【西大寺大師堂】石仏の「弘法大師坐像」をお祀りする小さなお堂

概要

西大寺「大師堂」は、西大寺境内の「愛染堂」の南側すぐの位置にある小さなお堂です。建物自体は大正12年に奉納された弘法大師坐像をお祀りするための空間として戦後に建てられたものとなっており、そのお祀りされている弘法大師坐像は屋外に置かれている訳ではないものの、石造(石仏)のものとなっています。

なお、大師堂では毎年1月21日には初大師供、5月21日には寺山大師講大祭(護摩祈願)が寺山大師講と呼ばれる組織を中心に営まれ、大祭では落語会なども開催されます。

【西大寺】「叡尊上人」の活躍で有名なかつての大寺院は「近世建築の宝庫」

アクセス

西大寺本堂から南西にすぐ・西大寺愛染堂から南にすぐ

近鉄大和西大寺駅から南西に徒歩6分

周辺地図