【薬師寺食堂】全長50メートルに渡る圧巻の「壁画」がみどころの「新築のお堂」

ごあんない

奈良市内で一番新しい寺社建築の一つです

薬師寺「食堂(じきどう)」は、薬師寺白鳳伽藍の北側に2017年に再建(新築)された巨大な建物であり、南北約16メートル・東西約41メートル・高さ約14メートルの規模は、南側に隣接する「大講堂」に匹敵する規模を誇る薬師寺最大級の建造物となっています。

かつて薬師寺が創建された時期から存在した食堂はその名の通り、僧侶らが一堂に会して「食事」を行うスペースであったと考えられており、薬師寺の食堂は僧侶が一度に300人集うことが出来る規模であったとされています。当初の食堂は天平2年(730年)頃に建立されたと推定され、その後平安時代の天禄4年(973年)に焼失し、更に寛弘2年(1005年)に再建されたとされていますが、その後年代は不明なもののいつしか失われることになったとされています。

壮大なスケールの壁画をじっくりと味わって頂けます

奈良時代の外観をイメージして建てられた食堂は、その内部については有名建築家である伊藤豊雄氏の設計により現代的な広々とした空間として造られており、最大のみどころとしては奈良ではこの場所以外では見ることが出来ない全長50メートルにも及ぶ巨大な壁画(仏画)が設けられています。

壁画は全体を通して薬師寺ともつながりの深い画家の故平山郁夫氏に師事した田渕俊夫氏により描かれたものであり、中央部にご本尊の「阿弥陀三尊浄土図」をお祀りし、周囲には遣唐使の姿や藤原京・平城京の風景など仏教が日本へ伝来する時代の様子が描かれた壁画が飾られています(「旅立ち」・「遣唐使船」・「大和へ」・「瀬戸内」・「帰帆」・「御津の浜松」・「大和川」・「飛鳥川」・「うねび」・「みみなし」・「天のかぐやま」・「飛鳥寺院幻想」・「藤原京」・「平城京」の計14枚)。壁画に当たる照明のバランスは極楽浄土をイメージさせるほど絶妙なものであり、伊藤豊雄氏の設計思想が十分に活かされた空間となっています。

なお、館内は完全に「撮影禁止」となっています。仏像が安置されている訳ではないため、撮影可能かと思われがちですが、一切撮影は出来ませんのでご留意ください。また、食堂は通年公開されている訳ではなく、春・お盆・秋の特別公開期間のみ拝観可能となっています。

近年再建された薬師寺「食堂」

拝観情報

特別拝観料:500円(通常の拝観料に加えて特別拝観料が必要です)

特別共通券(薬師寺の公開されている全ての伽藍、建物である白鳳伽藍・玄奘三蔵院伽藍・西塔・食堂の拝観)

大人:1600円
中高生:1200円
小学生:300円

特別拝観期間:春季3月1日~6月30日・お盆8月13日~15日・秋季9月16日~11月30日

アクセス

交通アクセス

近鉄西ノ京駅からから南西に徒歩3分

奈良交通バス「薬師寺」バス停から南西に徒歩3分

※北側拝観受付まで

近隣スポット

薬師寺北側拝観受付から南にすぐ・大講堂から北にすぐ・聚寶館から南西にすぐ・鐘楼から西にすぐ・玄奘三蔵院伽藍から南西に徒歩3分

薬師寺食堂周辺地図