興福寺南大門跡

【興福寺南大門跡】かつて平城京「朱雀門」等に匹敵する規模の門があった空間

概要

興福寺南大門跡は、興福寺境内の南側、平成30年完成の「中金堂」の真正面に位置する空間です。南大門は中金堂などと同様、奈良時代の創建後何度も被災と再建を重ねてきた歴史を持っていますが、江戸時代中頃の1717年(享保2年)に焼失後は再建されることなく現在に至っています。

現在は東西30メートルにも及ぶ巨大な基壇のみが復元されており、基壇のスケールからはかつて平城京の「朱雀門」に準ずるほどの大きさであったと言われる南大門の姿がイメージできるようになっています。なお、かつての南大門には東大寺南大門と同じように「金剛力士像」が設置されていたとも言われています。

興福寺南大門跡の風景

興福寺南大門跡

アクセス

近鉄奈良駅から南東に徒歩6分
JR奈良駅から東に徒歩15分
奈良交通バス各路線「県庁前」バス停から南西に徒歩4分

周辺地図

>