薬師寺聚寶館

【薬師寺聚寶館・大宝蔵殿】薬師寺所蔵の文化財を主に展示するスペースは「噂の刀展」でも知られる

ごあんない

薬師寺聚寶館(しゅうほうかん)・大宝蔵殿は、薬師寺「白鳳伽藍」の北端、拝観受付の東側すぐの位置にある薬師寺が所蔵する文化財などを展示、また様々な企画展示を開催するために設けられた建物です。

建物は聚寶館の奥に大宝蔵殿が設けられ、通常時は白鳳伽藍(玄奘三蔵院伽藍)の拝観料をお支払い頂くことで「聚寶館」の内部のみ追加料金無しで拝観して頂けるようになっています。大宝蔵殿は特別な展示企画が行われる場合のみ使用されることが多く、その場合は聚寶館も含めて基本的に500円の追加の拝観料金が必要となります。また、近年は「噂の刀展」として、ゲームなどに登場するなじみの深いものも含め、日本が誇る「名刀」の数々を展示するという特別展示が毎年春先に行われるようになっており、この場合も特別拝観料の500円が必要となります。

なお、聚寶館はいわゆる「東大寺ミュージアム」や「興福寺国宝館」のように決まった展示が行われる「博物館」というよりは、比較的多目的に利用される展示空間となっていますので、どのような展示が行われるかをあらかじめご確認の上ご訪問頂くことをおすすめします。

薬師寺聚寶館

拝観情報

※聚寶館は基本的に通常の拝観料で拝観して頂けるようになっています(追加料金なし)。

※大宝蔵も含め特別展示などが行われる場合、聚寶館の拝観も有料となる場合があります。

※金堂・大講堂・東院堂などは通常の拝観料をお支払い頂くことでいずれも拝観して頂けます。

拝観料:大人1100円・中高生700円・小学生300円(料金は玄奘三蔵院伽藍公開時のもの・非公開時は大人800円・中高生500円・小学生200円)

拝観時間:8時30分~17時(受付は16時30分まで)

アクセス

交通アクセス

近鉄西ノ京駅からから南西に徒歩3分

奈良交通バス「薬師寺」バス停から南西に徒歩3分

※北側拝観受付まで

近隣スポット

薬師寺北側拝観受付から東にすぐ・鐘楼から北にすぐ・大講堂から北西に徒歩2分・金堂から北西に徒歩2分・玄奘三蔵院伽藍から南に徒歩2分

薬師寺聚寶館周辺地図