奈良観光に便利な「定期観光バス」についてまとめてみた | 奈良まちあるき風景紀行

奈良観光に便利な「定期観光バス」についてまとめてみた

観光お役立ち情報

この記事では、奈良観光に便利な奈良交通バスが運行する「定期観光バス」に関する情報について、その使い方やルートなどをなるべくわかりやすくまとめていきます。

定期観光バスは、毎日運行・1名から催行確定となっており、気軽にご利用頂ける存在です。

また、アクセス手段に気を使うことなく「拝観」に集中できるほか、丁寧な解説も聞くことが可能ですので、奈良をはじめて訪れる場合にはぜひご利用しておきたい存在となっています。

定期観光バスは、新型コロナウイルスの感染状況に応じて一部運休などの措置が取られている場合があります。本サイトは通常時の情報を基本としておりますので、奈良交通が公表する最新の情報も必ずご確認下さい。

定期観光バスを使うメリットって?

「はじめての奈良」にはぴったりです

定期観光バスは、どの都市で運行されているものにも共通することですが、その都市の主要観光スポットをぐるりと周遊するというルートの設定がなされており、はじめての観光であっても有名観光スポットをしっかりとおさえることが出来るようになっています。

あらかじめルートが決められており、案内はガイドさんにお任せすればよい訳なので、お寺や神社をじっくりと味わうことに専念でき、知らないまちを自分で移動する面倒くささからも無縁となっています。

つまり、「はじめての奈良観光」、「奈良の初心者」さんにとっては大変おすすめできる存在となっているのです。

拝観料と交通費を気にする必要がありません!

観光地をぐるりを回る定期観光バスの「料金(運賃)」は一見比較的高くなっているようにも見えますが、当然ながらこれは訪れる「お寺・神社」の拝観料、また各観光スポットを移動する交通費等を全て合算したものになっています。

個人で観光する場合は、観光スポット間の移動ごとに電車や路線バスの運賃がかかり、お寺ごとに拝観料を気にしなくてはなりません。

しかし、定期観光バスに乗ってしまえばいちいちお支払い頂く必要もなく、「ただ乗って巡る」だけで済みますので、大変スマートに観光することができるようになっているのです。

混雑状況などを気にする必要もありません!

あらかじめ予約をして乗車する定期観光バスは、お寺や神社側もあらかじめ毎日定期観光バスの観光客が訪れることを想定しているため、一般の観光客のように拝観受付に並んだり、混雑に巻き込まれたりするようなことはありません。

決まったスケジュールで移動し、決まった時間に拝観をすることになっていますので、仮に観光シーズンで大勢の観光客がいるような場合でも、その影響を受けることなくスムーズに観光できるという「特権」が付いているのです。

熟練のガイドさんの大変わかりやすい案内・解説付きです!

定期観光バスの「強み」と言えば、上述した「スムーズさ」以外にも、歴史などに深く精通した「ガイドさん」の存在というものもあります。

定期観光バスに乗務されるガイドさんは、奈良交通バスの中でもベテラン、精鋭のガイドさんが担当されることが多く、定期観光バスで訪れる各寺社、観光スポットに関することであればほとんど「なんでも」知っておられるため、深い歴史・由来などをわかりやすく解説してくださいます。

つまり、個人で観光する際と比較すると一層深みのある「奈良観光」を楽しめるというのも定期観光バスの醍醐味の一つなのです。

定期観光バスの予約方法・乗り方

予約・支払い(乗車)方法

奈良交通の定期観光バスのご予約方法には、奈良交通公式サイトからの予約・電話予約・旅行会社での予約という3種類の予約方法があります。

奈良交通バス公式サイトから予約する

奈良交通バス公式サイトからのご予約の場合は、

定期観光バス-コース一覧(奈良交通公式サイト)

のページからご希望のコースを選択し、ご予約して頂くことになります。

なお、公式サイトで申し込むと、ネット上で予約の取り消しなども出来るようになりますが、予約には「奈良交通ウェブ会員」への入会が必要となります。

なお、ネット予約をした場合、お支払い(決済)方法は「クレジット決済」もしくは「コンビニ払い」のみとなります。

当日現金でお支払い頂くことは出来ません。またネット予約は2日前までの予約となっており、それ以降の直前の場合はお電話で予約して頂くことになっています。

電話で予約する

最も簡単に、時間をかけずに予約できる方法は「電話予約」です。電話予約は

奈良交通の総合予約センターTEL:0742-22-5110(8時半~19時・年中無休)

