光傅寺

【光傅寺】「元興寺」北門のすぐそばにある小さなお寺

ごあんない

光傅寺(光伝寺・こうでんじ)は、ならまちエリアにある飛鳥・奈良時代の面影を強く残した世界遺産「元興寺」の北側に隣接する位置にあり、元興寺の北門のすぐ北側に山門を持つ小さなお寺です。

浄土宗のお寺である光傅寺は団誉上人と呼ばれる僧侶により桃山時代に中興された歴史を持ち、かつては元興寺の子院としても機能していたともされています。

お寺はあまり知られた存在とは言えず、観光寺院の色彩は一切有していないため、立ち入り・拝観は基本的に不可能となっているようですが、山門越しに見える寄棟造の本堂はならまちに点在する浄土宗寺院の中でもとりわけ古い印象を感じさせるものとなっており、元興寺を拝観される前に山門前から少しだけその姿を見てみるのもおすすめとなっています。

アクセス

元興寺は南側に隣接

近鉄奈良駅から南東に徒歩13分

JR奈良駅から南東に徒歩18分

周辺地図