臥竜のイチイガシ

【臥竜のイチイガシ】植物園内に枝葉を広げる巨大な古樹は「竜」のごとき佇まいを見せる

ごあんない

臥竜のイチイガシは、春日大社の運営する「萬葉植物園」内部にある巨大なイチイガシの古樹であり、園内に設けられた池に浮かぶ島の中央部にその名の通り「竜」のごとき姿を見せています。

このイチイガシの巨樹は、かつて暴風を受けて倒れた後、そのまま再び枝葉が生長することになったためこのような姿になったものであり、自然を生き抜くたくましさと時間の流れを感じることが出来る存在となっています。

なお、この木を含め春日大社境内には複数のイチイガシの巨樹が生育しており、いずれも「春日大社境内のイチイガシ巨樹群」として奈良市の天然記念物に指定されています。

アクセス

「臥竜のイチイガシ」は春日大社が運営する「萬葉植物園」内部の「萬葉園」エリアにあります。萬葉植物園へのアクセス・入園料などについては下記の記事において解説しています。

【春日大社萬葉植物園】「藤」のシーズンには大変なにぎわいを見せる風雅な空間

周辺地図