【般若寺十三重石宝塔】日本有数の石塔はコスモスに包まれて一層際立つ

概要

般若寺の「十三重石宝塔」は、般若寺境内の南側、本堂の正面に建つ巨大な石塔です。石塔は基壇は12メートル四方、塔の高さ自体は14メートルにも及ぶ規模となっており、奈良の寺社はおろか、日本全国でも有数の規模を誇り、数多くの石塔がこの般若寺のものを参考に建立されたとも言われる貴重な存在となっています。石塔は東面には薬師如来、西面には阿弥陀如来、南面に釈迦如来、北面に弥勒菩薩が描かれています。

塔の建立は鎌倉時代の建長5年(1253年)頃に宋から日本に渡来した石工であり、東大寺の復興にも携わった伊行末により建立されたものとなっています。なお、この石塔が建立される前の奈良時代にはこの地に聖武天皇が大般若経を埋めたという伝説も残っているほか、修理を行う際に塔の中から発見された白鳳金銅阿弥陀仏・胎内仏は現在は特別公開時のみ拝観して頂けるようになっています。

石塔の存在は楼門と同様、般若寺の風景を象徴する存在となっており、初夏と秋のコスモスが咲き誇るシーズンには、コスモス畑に包まれた石塔は絶好の写真撮影スポットとなり、大勢の拝観者で周囲がにぎわいを見せることになります。

般若寺十三重石塔の風景

般若寺の十三重石宝塔と本堂

アクセス

般若寺へのアクセス情報は以下の記事に詳しく解説しています。

【般若寺】コスモス寺として有名な「きたまち」を代表するお寺

周辺地図