奈良国立博物館仏教美術資料研究センター(旧奈良県物産陳列所)

【奈良公園】平等院を模した近代建築「旧奈良県物産陳列所」ってどんなところ?(奈良国立博物館仏教美術資料研究センター)

ごあんない

仏教に関する貴重な「資料館」そのものが貴重な「近代遺産」

奈良国立博物館仏教美術資料研究センターは、奈良公園の中央部といってもよい「飛火野」・「浅芽ヶ原」・「奈良国立博物館(新館)」などに囲まれた位置にある資料館です。

仏教美術の宝庫とも言える奈良国立博物館において、その膨大な研究資料を保管する場所として、またそれを公開する場所として活用されている仏教美術資料研究センターですが、施設の建築はかつて「奈良県物産陳列所」として明治35年(1902年)に関野貞という建築家により建設された貴重な近代建築となっており、建物は重要文化財にも指定されています。なお、東京駅・奈良ホテルなどの明治時代の代表的な建築を設計した「辰野金吾」の弟子である関野は建築家というよりもむしろ有名な建築史学者として知られ、奈良の古い建築を数多く調査し、新薬師寺・法起寺の修理などの監督も行うなど奈良をよく知る人物であったとされています。

和風・洋風・イスラームなどあらゆるモチーフを取り入れた明治時代らしい建築

建築様式としては、内部は洋風の意匠を取り入れつつ、外観は奈良公園周辺の景観に調和する和風の様式となっており、東西に設けられた特徴的な屋根などは平等院鳳凰堂の様式を取り入れたものにもなっているほか、飛鳥時代以降の様々な日本の古い建築様式を取り入れた構造にもなっています。また、窓はイスラーム建築のモチーフを取り入れるなど、明治時代らしい古今東西、和洋折衷の建築様式を取り入れた贅沢な造りになっています。

なお、奈良国立博物館の旧本館の建物は、ネオバロック様式と呼ばれる西洋風の建築となっており、和風のモチーフは見られませんが、こちらは半ばその反動として様々なモチーフを取り入れつつも、全体としては和風で仕上げられたものとなっています。

通常利用は仏教美術研究のみ。観光客向けの公開は桜のシーズンなどに行われます!

通常時の施設の利用は、基本的に仏教美術の研究調査を行う場合に限られており、建築の見学のみを目的に入館することは原則できませんが、桜のシーズンなどには時折一般の観光客が館内を見学できる機会もあり、中央部の「関野ホール」と呼ばれる広々とした空間で近代建築の趣を感じて頂けるようになっています。

また、見学できない場合でも、春日大社参道沿いからその特徴的かつ美しい外観を望むことはいつでも可能となっていますので、奈良公園散策の折には、ぜひ一度立ち寄って美しい姿を眺めてみてはいかがでしょうか。

奈良国立博物館仏教美術資料研究センター(旧奈良県物産陳列所)の風景

奈良国立博物館仏教美術資料研究センターを正面から望む

春日大社参道のすぐ北側に重厚な佇まいを見せる「奈良国立博物館仏教美術資料研究センター(旧奈良県物産陳列所)」奈良市内では「奈良ホテル」や「奈良基督教会」などと並ぶ貴重な近代建築となっていますが、その知名度は決して高くなく、大勢の観光客が通過する春日大社参道沿いにあるにも関わらず、建築を眺める人の姿は余りみられません。

東西に長細い建築は、中央部に「関野ホール」のある大きな空間(中央楼)を持つほか、東西(左右)にはそれよりは少し小さな翼楼を持っており、全体構成としては確かに「平等院鳳凰堂」を模したものとなっています。

アクセス

各駅からのアクセス

奈良交通バス

・JR奈良駅、近鉄奈良駅から「市内循環外回り」・「中循環外回り」・「山村町」・「藤原台」・「鹿野園町」行き乗車、「東大寺大仏殿・春日大社前」バス停下車、南西に徒歩2分

近隣スポット

建物は春日大社参道に面する。周辺一帯は奈良国立博物館の敷地、南側すぐには「浅芽ヶ原」、南東側すぐには「飛火野」が広がる。雪消沢古跡(ゆきげのさわ)から北西にすぐ

奈良国立博物館仏教美術資料研究センター(旧奈良県物産陳列所)周辺地図