【奈良医療センターの桜(大池)】美しい桜と薬師寺・若草山を見渡す風景を同時に味わえる貴重な空間

ごあんない

奈良の風景を象徴する存在として様々なポスターなどで使用されてきた水辺から「薬師寺」と「若草山」を眺める美しい風景の舞台である「大池(勝間田池)」。

その美しい風景が広がる大池の東側すぐの位置には国立病院機構奈良医療センターと呼ばれる病院がありますが、その敷地内の高台には美しい桜が咲き誇る小さな広場があり、少し高い場所からやはり薬師寺・若草山方面を桜の木の隙間から望む風景が広がります。あくまでも病院の敷地内であるため、観光スポットと言える存在ではありませんが、桜のシーズンには地元の方を中心にカメラを持った方が訪れ、奈良を象徴する風景に「桜」が加わった圧巻の風景を写真に収める姿が見られます。

桜のある空間は、病院北側から病院入り口へと伸びる道を登り、病院の建物の正面左側(東側)を進んだ位置に広がっています。

【西の京】薬師寺東塔・西塔を美しく眺める「大池」ってどんなところ?【撮影スポット】

「奈良医療センターの桜」の風景

奈良医療センター敷地内の広場は「桜の名所」として知られている訳ではありませんが、ソメイヨシノなどが密集して咲く姿は市内有数の規模を誇るものであり、主に病院利用者や周辺地域の方の憩いの場となっています。

奈良医療センターの桜と薬師寺・若草山

大池と薬師寺・若草山方面、よく見ると興福寺五重塔なども眺めることが出来る風景は、現在薬師寺「東塔」解体修理の「覆屋」が目立ってしまう状況となっていますが、解体修理が完了する平成32年春になると一層美しいものとなります。

アクセス

各駅からのアクセス

奈良交通バス

・JR、近鉄奈良駅、近鉄西ノ京駅から「奈良県総合医療センター」行き乗車、「奥柳」下車、南に徒歩5分

近鉄西ノ京駅から南西に徒歩15分

近隣スポット

大池(勝間田池)は東側に隣接・三松寺から北に徒歩8分・休ヶ岡八幡宮から西に徒歩13分・孫太郎稲荷神社から西に徒歩14分・薬師寺白鳳伽藍(南門)から南西に徒歩14分

奈良医療センター(桜)周辺地図