【観光】明日香エリアから奈良市内(奈良駅)への交通アクセスまとめ【近鉄】

飛鳥エリアから奈良市内へはどうやってアクセスするのが便利?

奈良県内で奈良市内に匹敵する有名な観光エリアとして有名な「飛鳥(明日香)」エリア。謎の石造物や不思議な古墳、神話に登場する数々の舞台など、飛鳥エリアは「古代ロマン」をひしひしと感じさせるのどかな地域となっています。そんな飛鳥エリアは、奈良市からは南に25キロほど離れており、奈良市内からの距離は大阪市内(鶴橋)などとそれほど変わりなく、比較的離れた観光地同士となっています。

そのような地理的条件を持つ飛鳥エリアから、奈良市へのアクセスですが、一見不便そうに見えますが、基本的には近鉄電車の利用が便利となっており、それほど難しいアクセスとはなっていません。

近鉄電車で奈良へアクセスする

飛鳥エリアの観光にはなくてはならない存在。それは「近鉄電車」。大阪・京都・奈良市内いずれからもアクセス可能な近鉄電車の飛鳥エリアの拠点駅は、近鉄吉野線の「飛鳥駅」もしくは京都・奈良方面への利便性に優れた「橿原神宮前駅」となっています。二つの駅の違いは、飛鳥駅の場合は「高松塚古墳」「キトラ古墳」などの観光スポットにより近くなっていますが、まず「橿原神宮前」駅までアクセスして頂き、場合によってはそこから乗り換えて「飛鳥駅」にアクセスする必要がある一方、「橿原神宮前駅」の場合、京都・大阪・大和西大寺方面からいずれもダイレクトにアクセスできるという点にあります。奈良市内へのアクセスに関しては、「橿原神宮前駅」の利用が便利な場合が多いでしょう。

なお、いずれの駅からも健脚の方はハイキング気分で「甘樫丘」や「石舞台」方面など主要な観光スポットへ向けてへ歩くことも出来ますが、基本的にはバス(赤かめ周遊バス)を利用するのが便利となっています。飛鳥エリア各観光スポット周辺から各駅へのバスは、閑散期や平日は1時間おきに、観光シーズンの土日祝日には30分おきに運転されています。

奈良方面へは、飛鳥エリア各スポットからこのバスに乗り、基本的には「橿原神宮前」駅までアクセスして頂いて近鉄線を利用していくことになります。「石舞台」から「近鉄奈良駅」までであれば、例えばその運賃はバスと電車を合わせ860円となっています。

「桜井経由」で奈良にアクセスする

なお、飛鳥エリアは広大なエリアであるため、山麓にあり最も飛鳥駅などから離れた位置にある「石舞台」「稲渕の棚田」周辺からは、近鉄・JR「桜井駅」へのバスアクセスも可能となっています。

桜井駅は「橿原神宮前駅」等とは全く逆方向にあり、乗車する鉄道路線も全く異なってくることもあり、桜井駅へのバスの本数はかなり少なくなっていますが、土日祝日を中心に数本運行されているため、奈良交通のフリー乗車券「奈良・大和路 2-Day Pass」をお持ちの方などは検討して見てもよいかもしれません。

桜井駅からはJR奈良駅まで「JR桜井線」のローカル電車に揺られながら「直通」でアクセスして頂けます。なお、フリー乗車券類を活用しなくても、「石舞台」から「JR奈良駅」までの通常運賃は計760円と、こちらのほうが100円お安くなっています。なお、先述のようにバスの本数は少なくなっていますので、スケジュールが合わせられないような場合は、基本的に近鉄電車の利用が無難となっています。

交通アクセスのまとめ(石舞台から)

【近鉄電車を使う】

石舞台バス停―(奈良交通バス)―橿原神宮前駅―(近鉄特急・急行)―大和西大寺駅―近鉄奈良駅

運賃860円(急行利用時) 所要時間約1時間10分~1時間20分

【桜井駅からJRを使う】

石舞台バス停―(奈良交通バス・本数少)―桜井駅―(JR桜井線普通)―JR奈良駅

運賃760円 所要時間約1時間~1時間20分

見た目の運賃、所要時間は「桜井駅」経由の方が早く、安いのは確かですが、通常時の利便性は近鉄線経由の方が圧倒的に使いやすくなっています。桜井駅経由のルートは観光のスケジュールと1日数本のバスの時刻が偶然合ったような時に使ってみると、便利に使える。そのような存在と思って頂ければと思います。また、桜井駅行きのバスは石舞台と万葉文化館以外はほとんど経由しませんので、それ以外の観光スポットからは、全て「橿原神宮前駅」方面へアクセスして頂くことになります。