大和文華館の建物

【大和文華館】複数の国宝も含む「東洋古美術の宝庫」は庭園の風景も美しい

ごあんない

日本有数の「東洋美術」の美術館

大和文華館(やまとぶんかかん)は、奈良市西部、近鉄奈良線「学園前駅」と「菖蒲池駅」の間に広がる高級住宅街の一角に設けられた東洋古美術を専門とする美術館です。

この施設は近鉄電車を走らせる「近畿日本鉄道」が昭和35年(1960年)にその創立50周年を記念して開館したものであり、現在に至るまで近鉄グループの文化事業を象徴する存在として知られる存在となっています。

収蔵品は民間の美術館としては異例とも言えるほど貴重な美術品を多数所蔵することで知られており、日本・中国・朝鮮半島の絵画・書蹟・彫刻・陶磁・漆工・金工・染織・ガラス細工などを約2000点、美麗なものを満遍なくコレクションとして集めています。このうち国宝は王朝物語「夜半の寝覚」を描いた平安時代の「寝覚物語絵巻」や等身大サイズに近いスケールで描かれた江戸時代の「婦女遊楽図屏風」など4件、重要文化財は31件、重要美術品は14件となっており、奈良県立美術館などと比較すると文化財クラスの所蔵品は大和文華館の方が多いことで知られており、奈良を代表する美術品の宝庫として奈良国立博物館に次ぐような存在となっています。

「近代建築」と「四季折々の自然」もみどころです

なお、美術品の豊富さのみならず、日本芸術院会員の吉田五十八氏により約60年前に建設された「なまこ壁」の外観をを基調とした大和文華館の「建築」そのものも近代建築の保存を図る団体DOCOMOMO JAPANにより日本の近代建築を代表する存在として指定されているほか、建物の周辺に広がる庭園(文華園)は春の梅、ツバキから夏のアジサイ、秋の紅葉など四季折々の美しい風景を味わって頂ける空間となっているなど「みどころ」は多く、住宅街が大半を占める市内西部では珍しい「観光スポット」として広く知られた存在となっています。

主な収蔵品(国宝等)

国宝寝覚物語絵巻

平安時代後期に描かれた「寝覚物語絵巻」は王朝物語の一つであり「菅原孝標女」が書いたとされる『夜半の寝覚』をテーマに描いた絵巻であり、平安時代以降の物語絵巻の典型例として重要な存在となっており、大和文華館では後半の一部分にあたる詞書4段・絵4段の部分が収蔵されています。物語の風景を彩るツールとしては金銀箔なども効果的に使用されており、物語を知らなくても流麗な表現を見ているだけで楽しめる国宝となっています。

国宝婦女遊楽図屏風(松浦屏風)

江戸時代後期の作である「婦女遊楽図屏風」は、遊女・遊里で育てられた童女・禿を金地の屏風に描いた巨大な作品となっており、長さ約3.5メートル、高さ約1.5メートルの屏風に描かれた人物は比較的等身大に近いスケールで描かれており、規模の面からも貴重な存在となっています。描かれている遊女らは楽器を持ったり、手紙を読んだりと自由に過ごしている姿が表現されており、タバコやガラスなどの南蛮貿易でもたらされる物資も描かれているなどもユニークな点となっています。

国宝雪中帰牧図

中国南宋時代に活躍した宮廷画家「李迪」により描かれた「雪中帰牧図」は、少しだけ雪が降り積もった道を牧童(家畜の世話をする人)が牛を引き連れて移動する様子が描かれた絵画となっており、ほのかな雪の描写や、足音が聞こえてきそうな「牛」の姿など、モチーフが限定されているからこそ立ち現れる作者の自己凝視とも言える作品世界を生み出しています。

国宝一字蓮台法華経

平安時代後期の作である「一字蓮台法華経」は、金箔・銀箔などで美しく彩られた紙に『法華経』二十八品の最終部分「普賢菩薩勧発品」が記された経典であり、巻頭及び見返しの部分には法会の様子を描いた大和絵も添えられています。経典に記された文字は、一文字づつ「蓮台」に乗り金輪で囲まれた形で表現されており、仏教美術の一つの完成形を示すと言ってもよいほどに洗練された表現が用いられています。

