春日大社「内侍門」

【春日大社内侍門】かつての斎女・内侍の通用門は絶好の写真撮影スポット

概要

春日大社「内侍門(ないしもん)」は、世界遺産「春日大社」の本殿を取り囲む「回廊」沿いに設けられた門のうちの一つであり、回廊西側に「清浄門」・「慶賀門」とともに3つの門が並ぶ形となっています。

3つの門はそれぞれに役割を持っており、この「内侍門」は、かつて宮中から春日大社に派遣され、神様にお仕えしていた「斎女」・「内侍」の通用門として用いられていたとされています。

内侍門の周辺は「桂昌殿」なども位置するエリアとなっているほか、他の2つの門と比較すると広々としたスペースが門前に確保されており、少し離れた所からは春日大社境内の禁足地、神域である「御蓋山」を背景に内侍門の鮮やかな色合いが広がる美しい風景を写真におさめることも可能となっています。

なお、内侍門から回廊内部に立ち入ることは出来ません。本殿方面へは「慶賀門」や「南門」からお入り頂くことになっています。

春日大社「内侍門」

【春日大社回廊】本殿一帯を取り囲む建物には美しい燈籠がずらりと並ぶ

アクセス

奈良交通バス「春日大社本殿」バス停・ぐるっとバス(土日祝日・観光シーズンのみ運行)「春日大社」バス停(いずれも同じ位置)から東に徒歩3分・周辺は春日大社「回廊」一帯

周辺地図