【興福寺・春日大社】薪御能(たきぎおのう)ってどんな行事?内容・日程・観覧方法(料金)など | 奈良まちあるき風景紀行

【興福寺・春日大社】薪御能(たきぎおのう)ってどんな行事?内容・日程・観覧方法(料金)など

観光お役立ち情報

奈良観光のベストシーズンとも言える5月。例年の5月は過ごしやすい気候が続く中、大勢の観光客が訪れる期間となっており、5月には行事の数はそれほど多くないものの、平城京天平祭や唐招提寺の「うちわまき」など有名な行事も開催されています。

そんな中で、しっかりとした伝統芸能を鑑賞できる場として知られている行事が、「薪御能(たきぎおのう)」。これは、興福寺春日大社(若宮神社)と言う奈良を代表する寺社を会場として行われる「能・狂言」の奉納です。

ここでは、その薪御能の毎年の開催日程・観覧方法(料金)などについてごく簡単にまとめていきたいと思います。

薪御能とはどんな行事?

「能・狂言」を奉納する行事であるという「薪御能」ですが、そのルーツは興福寺にかつて存在した「西金堂」で行われた「修二会」と呼ばれる行事で、薪に火をつけ魔除けの儀式を行ったことにさかのぼるとされ、時代としては平安時代にその起源を持つと言われています。

「能楽」はその後の時代に洗練される形で生まれた芸能ですので、当初は能が行われていた訳ではなかったのですが、次第に「薪猿楽(たきぎさるがく)の能」と呼ばれる形に変化し、後に「大和猿楽四座」と呼ばれる金春などの各流派が演じるようになったということです。

ちなみに、「薪」という言葉が付いていることがどういった意味を持つかと言えば、すなわちこの能は「野外」で行われるということを意味しています。夜間の暗がりの中、「薪」を燃やしたかがり火のもとで能をじっくりと鑑賞する。そんな独特の風情を持った行事が現在に至るまで連綿と受け継がれているわけなのです。

なお、現在では「薪御能」に類する行事は、奈良以外でも広く行われるようになっていますが、このような行事が発祥したのはこの奈良の地・興福寺の境内であり、現在も「元祖薪御能」としてその威厳を示し続けています。

薪御能では演目前に興福寺衆徒(僧兵)による「舞台あらため」という儀式が行われる事も魅力の一つであり、これら伝統の継承という観点からも重要な役割を果たしています。

春日大社・藤原氏との関係性も深い「興福寺」の歴史については、上記の記事でも詳しく解説しております。

薪御能の開催日程・演目・会場

歴史ある行事「薪御能」ですが、その開催日程は毎年5月の第3金曜日・第3土曜日に実施されています。

※2020年は新型コロナウイルスの影響に伴い中止となりました。
2021年は関係者のみによる開催となります。

つまり、日程の近い唐招提寺の「うちわまき」のように必ずしも日程が固定されている訳ではなく、必ず週末に実施されることになっているのです。

また、実際に能が行われる会場とタイムスケジュールは以下のようになっています(2019年実績)。

1日目(第3金曜日)
・春日大社舞殿 『咒師走りの儀』11時~
・興福寺南大門跡 『南大門の儀』 17時30分~

2日目(第3土曜日)
・春日大社若宮社 『御社上りの儀』11時~
・興福寺南大門跡 『南大門の儀』 17時30分~

これらの「儀」は毎年同じ枠組みで実施されており、この中で行われる実際の「演目」が毎年異なるももとなっています。なお、能については金春・金剛・宝生・観世の四座が一堂に会する形を取っています。

会場については、当日「南大門の儀」の開場は16時に行われることが基本となっています。

また、いずれの日も「南大門の儀」については完全な「野外」での実施であるため、「南大門の儀」は、雨天の場合、奈良県文化会館を代替の開催地として実施されます。

薪御能の観覧方法

薪御能の観覧方法ですが、大きくは有料で鑑賞する場合と無料で鑑賞できる場合に分けられます。

有料の場合「協賛券」と呼ばれるチケットを購入することで、1枚につきどちらかの1日に限り(両日ご覧になりたい方は2枚必要です)専用の席で春日大社・興福寺いずれの会場でもゆったりとご覧いただけます。

協賛券のチケット価格は、事前販売が5000円・当日券が5500円で発売されています。

一見すると高いように感じる人もいるかもしれませんが、この価格帯は能楽としては比較的リーズナブルな価格設定となっています。ちなみに、座席は全席自由席となっています。

なお、事前購入の方法は、郵便振替または奈良市総合観光案内所での事前販売となっています。詳細については以下の公式フェイスブック等をご確認ください。


野外能や薪能の起源。薪御能/春日大社、興福寺 | 奈良市観光協会サイト

また、無料で観覧したい方は、興福寺会場の「南大門の儀」に限り協賛券用観覧席の「後方」から「立見」でご覧いただけます。しかしながら、この場合は雨天時などに会場変更された場合、ご覧いただくことができませんので、その点は留意してください。

興福寺・春日大社へのアクセス

最後に、会場である興福寺・春日大社へのアクセスについてもご紹介しておきます。

興福寺会場(南大門跡)は、近鉄奈良駅から南東に徒歩7分程度の興福寺境内にあり、五重塔と南円堂を結ぶ道沿いの南側、猿沢池方面を望む形で位置しています。
なお、JR奈良駅からは「市内循環外回り」などで「県庁前」バス停で下車して頂き、南に徒歩5分程度歩いて頂く形でアクセスすることも可能です。

石造りの基壇のみ復元された南大門跡は、多くの寄付により再建がなされる「中金堂」の正面にもあたります。

いずれの場合も、案内表示等が充実していますので、興福寺境内までは迷うことなくアクセスして頂けます。

また、春日大社会場へは、「舞殿」・「若宮神社」いずれの会場へも、JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス「春日大社本殿行き」に乗車し、終点の「春日大社本殿」バス停で下車して頂くか、「ぐるっとバス(大宮通りルート・近鉄奈良駅からのみ利用可能)」に乗車頂き、「春日大社本殿」バス停で下車して頂く形でアクセスします。

舞殿へはバス停から「春日大社」の本殿などがある方向・東方向へ徒歩4分ほど、若宮神社へは本殿などのあるエリアから更に南寄りに進み、バス停から徒歩5分程度でアクセスして頂けます。

いずれの場合も、当日はそれなりに人の流れや案内表示等を頼りに行けば、まず迷うようなことはありませんのでご安心ください。

まとめ

以上、春の伝統芸能であり、かつ神事でもある「薪御能」について解説してきました。

薪御能は、興福寺「南大門跡」と春日大社「舞殿・若宮神社」を会場に開催される能・狂言の奉納であり、ルーツは平安時代に遡る等、深い歴史を有する行事となっています。

日程は毎年5月の第3金曜日・第3土曜日、時間は各日春日大社では11時~・興福寺では17時30分より実施されます。

「能」というと、現在ではかなり硬派で難しいイメージを持たれることが多くなってしまいましたが、この能は能楽堂で行うような「能」とは違い、「野外」の空気感を味わいながら能楽の所作も楽しめるという独特のものとなっており、一見さん、初めての方でも親しんで頂きやすくなっています。

観覧・見学については、前売5000円・当日5500円の協賛券の購入で座席に座ってご覧頂ける他、外側から無料で立ち見をする事も可能です。

5月は各寺社で様々な行事・祭事が行われていますので、薪御能以外にも様々なものに参加してみるのがおすすめです。