【旧帝国奈良博物館本館(なら仏像館)】「仏教美術の宝庫」は明治期の貴重な本格的洋風近代建築

ごあんない

旧帝国奈良博物館本館は、仏教美術を専門とする「奈良国立博物館」の中でも「なら仏像館」として名品展(常設展)が実施されている建物であり、「珠玉の仏たち」と題して飛鳥時代から鎌倉時代までの日本の仏像、また中国の唐代などの仏像が展示される空間となっています。

基本的に休館日を除き通年多数の仏教美術が展示される空間となっている建物は、明治27年(1894年)に奈良国立博物館が開設された時から変わらず残されている貴重な存在であり、宮内省内匠寮技師の片山東熊氏の設計によりフレンチルネサンスの様式を持つ奈良で初めての、また最大級の近代建築として建てられたものとなっています。建物は昭和44年 (1969年)には「旧帝国奈良博物館本館」として重要文化財にも指定されており、補修なども行われているものの現在も装飾部分などの美しさを残しており、仏像鑑賞のみならず、奈良ホテルや南都銀行本店などと合わせた「近代建築めぐり」の中で訪れるのもおすすめできる空間となっています。

なお、博物館の観覧は基本的に日中のみですが、外観については夏季シーズンのみ行われている「ライトアッププロムナード」イベントの一環でライトアップされることもあり、夏場は「夜の奈良公園」の撮影スポットとしてもおすすめとなっています。また、無料観覧日(後述)には通常閉鎖されている西側の玄関口も開扉されるようになっています。

https://narakanko-enjoy.com/?p=19279

旧帝国奈良博物館本館(なら仏像館)の風景

旧帝国奈良博物館本館(なら仏像館)

建物の魅力をじっくりと味わって頂けるのは、入館口のある東側の部分ではなく興福寺・奈良県庁に近い西側となっており、人通りの少ない空間でその重厚感ある外観をご覧いただけるようになっています。

窓が封鎖されるなど一部では当初の佇まいを失っている建物ではありますが、フレンチルネサンスの様式に従った意匠などが随所に残される美しさは、奈良では「異端」ながらも奈良公園の雰囲気に溶け込んだ存在にもなっています。

博物館の観覧・展示について

なら仏像館エリアは、「珠玉の仏たち」というタイトルの「名品展」が基本的に年間を通して実施される空間となっています。名品展は奈良国立博物館が所蔵する、もしくは各寺院などから寄託されている仏像などが展示されるものであり、約100体にのぼる多数の仏像が展示されている名実ともに「仏像の宝庫」と呼べる存在となっています。

仏像は飛鳥時代・奈良時代・平安時代・鎌倉時代のものが満遍なく展示されており、仏像の種類も例えば「阿弥陀如来」さまや「十一面観音」さまであれば1体のみならず、複数の異なるルーツを持つ阿弥陀如来、十一面観音さまが展示されているなど「仏像の宝庫」のみならず「仏像図鑑」とも言えそうな展示内容となっています。

観覧料金

名品展:大人520円・大学生260円・高校生以下無料

※20名以上の団体は大人410円・大学生210円

◇中学生以下の子どもと大人が入館する場合、大人は団体料金扱いに割引となります。

◇7月・8月・12月・1月の開館時間の延長日の17時以降の入館の場合、団体料金扱いに割引となります。

◇毎月22日「夫婦の日」には夫婦でお越しの方は団体料金扱いに割引、11月22日のみ夫婦でお越しの方は無料となります。

開館時間

通常時:9時30分~17時30分

◇名品展及び特別陳列については毎週金・土曜日は20時まで開館(12月29日・30日は除く)

◇なら燈花会期間中(8月5日~14日)は19時まで開館(金曜日・土曜日は21時まで開館)

◇万灯供養(8月15日)・おん祭お渡り式当日(12月17日)・お水取り籠松明の日(3月12日)は19時まで開館

◇東大寺二月堂修二会(お水取り)期間中(3月1日・4日~8日・11日・13日・14日)は18時まで開館

◇なら瑠璃絵期間中(2月8日~14日)は20時30分まで開館(金・土曜日は午後9時まで開館)

◇この他にも正倉院展・特別展開催時などには開館時間が延長されることが多くなっています。詳細は奈良国立博物館公式ウェブサイトをご覧ください。

休館日

月曜日(祝日の場合翌日・連休期間中の場合連休明けの平日)・1月1日

◇正倉院展開催期間などは臨時開館となる場合があります。詳細は奈良国立博物館公式ウェブサイトをご覧ください。

無料観覧日も設定されています

無料観覧日(名品展に限る):節分(2月3日)・こどもの日(5月5日)・国際博物館の日(5月18日)・敬老の日・関西文化の日(11月中旬頃の土日)

※無料観覧日には9時30分~12時30分の間に限り、通常は閉鎖されている興福寺などから近い「西側玄関」が開放されます。

アクセス

各駅からのアクセス

奈良交通バス

・JR奈良駅2番バス乗り場・近鉄奈良駅1番バス乗り場から奈良交通バス「市内循環外回り」・「中循環外回り(近鉄奈良駅からのみ)」・「高畑町」・「春日大社本殿」行き乗車、「氷室神社・国立博物館」バス停下車、南東にすぐ

近鉄奈良駅から東に徒歩12分

JR奈良駅から東に徒歩25分

近隣スポット

周辺は奈良公園一帯・奈良国立博物館新館エリアから北西にすぐ・氷室神社から南西にすぐ・興福寺(五重塔・東金堂周辺)から東に徒歩7分・東大寺南大門から南西に徒歩7分

旧帝国奈良博物館本館(なら仏像館)周辺地図