平城京天平祭(秋・石見神楽)

【奈良観光】平城京天平祭ってどんなイベント?日程・内容・アクセス情報など【平城宮跡】

すっかり定着した盛大な「パフォーマンス」やグルメを楽しむイベント「平城京天平祭」

奈良公園・東大寺界隈と並ぶ奈良観光の拠点的エリアである「平城宮跡」。平城宮跡では小規模なもの等をを含めると、年間を通して様々なイベントが開催されていますが、その中でもとりわけ大勢の人出を集めるイベントが、「平城京天平祭」

かつては「平城京遷都祭」と言われたイベントは、次第にその内容、期間をグレードアップさせ、平城遷都1300年祭の期間を経て、現在はすっかりおなじみのイベントとして認知されるまでに成長しました。

このイベントは、奈良時代を模したものを含め、様々なパフォーマンスなどが楽しめることが特徴となっていますが、ここでは、そんな天平祭の内容や期間、アクセス情報などについてなるべくわかりやすく簡潔にご紹介していきたいと思います。


関連記事:【平城宮跡】かつての日本の首都=奈良の都の中心部は広々とした草原が広がる

祭りは年3回開催されます(開催期間)

まず確認しておきたいのはお祭りの開催期間。平城京天平祭は、かつては年1回「春」のみに実施されていましたが、現在では年3回「春」「夏」「秋」にそれぞれ実施されるようになりました。

春の天平祭は、基本的にゴールデンウィーク期間に実施されます。かつては1週間に渡り実施されたこともありましたが、近年は連休後半に当たる5月3日~5月5日という日程で開催されることが多くなっています。

2019年(令和元年)も5月3日(金・祝)~5月5日(日・祝)の日程で実施されます。

また、夏の天平祭は、8月最後の土日にかかるようにその前の金曜日から3日間(例:8月25日金曜日~8月27日日曜日)実施されます。

2019年は8月23日(金)~8月25日(日)の日程で実施されます。

秋の天平祭りは、従来は10月末から11月上旬にかけての期間のうち、祝日である「文化の日」を挟む形で実施されることが多くなっていましたが、2019年については日程が変更され、10月下旬の実施になっています。

2019年は10月19日(土)・10月20日(日)の2日間の実施で、日程が変わったのみならず、例年よりが日数も少なくなっています。

基本的に時期は固定ですが、2019年には日程の大幅な変更があった他、大型連休などでも曜日の配列などにより期間が少しずれる可能性もあり、各年の開催日数等は変化が見られる場合がありますので、あらかじめその年ごとの日程をご確認の上足をお運び頂ければと思います。

平城京天平祭のイベント内容

次に、そのイベント内容について見ていきましょう。イベント内容といっても、奈良時代を模した行列やアイドルなどのステージイベントなど、その内容は本当に多岐にわたります。

その中では、「春」の天平祭りでは奈良時代のカラフルな衣装で着飾った隊列が練り歩く壮大な「天平行列」が実施されることが特色となっているほか、夏の天平祭は昼間が酷暑となるため、夕暮れに涼んで頂きながら祭りを楽しんで頂くために、「燈花会」やイルミネーション、プロジェクションマッピングなど「光」のイベントが中心となります(天平行列も実施されます)。

また秋には古代の行事が再現されたりするほか、神楽などの古代の歌や踊りなど、伝統文化を楽しんで頂くこともできるほか、奈良のグルメを楽しんで頂ける屋台などが数多く設けられることが特色となっています。

どの季節の天平祭も、奈良時代の雰囲気を味わって頂くというコンセプトに違いはないのですが、それぞれにイベント内容の特色がありますので、全ての天平祭に足を運んでも飽きることが無いようなイベントとなっているわけです。

もちろん、どの季節でも様々な音楽イベントが合わせて実施されるなど、会期中はにぎやかなパフォーマンスが次々に繰り広げられます。

天平祭へのアクセス

さて、気がかりな点になりやすい「交通アクセス」の問題。

平城京天平祭の会場は、2018年に観光拠点として整備された「朱雀門ひろば」一帯で行われます。

平城宮跡は決して交通が便利な場所とは言えませんが、当日は会場に近い、朱雀門ひろばのバスターミナルまで直通シャトルバスが運転されます。シャトルバスは基本的に「JR奈良駅西口」と「近鉄大和西大寺駅(南口)」から運転されます。

バスは無料・約15分間隔の運行ですので、利便性は高くなっています。

また、近鉄奈良駅からの場合は「ぐるっとバス(大宮通りルート)」のご利用が便利です。こちらは運賃100円・約15分間隔の運行となります。

なお、お車でのアクセスについてですが、基本的に会場には祭りの来場者を対象とする駐車スペースは用意されていません。仮に車で来ても、近隣の少し離れた有料駐車場を使うことになる場合がありますので、基本的には公共交通機関でアクセスしてください。

また、大和西大寺駅からは朱雀門ひろば周辺まで徒歩20分程度でアクセスして頂くことも可能です。


関連記事:「ぐるっとバス(奈良)」の使い方まとめ(奈良公園周辺・平城宮跡エリアの観光に大変便利)

関連記事:【格安】奈良交通バスフリー(一日)乗車券の値段・範囲・特典一覧【奈良を観光する】

関連記事:奈良の路線バス(奈良交通)を使いこなすための情報まとめ

まとめ

以上、平城京天平祭について簡単にまとめて参りました。

このイベントは近年では人気イベントとしてすっかり定着した存在ですが、どの世代の方が来ても、誰が来ても、それなりに楽しめるように工夫されたステージや行列が「みどころ」となっていますので、ファミリー、カップル、高齢のご夫婦など、どんなシチュエーションの「おでかけ」にもぴったりのイベントとなっています。

また、もちろんのこと「グルメ」を楽しめる空間もしっかりと設けられていますので、季節ごとの平城宮跡の雰囲気をよく味わいながら、見て、聞いて、感じて、そして「食べて」楽しんで頂けるようにもなっています。

このイベントは県内や大阪周辺など、比較的近隣エリアから訪れる方が多い印象のイベントではありますが、遠出してやって来る価値も十二分にありますので、皆さんもぜひ「天平祭」にこぞってお越しください。

年間3回の開催なので、一度行きそびれてもチャンスは複数回あり、訪れやすいイベントとなっています。


関連記事:【平城宮跡】かつての日本の首都=奈良の都の中心部は広々とした草原が広がる

なお、天平祭に訪れた際には、第一次大極殿・朱雀門をはじめとする平城宮跡のみどころも合わせて訪れることをおすすめします。