で行う事が出来ます。予約の取り消しも同じ電話番号でして頂けるようになっています。

また、料金のお支払いは、当日乗車する駅前(JR奈良・近鉄奈良)にある奈良交通の窓口(受付)でお支払い頂くことになります。

事前のお支払いではなく、必ず当日のお支払いとなっており、ネット予約とは全く違う仕組みになっていますのでご注意ください。

旅行会社で予約する

基本的には奈良交通公式サイト・電話予約のみがおすすめですが、近畿日本ツーリスト・日本旅行・JTBをはじめとした全国の旅行会社の窓口でも定期観光バスの予約を行う事ができます。

旅行会社の店舗などではクーポンが発券され、そこで支払いも完了することになりますので、乗車当日に駅前(JR奈良・近鉄奈良)にある奈良交通の窓口で乗車の手続きを行うだけで構いません。

乗り場について

奈良交通の定期観光バスは、全てのコースにおいて「JR奈良駅」と「近鉄奈良駅」の2つの乗り場からの乗車となっています。それ以外の駅や観光地からスタートするコースはありませんのでご注意ください。

JR奈良駅の場合、乗車手続きや支払いを行う「JR奈良案内所」はJR奈良駅の改札を出てすぐ西側にあるほか、乗り場は高速バスなども発着する「4番乗り場」からとなっています。

4番乗り場は改札のある2階から階段を降りてタクシー乗り場・市内循環バス(内回り)のバス乗り場を通り過ぎてすぐの場所にあります。

近鉄奈良駅の場合、乗車手続き・支払いを行う「近鉄奈良案内所」は少しわかりにくいですが、「東改札」を出て、「市内循環バス(外回り)」乗り場方面へと抜ける北側の階段を登った先、地上の出口から小さな横断歩道を挟んですぐの位置にあるビルの1階にあります。

また、乗り場はその案内所の正面付近すぐにあります。

なお、いずれの案内所での受付も、発車の20分前までには行って頂く必要がありますのでご注意ください。

主要なコースの概要・料金

※新型コロナウイルスの影響で毎日運行のコースでも運休の場合ががあります。また、状況に応じて運休が増える場合や運行再開となる場合がありますので、奈良交通の公表する最新情報も合わせてご確認下さい。
※各種国のキャンペーンなどにより、料金が安くなる場合があります。

毎日運行されているコース

毎日運行されているコース(通常時の場合)は、古都奈良の世界遺産「東大寺・興福寺・春日大社」や「法隆寺」など代表的なみどころを巡る奈良交通定期観光バスの「定番」コースとなっており、4つのコースが用意されています。

奈良公園3名所コース

※2021年4月24日以降は土日祝日に運行予定

JR奈良駅9時20分・近鉄奈良駅9時25分発 所要時間約3時間10分
料金:大人3800円・小児2130円

最も定番の観光スポットを巡る「奈良公園3名所コース」。このコースでは、古都奈良の世界遺産として名高い東大寺(大仏殿)・春日大社(国宝殿も含む)・興福寺(国宝館も含む)の奈良を象徴する3つの観光スポットを巡るルートとなっています。

東大寺大仏殿・春日大社国宝殿・興福寺国宝館は、通常の観光で訪れた場合は計1800円の拝観料がかかりますが、定期観光バスに乗れば、手ぶらで拝観・見学に専念して頂けます。

なお、もれなくついてくる「利用券」を使うことで、興福寺で現地解散したあとに奈良駅までの路線バス(多数運行)を無料で利用できるようになっています。

奈良公園3名所と若草山コース

※2021年4月24日以降は土日祝日に運行予定

JR奈良駅9時20分・近鉄奈良駅9時25分発 所要時間約4時間10分
料金:大人4800円・小児2650円

「奈良公園3名所と若草山コース」は、上記のルートにプラスして東大寺大仏殿・平城宮跡・奈良市街地を一望する「若草山頂」にも行くことができるルートとなっています。

「3名所」のみをめぐるコースとバスは同じとなっており、若草山コースを選んだ場合は、興福寺国宝館などの見学後、解散せずに若草山に行くという行程となっています。

各有名スポットの混雑時も、団体の場合拝観しやすくなりますので、定期観光バスをご利用頂くのがおすすめです。

法隆寺・西ノ京コース

※2021年4月現在、金・土・日・祝日のみ運行

JR奈良駅9時55分発・近鉄奈良駅10時発 所要時間約7時間
料金:大人8000円・小児3720円(薬師寺玄奘三蔵院伽藍非公開時は大人300円・小児100円引き)

