入江泰吉旧居

【入江泰吉旧居】「大和路の美」を撮影し続けた写真家の美意識に思いをはせる空間

観光のご案内

奈良を代表する写真家、故入江泰吉氏の写真家生活の拠点

入江泰吉旧居は、奈良「きたまち」エリアの中でも東大寺のすぐ西側に広がる大きなお屋敷などが多い「水門町」エリアの一角に位置する、かつて奈良・大和路をテーマにその美しさを写真に収め続けた有名な写真家「入江泰吉」氏が居住していた建物です。

入江泰吉氏は、明治38年(1905年)に奈良で生まれ、当初は画家を志していたものの写真の道へと転向し、戦前・戦中期は商業写真や文楽の写真などを大阪を拠点に撮影するも、空襲で家を失い、戦後すぐには仏像などが進駐軍に持ち去られる可能性に危機感を感じたことなどから奈良・大和路の風景・文化財の撮影に専念するようになります。その後は文化人らと交流を重ねつつ、『古色大和路』をはじめ多数の写真集を出版し日本有数の写真家として名をはせることになり、平成4年(1992年)に亡くなるまで生涯に渡り一貫して奈良の風景などを撮り続けました。

「入江ワールド」を体感して頂ける空間となっています

旧居は、いわゆる「町家」と言えるようなものではありませんが、「昭和モダン」という言葉が似合う建物はかつて志賀直哉・杉本健吉・白洲正子氏といった文化人の方と入江氏がこの建物で交流を深めていた時代の佇まいをそのまま残しており、「写真家」の居宅らしく、撮影した写真を現像するための「暗室」書斎、アトリエなども設けられており、「入江ワールド」とも言えるその独特の美意識に思いをはせることが出来る空間になっています。

館内では「写真家」の旧居らしく、入江作品の解説などのイベントが催されることもあるほか、毎週日曜日にはコーディネーターの方による旧居案内(11時~・13時~・15時~)などもあり、リーズナブルな入館料で入江泰吉の世界をしみじみと味わって頂ける空間となっています。

次項では、施設情報をご案内致します。

施設情報

開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館の上、翌平日に休館)

入館料:200円

※高校生以下無料
※団体(20名以上)の場合100円
※奈良市に在住する70歳以上の方は無料
※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方とその介助者は無料

次項では、交通アクセスについてご案内致します。

アクセス(電車・バス)

近鉄・JR線各駅からのアクセス(拝観受付まで)

奈良交通バス

・JR奈良駅(東口)、近鉄奈良駅バス乗り場から「市内循環外回り」・「中循環外回り(近鉄奈良駅からのみ」・「高畑町」・「春日大社本殿」行き乗車、「県庁東」下車、北東に徒歩5分

・JR奈良駅(西口)、近鉄奈良駅バス乗り場から「青山住宅」・「州見台八丁目」行き乗車、「押上町」下車、北東に徒歩5分

近鉄奈良駅から北東に徒歩14分

近隣観光スポット

東大寺戒壇堂から南に徒歩2分・依水園から北に徒歩2分・吉城園から北に徒歩2分・みとりい池園地から北東に徒歩4分・東大寺ミュージアムから西に徒歩5分

入江泰吉旧居周辺地図