【薬師寺鐘楼】大和郡山の「謎めいた廃寺」由来の梵鐘を吊るす立派な鐘楼

ごあんない

薬師寺の「鐘楼」は、薬師寺白鳳伽藍の「東僧坊」の南側に隣接する位置にある鐘楼です。

鐘楼は大寺院である薬師寺ということもあり規模自体は大きなものとなっており、通常時は注目度が高い建築とは言えませんが、恒例の「除夜の鐘」の舞台等としてはにぎわいを見せる空間となっています。

吊り下げられている重要文化財の梵鐘については奈良時代に造られたものとされており、現在の大和郡山市植槻町にあったとされ、藤原一族・興福寺とのつながりも深かったと考えられている「建法寺(植槻寺)」から薬師寺のそれまでの梵鐘が失われたことを受けて平安時代中頃の長保5年(1003)に移転されたものであると「薬師寺縁起」には記録されています。

植槻寺はその歴史や境内の位置も含めて不確かな点も多い「謎の寺」とも言える存在となっていますが、この鐘楼はその歴史を直接受け継いだ貴重な存在として現在もその梵鐘を吊り下げ続けています。

アクセス

薬師寺北側拝観受付から南にすぐ(東僧坊を抜ける)・金堂から北東に徒歩2分

周辺地図