その他の収蔵品

国宝に限らず多数の重要文化財、重要美術品を有する大和文華館は、絵画に留まらず先述したように書蹟・彫刻・陶磁・漆工・金工・染織・ガラス細工など「満遍なく」様々な時代の美術品(文化財)を収集していることが特徴となっており、規模の大きなコレクションとしては中村直勝氏が収集した664件にのぼる古文書(双柏文庫)、また伊予・松山の近藤家が所蔵していた富岡鉄斎の145点にのぼる書画などがあります。

展覧会について

上述した国宝などを筆頭に、大和文華館は2000点を越えるコレクションを持っていますが、展示については毎年数回に分けて実施される展示企画においてその都度テーマを設定し「特別展」の時などには外部からの出陳も含めた形で展示がなされるようになっています(展示タイトルの例:「四季探訪―研ぎ澄まされる四季絵の伝統―」・「大和文華館の中国・朝鮮絵画」)。なお、展示スペースは常設・特別展などに応じて分かれている訳ではありませんので、大和文華館にはいつでも同じ作品をご覧いただけるような「常設展示」スペースは設けられていません。

大和文華館の特色としては、日本の古美術に留まらず、中国・朝鮮半島の美術工芸品に特化した展示企画も多数開催されているのが特徴となっており、その幅広い展示方針は美術の「目利き」とも言える方々に高く評価されるポイントにもなっています。

普及活動としては毎週土曜日の午後2時から、学芸員による列品解説が開館時より50年以上変わらず行われているほか、展覧会会期中に学芸員や特別ゲストによる「日曜美術講座」が行われ、いずれも入館料のみで参加して頂けるようになっています。

大和文華館の風景

美術館外観

「なまこ壁」を基調とした建築日本芸術院会員の吉田五十八氏により設計されたものであり、日本の伝統美とモダニズム建築の様式美を調和させた他に類を見ない貴重な建築物となっています。

文華ホール(旧奈良ホテルラウンジ)

辰野金吾の設計による「文華ホール」(旧奈良ホテルラウンジ)

文華館の入館受付の近くにある「文華ホール」は、有名な近代建築家の辰野金吾の設計により明治42年(1909年)に奈良ホテルを建てた際に設けられた「ラウンジ」を移転してきたものであり、現在は多目的スペースとして行事などに活用されています。

庭園(文華苑)

文華園のアジサイ

「蛙股池」の美しい風景とともに季節ごとの草花を味わえる庭園「文華園」は文華館の建物の周囲に広がっており、梅・椿・アジサイなど季節ごとの草花をいつでも楽しんで頂けるようになっています。なお、文華館の周辺から遊歩道へ入る際はやや道がわかりにくくなっていますので、案内板などをご確認の上散策されることをおすすめします。

「近鉄」ゆかりの神社

入館受付のすぐそばには、かつて近隣に存在した「あやめ池遊園地」敷地内にあった2つの神社も移設されています。いずれも文華館を運営する近鉄グループの前身、大阪電気軌道株式会社(大軌)によって創建されたものであり、伊勢神宮をはじめ沿線の有名な神社から祭神をお招きした「日本鉄道神社」と伏見稲荷からご祭神を勧請した「岩舟稲荷神社」が静かに鎮座しています。なお、立ち入りは出来ませんのでご注意ください。

施設情報

開館時間

・10時~17時(入館は16時まで)

入館料

・平常展及び特別企画展  一般620円・高校・大学生410円
・特別展  一般930円・高校・大学生720円

※中学生以下は無料
※ 20名以上の団体は1名無料、残り19名は2割引
※「障がい者手帳」の呈示で本人様と介助者1名は2割引

※年間数回設定される「沿線無料招待デー」当日は入館無料となります

休館日

・毎週月曜日(祝日の場合は翌平日が休館となります)

アクセス

各駅からのアクセス

近鉄学園前駅から南東に徒歩7分・近鉄菖蒲池駅から南西に徒歩10分

近隣スポット

中野美術館から北西に徒歩4分・蛙股池(菖蒲池神社)から北西に徒歩7分・菖蒲池から南西に徒歩13分

大和文華館周辺地図