酒殿(春日大社)

【春日大社酒殿】本殿からもそう遠くない位置にある「酒造所」

ごあんない

回廊脇に静かに佇む重厚な檜皮葺の建物

酒殿(さけどの)は、春日大社の境内地、本殿等を取り囲む「回廊」の西側に隣接する形で「竈殿」と南北に並ぶ重厚な檜皮葺の建築(重要文化財)です。

隣接する「竃殿」、そしてこの「酒殿」はいずれの建築も平安時代の貞観元年(859年)に建立された相当な歴史を有するものであり、途中建て替え、再建されてきたとは言え現在も伝統的な様式を守った端正な佇まいを見せています。また、それぞれに祭神がお祀りされており、酒殿には「酒弥豆彦神(さかみずおのかみ)」・「酒弥豆売神(さかみずめのかみ)」 という神様がお祀りされています。

建物の内部では現在でも「お酒」の醸造が行われます

なお「酒殿」というその名の通り、この建物は神前にお供えする「お酒」を醸造する「酒造場」というユニークな施設となっており、お酒をつくるにあたっては市内の酒造業者に委託が行われ、実際にこの春日大社の地でお供えなどに使用する日本酒が醸造されています。

しっかりと新調された重厚な檜皮葺の屋根を持つ建築とは言え、神社の中では地味な存在であるためこれだけを見に観光に訪れるようなスポットではないかもしれませんが、砂ずりの藤などの目と鼻の先に立っていますので、回廊周辺をひとまわりする中でこれらの建築もご覧になってみてはいかがでしょうか。残念ながら内部の見学は出来ませんが、外側からその重厚な佇まいをご覧いただくだけでも「酒造の場」らしさを十分感じて頂けるようになっています。なお、例祭は毎年2月の「撰日」に南の竃殿と同じタイミングで実施されています。

【春日大社竃殿】神様にお供えする「食べ物」を調理する空間

酒殿の風景

酒殿(春日大社)

大勢の観光客であふれる本殿周辺とは異なり、静寂が広がる酒殿周辺。内部の見学をすることは不可能ですが、外観は自由にご覧になって頂くことが出来ます。

酒殿の重厚な扉

酒殿に入る扉は分厚いもので、中で杜氏らが醸造を行っている雰囲気が想像できそうな佇まいになっています。

案内板によると、一般には立ち入ることが出来ない内部には「大甕」があるということも記されています。

 

周辺神社・施設

「竃殿」:酒殿の南に隣接

「桂昌殿」:酒殿の北に隣接

「内侍門」:酒殿の北東に隣接

「清浄門」:酒殿の南東に隣接

「慶賀門」:酒殿から竃殿横を通り南にすぐ

「砂ずりの藤」:酒殿・竃殿から南東にすぐ

アクセス

奈良交通バス「春日大社本殿」バス停・ぐるっとバス(土日祝日・観光シーズンのみ運行)「春日大社」バス停(いずれも同じ位置)から東に徒歩3分

※国宝殿北側から「桂昌殿」方面へ抜けて頂いても、国宝殿の南側すぐの位置から社務所・景雲殿方面へ抜けて頂くルートのいずれからでもアクセス可能です。

酒殿周辺地図