【般若寺鎮守社】傷みが激しくも神仏習合の面影を今に伝える

概要

般若寺「鎮守社」は般若寺本堂の北東側にある小さな神社です。覆屋などで厳重に保護された神社は傷みが激しく老朽化が進んでいますが、その創建は安土桃山時代に遡る歴史ある存在となっています。

ご祭神としては真言律宗において仏様と同体とみなされて信仰されてきた「伊勢・春日・八幡」の3神を合祀した神社となっており、「伊勢」の天照大神は金胎両部の大日如来の垂迹神(仏様が神様に姿を変えて現れたもの)、「春日」は法相の垂迹神、「八幡」は阿弥陀如来の垂迹神とされてきた歴史を持っています。

鎮守社は廃仏毀釈の時代にも移転・廃止が図られずお寺の境内に残ったため、明治以前の神仏習合の歴史を強く反映した貴重な遺産となっています。

アクセス

般若寺へのアクセス情報は以下の記事に詳しく解説しています。

【コスモス寺】奈良「般若寺」の歴史・みどころを徹底解説!【写真多数】

周辺地図