【近鉄・JR】美しい山の寺「室生寺」から奈良市内(奈良駅)への交通アクセスまとめ【観光】

室生寺から奈良市内へのアクセスはどのルートが便利?

奈良の山奥、奥座敷といってもよい美しい自然に囲まれた「室生エリア」。そんな室生エリアを代表する寺院である「室生寺」は、特に春や秋には大勢の観光客でにぎわいを見せ、奈良県内の観光地の中でも独特の風情を見せることで知られています。室生エリアは奈良市内から極端に遠いエリアではありませんが、その山深さもあり、交通アクセスが一般的には不便なエリアと思われがちです。

室生寺から奈良方面へのアクセスは、基本的に「奈良交通バス」+「電車」を使って行くことになります。このアクセスルートは、時間さえ確認すれば、「不便そう」なイメージとは裏腹に、結構スムーズにアクセスして頂けるルートとなっています。

室生寺から最寄り駅(室生口大野駅)までのアクセス

さて、どこへアクセスする場合にも、室生寺からはまず近鉄「室生口大野」駅へ出て頂く必要があります。その交通手段は、室生寺を結ぶ「奈良交通バス」一択となり、室生口大野駅からも近鉄電車を利用する形となります。山間部を15分ほど走るバスの運賃は430円と比較的高いですが、タクシーを使うようなことがない限り、代わりとなる公共交通機関はありません。なお、バスの場合、「奈良大和路 2-Day pass」や「奈良世界遺産フリーきっぷ(奈良・斑鳩・吉野コース)」等のフリー乗車券類が利用できるため、その場合には追加の出費はありません。ちなみに、余談ではありますが、秋などの観光シーズンには、「長谷寺」と「室生寺」を巡る直通バスが運行され、唯一「室生口大野駅」以外へのアクセスルートが確保されます。

近鉄電車とJRを乗り継いで奈良市内へアクセスする

さて、室生口大野駅に出るとそこからはどのような場合でもまずは近鉄電車(大阪線)を使うほかありません。室生口大野駅からは大和八木・大阪上本町方面行きの急行などに乗車することになります。くれぐれも「名張」方面の電車には乗らないようにしてください。さて、奈良駅方面へ向かう場合は、近鉄線の途中の「桜井駅」で下車してJR桜井線に乗り換えることで、時間を短縮した上で、運賃を安上がりにすることが出来ます。但し、桜井駅から奈良駅へ向かう桜井線は、日中約30分おきの運転となっていますので、もし待ち時間が気になる方は事前にスケジュールをご確認の上ご利用ください。

近鉄電車だけでアクセスする

なお、奈良市内でも薬師寺・唐招提寺など西の京エリアへお越しの方は、そのまま「室生口大野駅」から近鉄電車で「大和八木駅」まで行き、そこで京都方面へ向かう「特急」「急行」などにお乗り換え下さい。途中の「西ノ京」駅が唐招提寺・薬師寺の最寄り、「大和西大寺駅」が平城宮跡の最寄りとなっています。

もちろんJR線への乗り継ぎがどこか不安な方は、近鉄線だけを利用して近鉄奈良駅にアクセスして頂いても構いません。但しこの場合は「本数」はかなり多いのですが、運賃・所要時間・乗り換え回数はいずれも高く、長く、多くかかってしまいます。

交通アクセスのまとめ

【近鉄電車+JRを使う】

室生寺バス停―(奈良交通)―室生口大野駅―(近鉄大阪線・上本町行き急行など)―桜井駅―(JR桜井線普通)―JR奈良駅

運賃1100円 所要時間55分~1時間10分程度

【近鉄電車を使う】

室生寺バス停―(奈良交通)―室生口大野駅―(近鉄大阪線・上本町行き急行など)―大和八木駅―(近鉄橿原線・京都行き急行など)―大和西大寺駅―近鉄奈良駅

運賃1180円 所要時間1時間~1時間10分程度

基本的に、近鉄電車以外(JR)の利用に躊躇がないならば、奈良駅方面へアクセスされる方は「JR線経由」を利用いただいたほうが利便性は高いと言えるでしょう。但し、近鉄線だけの利用でも、極端に不便という訳でもありませんので、近鉄線だけでアクセスして頂く方法でも何ら問題はない範囲であると言えるでしょう。