【十輪院石像合掌観音立像】「慈悲」の心を真っすぐに体現したかのような巨大な石仏

ごあんない

十輪院の石像合掌観音立像は、ならまちにある十輪院境内、覆屋のある「不動明王立像」の東側すぐの位置にある巨大な石仏です。高さは不動明王立像と同じく2メートル程度となっており、不動明王さまとはうってかわり、長い時間を穏やかに過ごしてきたかのような実に温和・慈悲あふれるな表情が特徴的な存在となっています。こちらの石仏には覆屋はなく、雨ざらしとなっていますが、覆屋がないためよく目立つ存在となっており、不動明王さまと比較すると彫りが浅く見えるものの、日差しを受けて細部まではっきりと確かめる事が出来るようになっています。

十輪院「合掌観音像」

【ならまち】様々な石仏を味わえる「十輪院」ってどんなところ?境内を写真でくまなくご紹介!

アクセス

御霊神社から東に徒歩3分・今西家書院から南西に徒歩4分・元興寺(極楽坊)から南東に徒歩4分

奈良交通バス

・JR、近鉄奈良駅から「天理駅」・「下山」・「窪之庄」行き乗車、「福智院町」バス停下車、南西に徒歩3分

近鉄奈良駅から南東に徒歩18分

(※十院院境内まで)

周辺地図