「法隆寺・西ノ京コース」は、東大寺などの奈良の象徴的な観光名所ではなく、少し離れた「唐招提寺・薬師寺」、そして斑鳩エリアの「法隆寺・中宮寺・慈光院」を巡る贅沢なコースとなっています。

このコースは毎日運行のコースとしては唯一昼食休憩を挟むという行程となっており、料金もやや高めに見えますが、5つのお寺の拝観、またやや電車と路線バスでは移動しにくいルートを観光バスに乗って移動できるというメリットがありますので、コストパフォーマンスも高いコースとなっています。

なお、昼食は別料金で手配できるほか、休憩中に近隣の飲食店をご自分で利用して頂くことも出来ます。

大神神社・明日香コース

※2021年4月現在、土・日・祝日のみ運行

JR奈良駅9時10分発・近鉄奈良駅9時15分発 所要時間約7時間40分
料金:大人7300円・小児4500円

斑鳩ゆうゆうバスライン

※2021年4月現在、金・土・日・祝日のみ運行

JR奈良駅9時55分・近鉄奈良駅10時発 所要時間約2時間45分
料金:大人3800円・小児2020円

「斑鳩ゆうゆうバスライン」コースは、聖徳太子ゆかりの「法隆寺」と「中宮寺」の2つのお寺だけをじっくりと拝観できるコースとなっており、拝観後は法隆寺で現地解散となる行程となっています。

また、法隆寺で解散後はもれなく頂ける利用券で奈良交通路線バスに乗車し、「法隆寺駅」・「王寺駅」・「筒井駅」のいずれかにアクセスして頂くことも出来るようになっています。

山の辺~明日香ゆうゆうバスライン

※2021年4月現在、土・日・祝日のみ運行

JR奈良駅9時10分発・近鉄奈良駅9時15分発 所要時間約3時間
料金:大人3300円・小児2100円

期間・曜日限定のコース

季節限定のコースについては、代表的なものとしては浄瑠璃寺・岩船寺・正暦寺・弘仁寺・円成寺・長谷寺・室生寺方面などへのルートが用意されています。また、これまでには安倍文珠院・岡寺・宝山寺・大願寺・円照寺・興福院などへのコースが設定されたこともあります。

時には一般拝観は一切受け付けていないお寺を含むコースが設定されることもあり、その場合は定期観光バスの限定コースの利用が、事実上一般の観光客が訪れる「唯一の窓口」となっているなど、「ディープな奈良」を味わうチャンスを得ることも出来るようになっています。

但し、これらの限定コースは毎年同じ時期に・全く同じルートが必ず設定されるとは限りませんので、奈良交通のウェブサイト等をその都度ご確認頂く事をおすすめします。

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大に応じ、毎日運行のコースも含め運休となっている場合があります。本ページの情報は通常時を基本としておりますので、奈良交通が発表する最新の運行状況もご確認下さい。

奈良のバス会社である奈良交通バスは、JR・近鉄奈良駅発の「定期観光バス」を運行しています。定期観光バスは「はじめての奈良観光」の場合や、スムーズに拝観したい場合、観光名所に関する詳しい解説を聞きたい時などに大変便利な存在です。また、拝観料などが含まれているため、手間をかけずに観光に集中できます。

コースについては、奈良の定番観光スポット(東大寺・春日大社・興福寺など)や唐招提寺・薬師寺・法隆寺方面などへのコースは毎日運行です。この他県内各地の穴場的スポットも含め、季節限定のコースも充実しています。料金は時間や経由地に応じ、4000円~8000円程度となっています。

予約については奈良交通公式サイトからが便利です。また電話予約や旅行会社経由の予約も可能です。

ぜひ、便利でお得な奈良交通「定期観光バス」を利用して、スムーズな観光を楽しんでみてはいかかでしょうか。