【舞光神社(氷室神社)】「楽人」らの氏神としての歴史を歩んだ神社

概要

氷室神社「舞光神社」は、氷室神社境内、「本殿」の東側すぐの位置にある境内社の一つです。

現在は「学業成就の神様」として信仰を集める舞光神社ですが、昔はその名の通り、「舞楽」などを行う楽人達の氏神としての歴史を歩んできた神社であり、御祭神としては平安時代中期に活躍した雅楽・舞楽の達人である「狛光高公」をお祀りしています。なお、かつては氷室神社が所蔵する重要文化財の舞楽面「陵王」が舞光神社に納められていました。

アクセス

氷室神社へのアクセス情報は、以下の記事に詳しく解説しております。

【奈良公園】ユニークな「氷」の神様「氷室神社」の歴史・みどころなどを徹底解説!【写真多数】

周辺地図