北野天満神社

【北野天満神社】高架道路に隠された空間には「狛牛」がいる

概要

北野天満神社は、垂仁天皇陵などがある尼ヶ辻エリア、また喜光寺や菅原天満宮のある菅原エリアからそう遠くない「秋篠川」沿いに隠れるようにひっそりと鎮座する神社です。

位置関係としては秋篠川と菅原天満宮のあるエリアの中間点、すなわち「阪奈道路(大宮通り)」が近鉄線を越える高架沿い、近鉄電車の西大寺車庫周辺に隣接するような形で立地しています。高架沿いということでその存在は見つけにくく、入り口も細い道沿いにありますので隠されたスポットに行くような気分を味わえます。

由緒や歴史に関しては不詳の点が多いですが、境内には「狛犬」のみならず「牛」も設置されているために、また近隣は菅原道真ゆかりの地とされる「菅原」エリアでもあることから、菅原道真をお祀りする神社であることは確かであると思われます。

境内は一定の規模を持っており、立派な鳥居を二つ抜けた高台に本殿や境内社が設けられています。なお、「狛犬」ならぬ「狛牛」は、狛犬と並ぶような形で本殿の近くに設置されています。

観光スポットはおろか歴史愛好家にすらあまり知られていないようなスポットですが、菅原エリアや尼ヶ辻エリアを散策する中で少しマニアックな「奈良」も見てみたいような場合、それほど遠くありませんので、足を伸ばしてみるのもよいかもしれません。

北野天満神社の風景

北野天満神社の入口・鳥居

北野天満神社社殿へ上る石段

北野天満神社本殿

北野天満神社にいる「狛牛」

北野天満神社境内の狛犬

北野天満神社の境内社

阪奈道路につながる高架の目の前にある北野天満神社

アクセス

近鉄奈良駅・JR奈良駅西口から奈良交通バス「学園前駅(南)※奈良市庁前経由」乗車、「二条大路南五丁目」下車、西に徒歩4分

※大通りの北側、秋篠川を渡り、行き止まりのように見える高架横の細い道沿いに神社が位置しています。

近鉄大和西大寺駅から南東に徒歩17分

周辺地図