【白毫寺御影堂】江戸時代の白毫寺復興に尽力した「空慶上人」の坐像をお祀りする

ごあんない

白毫寺「御影堂」は、花の寺「白毫寺」の本堂の北東側すぐの場所に位置するごく小さなお堂です。お堂は基本的に立ち入ることは出来ませんが、格子越しに内部の様子をうかがうことが出来るようになっており、堂内には江戸時代の寛永期に白毫寺を復興した興福寺の学僧「空慶上人」の坐像が安置されています。像は江戸時代以降のものということで彩色もよく残され、重厚感も感じられる存在となっており、白毫寺の主要な文化財には位置付けられていないものの、ぜひ見ておきたい存在になっています。

なお、周辺は本堂裏手のヤマザクラや紅色の椿、桔梗などが咲き誇る美しいエリアとなっており、いつ来ても気持ちの良い自然を味わえるようにもなっています。

【白毫寺】五色椿や萩が有名な「花の寺」では「えんま様」がお迎えする

アクセス

白毫寺本堂は南側に隣接

奈良交通バス

・JR奈良駅、近鉄奈良駅から「山村町」・「藤原台」・「鹿野園町」・「奈良佐保短期大学」行き乗車、「高畑住宅」下車、東に徒歩12分

・JR奈良駅、近鉄奈良駅から「下水間」・「北野」・「奈良春日病院」行き乗車、「白毫寺」下車、北東に徒歩5分(本数少)

※近隣駐車場有り(有料)

周辺地図