西大寺大黒殿

【西大寺大黒堂】かつての塔頭寺院の本堂には室町時代の大黒天像をお祀りする

概要

西大寺の「大黒堂」は、西大寺境内の「本堂」の西側すぐ、「愛染堂」の北東側すぐの位置にある二間四方ほどの大きさのごく小さなお堂です。

大黒堂は、かつて存在し、明治期に廃絶した「三光院」と呼ばれる塔頭寺院の本堂であったと伝わり、現在は移築されて愛染堂近くの場所に建っています。

堂内には室町時代の永正元年(1504年)に海龍王寺を拠点とした仏師沙弥仙算、奈良町の現在の宿院町付近を拠点とした仏師七郎太郎により作られた大黒天半跏像をお祀りしています。像高60センチほどの丸々とした像は、温和な表情を見せまさに「大黒さま=福の神」らしい佇まいをしており、その姿は大黒堂の正面に設けられたのぞき窓からしっかりとみて頂けるようになっています(堂内に立ち入ることは出来ず、外側から見ることになります)。

なお、大黒堂では西大寺本堂で行われる一大行事である「光明真言会」の前日である10月2日に儀式の成功を祈る大黒天供が実施されることでも知られています。

西大寺大黒堂

【西大寺】「叡尊上人」の活躍で有名なかつての大寺院は「近世建築の宝庫」

アクセス

西大寺本堂から西にすぐ・愛染堂から北東にすぐ

近鉄大和西大寺駅から西に徒歩6分

周辺地図