【勝軍地蔵尊(福智院)】甲冑を身に着け馬に跨ったお姿の珍しいお地蔵さま

ごあんない

福智院「勝軍地蔵尊」は、巨大な地蔵菩薩の存在で知られる福智院の山門を入ってすぐの位置にある小さな地蔵尊です。

お祀りされている「勝軍地蔵」は、一般的には地蔵信仰が道祖神と習合した結果生み出され、鎌倉期以降に武家の信仰を集めた存在として知られるものであり、このお地蔵さまも一般的な仏さまとは異なり馬にまたがって甲冑を身に着けた勇壮な佇まいとなっており、脇には小さな毘沙門天様と不動明王様の姿も見られます。

勝軍地蔵は、「福智院」を名乗る前の前身寺院である「清水寺」の時代に遡る存在とも言われており、福智院で頂ける御朱印のデザインにも採用されているなど、ご本尊の巨大な地蔵菩薩さまなどに次ぐ存在となっていますので、福智院を拝観する際にはぜひ忘れずに参拝しておきたい存在となっています。

ちなみに、勝軍地蔵尊はかつては広々とした境内を持っていた福智院の四方にそれぞれ設けられていたとも言われ、現在は境内地から外れた近くの住宅街の中にある「鎧地蔵堂」もかつての勝軍地蔵(南東端)の一つではないかと考えられています。

【鎧地蔵堂】立派な「鎧地蔵石像」のある空間はかつての福智院の境内にあたる

【福智院】ならまちにある「玄昉ゆかりの寺」は巨大な地蔵菩薩坐像でも知られる

アクセス

福智院の山門を入って北側すぐ・本堂の北西側すぐ

奈良交通バス

・JR、近鉄奈良駅から「天理駅」・「下山」・「窪ノ庄」行き乗車、「福智院町」バス停下車、北西に徒歩2分

近鉄奈良駅から南東に徒歩18分

JR奈良駅から東に徒歩22分

周辺地図