【洞水門】奈良公園のさわやかな「音の風景」を味わえるスポット

概要

洞水門(どうすいもん)は、奈良公園の南端部、「浮見堂」で有名な「鷺池」のほとりにある小さな「音の鳴る仕掛け」です。

別名としては「水琴窟」とも呼ばれるその仕掛けは地中に「伏瓶(ふせがめ)」を埋めて空洞を作ることで、落ちる水がその中で反響して琴のような音色が周辺に響くというもので、観光客の方も実際に水を流して「音の風景」を楽しんで頂けるようになっています。

洞水門は、浮見堂の南側すぐ、また観光シーズンは「貸しボート」が営業されている場所の目の前であり、観光客の方も数多く通り過ぎる場所ですので、ぜひ一度立ち止まって少し珍しい音の風景を味わってみてはいかがでしょうか。

【奈良公園】いつ来ても美しい憩いの水辺「浮見堂・鷺池」ってどんなところ?みどころを写真でご紹介!

アクセス

JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス「市内循環外回り」・「中循環外回り(近鉄奈良駅からのみ)」・「山村町」・「藤原台」・「鹿野園町」・「奈良佐保短期大学」行き乗車、「春日大社表参道」下車、南西に徒歩4分

周辺地図