じられるエリアですので、大仏殿などの参拝の折には帰路などに少し違う雰囲気を味わうために西塔跡周辺を通ってみるとよいかもしれません。

なお、西塔跡に隣接して「一乗院宮墓地」も設けられています。

【一乗院宮墓地】東大寺大仏殿の近くにある皇族の墓地

東大寺西塔跡の風景